自然

September 02, 2020

「おかえりなさい」

6ヵ月ぶりの「ストレッチ教室」S先生の「おかえりなさい」のご挨拶で始まった。その言葉を聞いてなんか涙ぐんでしまった。

Ikiiki0902_02
今日は富士山は見えなかったが眼下に変わらぬ景色が望めた。
帰りに御苑へ。
Ikiiki0902_01
ミズカンナの白い花がギッシリと温室横の池を埋め尽くしシオカラトンボが飛び交っていた。

| | Comments (0)

August 26, 2020

「軽井沢野鳥の森」にて その①

23日午後は「ピッキオ」主催の軽井沢野鳥の森自然ウォッチングに参加した。「ピッキオ」のHPには次のように書かれている。

軽井沢野鳥の森は、標高950mから1100mに位置する高原の森。広さは約100ha。このうちの半分ほどに約3kmの遊歩道が設置されている。日本野鳥の会の創設者である中西悟堂(なかにし ごどう/1895~1984年)が、軽井沢・星野の地を「日本三大野鳥生息地」と呼び、星野嘉助による野鳥の保護活動が行われていたことなどから、1974年に環境省(当時は環境庁)により、国設野鳥の森に指定された。
Karuisawa0823_17
大人7名子供5名がOリーダーの丁寧な説明を聞きながら歩いた。
Komisuji0823
コミスジチョウ
Karasuageha
このカラスアゲハもコミスジのようにじっとしていて欲しかったけど・・・
Kogara0823
コガラ達はすぐ近くを流れる湯川で水浴びをするとのこと。
Yamaakagaeru0823
ヤマアカガエルは見ることはできなかったが足が出てきた大きなオタマジャクシが泳いでいた。
Karuisawa0823_10
針金のようなハリガネムシ
Ezotusyumushi0823
キリギリスの仲間エゾツユムシ
Karuisawa0823_11
「ピッキオ」とはイタリア語でキツツキのことだそうだ。キツツキが開けた穴。ただ 今は出入りしていないとの事だった。

| | Comments (0)

June 23, 2020

ショウジョウトンボ

雨降りなのでホーム!へ。
Gyoen0623対阪神戦なんとか頑張ってほしい。
午後から雨が上がったので図書館へ本を返却に出かけた。
途中の新宿御苑で金色に輝くトンボを見た。

Gyoen0623_02
どうやらショウジョウトンボが脱皮してすぐの状態だったようだ。何時真っ赤なショウジョウトンボに変身するのだろう。
中の池のほとりでは二つの真紅の花が目を引いた。
Gyoen0623_04
アメリカデイゴ
Gyoen0623_03
サンゴシトウ
今日もマスク作りした。
Mask0623
息苦しくないといいけど・・・

| | Comments (0)

June 18, 2020

キノコ

梅雨の曇り空の下を歩くとむ~っとした湿気の中に香りを感じた。参道横を眺めるとキノコが・・・

Kinoko00

Kinoko_03

Kinoko_04

Kinoko_07
名前は不明。あの香りはキノコたち?
Sparrow0618
体操終わり「また 明日!」

| | Comments (0)

May 15, 2020

5時起床。屋上の復活ガーデンに水やり。ふと空を見ると青空に美しい雲が一面に・・・ウロコ雲?イワシ雲?
6時過ぎ神宮外苑に散歩に出かけた。

Nuage0515_04

Nuage0515_05

Nuage0515_03
神宮野球場
Nuage0515_06
銀杏並木
Nuage0515_01
ツツジの上を這っているヤブガラシをさりげなく撤去していたら女性が近づいてきた。あら?なんか言われるのかなと思ったら同好の士だった。早速LINE友達にもなり今朝マンションのベランダから撮ったという日の出と雲のステキな写真を送っていただいた。

| | Comments (0)

December 14, 2014

ひょう 【雹】 と あられ【霰】

夕方5時過ぎ代々木での忘年会に家を出た途端パラパラと降ってきた。傘をさす程ではなかった。これって「ひょう」それとも「あられ」?会場に着くまで降り続けた。

さて会場の居酒屋では40名近い人が集まりワイワイガヤガヤ!!だれもこれが「ひょう」なのか「あられ」なのかわからなかったようだ。

9時近く外に出るともう止んでいた。

帰宅してネットをのぞくと水蒸気が氷の粒になって降ってくるものはその直径によって判別するのだそうで、直径が5ミリ以上の氷の粒を「雹(ひょう)」、5ミリ以下のものを「霰(あられ)」と言う、とあった。

1213


| | Comments (0) | TrackBack (0)