動物

January 02, 2020

ユリカモメ

駿河湾クルーズで出会ったユリカモメたちに感動!
Sesgull_01
Sesgull_02
Sesgull_03
Sesgull_04
Sesgull_05
Sesgull_06
Sesgull_07
Sesgull_08
Sesgull_09
Sesgull_10
Sesgull_11

Sesgull_13
Sesgull_14
間近で鳥の生態を見ることができた。

| | Comments (0)

November 17, 2019

明治神宮探鳥会

朝8時半明治神宮北参道門へ。Meijishrine_12_20191117214601 Meijishrine_08_20191117214601初めてカシラダカを見ることができた。

Meijishrine_04_20191117214601

一見スズメにそっくり!スズメ目ホオジロ科に属する鳥とのこと。
午後はガレージセール開催!お客さんは20人位だった。フランス人、韓国人も・・・

Dinner
夕食は大久保駅近くの「梁の家(ヤンのいえ)」で韓国料理。左の料理「ニャンニャムケジャン」は甘いような辛いような不思議な味だった。

| | Comments (0)

August 20, 2019

野鳥写真展

今日は春日BCでECだった。

Ecom

朝水道橋駅に降り立つと辺りはどんよりした天気。

Shrine_20190820203201

春日の局ゆかりの出世稲荷へお詣り。
お詣りの甲斐があったのかなかったのか6位だった。
帰り丸の内線でお茶の水まで出てECOM駿河台2Fで開催中の「野鳥写真展」へ。

Ecom_02

東京にいる野鳥の可愛い、ビックリするような、癒される姿(アンケートを提出)をうまく捉えて撮影されていた。

| | Comments (0)

August 18, 2019

明治神宮探鳥会

朝7時起床!昨日もらったインスタントスープを飲んで出かけることにした。中身を開けてお湯を注ぐだけ?と思って裏面の作り方を見るとさにあらず中身をお鍋に開けそこにフクロ六分目ほどの水を二杯注ぎ6分間時々かき混ぜて・・・とあった。Meijishrine_04_20190818160301美味しかったがパクチーをたっぷりをのせて食べたらもっと美味しかったかも!。さて8時過ぎ家を出た。外は暑~い!今日は途中退場かなぁと覚悟しながら明治神宮北参道門へ。参加者はいつもより少な目だったが夏休みとあって元気な子供たちもいた。
リーダーの挨拶の後蝉しぐれの神宮へ入りまず樹の色々な樹皮の姿の説明から始まった。Meijishrine_12_20190818161501カラスの羽根があちらこちらに落ちていた。今は生え変わりの時期とのことだ。リーダーはカラスのどの部分の羽根かが分かるようだった。
Meijishrine
北池には亀が一生懸命岩を上るのだが滑り落ちを繰り返す姿が見られた。
Meijishrine_01_20190818161801
亀が登ろうとした岩上部には交尾中のシオカラトンボがいた。オスはいわゆるグレー、メスは黄色っぽい。
シオカラトンボの連結の輪,いわゆる交尾のスタイルです。
このスタイルで,他のトンボを激しく追い回していました。
そして,邪魔者がいなくなるとこうやってとまります。
トンボの生殖孔は雌雄ともに腹部後端(尾)にあるのですが,
オスの腹部後端はメスの頭を押さえつけるのに使われてしまいます。
したがって,オスはあらかじめ腹部前端にある交接器に
後端の生殖器より精子を移動させておき,
この交接器にメスの産卵管を接し,
つながることでハート型の輪になり,生殖活動が行われます。
トンボの交尾は尾が交わらない,特殊形なのです。
子供たちは次から次へ昆虫を見つけリーダーに尋ねる。
Meijishrine_03
ニホンアマガエル
Meijishrine_05_20190818162101
コフキコガネ
Meijishrine_08_20190818165101
ニホントカゲ
Meijishrine_06_20190818162801
カブトムシ
Meijishrine_09_20190818162801
菖蒲田にはアオサギ
Meijishrine_11
東屋に行く手前の川近くに傷ついたダイサギの姿も・・・ 写真は撮らなかったがツマグロヒョウモン、センチコガネ、ムラサキシジミ、ヒヨドリバチ、ウチワヤンマ、オオヤマトンボ、オオヒラタシデムシ、蝉を食べていたキイロスズメハチなどの昆虫の詳しい説明をして下さった。 最後の「鳥あわせ」まで参加。

| | Comments (0)

August 15, 2019

蝉の幼虫

8月12日の「夜の昆虫探検」のメインイベントは蝉の羽化だった。

Semi
Semi_01

抜け殻が沢山残っている。

Semi_03

辺りが暗くなると土の中からゾロゾロ・・・リーダーに踏まないように注意を受けた。

Semi_02

気の早い子も・・・

Semi_06
Semi_05

モゾモゾ!

Semi_10

幼虫はカラスなどに襲われないように暗くなってから土の中から這い出で羽化するが羽根がしっかりするまで5時間位かかるため10時頃までに羽化するのだそうだ。
観察会を終わり皆で歩いていると一人の男性が近づいてきた。その方の話では蝉の幼虫を唐揚げにして食べる習慣がある国の人があるとか・・・どうやら幼虫を捕獲しに来た輩と思われたらしい。

 

| | Comments (0)

August 04, 2018

新宿御苑「夜の森たんけん」

新宿御苑・母と子の森自然教室「夜の森たんけん」にお申込みいただき誠にありがとうございました。厳正に抽選させていただきました結果、ご当選されましたのでお知らせいたします。

メールが来たのは6月だった。それから約2ヶ月。夏休みに入った孫たちを連れて「夜の森たんけん」に出かけた。30名くらいのお仲間とをサポートしてくださるボランティアの方12名そして御苑の方10名に守られて2班に分かれて5時半まだ明るい母と子の森へ。こういう企画は5年ぶりだそうだ。

Night_5

木に登る青大将。青大将は青いのかと思ったら子供はこんな色らしい。

Night_2

Night_3

Night_4

子供たちが大好きなカブトムシやクワガタムシも

Night_1

玉虫は御苑では珍しいとのこと!

持参した夜の食事はインフォメーションセンターでいただいた。

30分休憩後とっぷり陽も落ち真っ暗な正しく「夜の森たんけん」へ出かけた。

今度はセミの羽化を見学。

Cigale_1_01

ラクウショウの根に羽化中のセミ。

Cigale_4

こんな珍しい姿も。

Cigale_3

Cigale_2

Cigale_1

8時15分解散。ムシムシと暑かったが有意義で楽しい宵のひとときだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)