旅行・地域

January 02, 2020

静岡バス旅行

朝7時東京駅近くには箱根駅伝の応援の人たちが集まっていた。私たちは丸ビル横からバス乗車賑わいを横目に静岡へ向かった。

まず行ったのが伊豆の国市にある「伊豆の国パノラマパーク」ロープウェイに乗ること約7分で標高452mのかつらぎ山山頂駅へ到着。

Fujimiterasse
富士見テラス展望デッキからは駿河湾、富士山、三島、箱根までが目の前に広がっていた。30分程度のウォーキングコース(天城コース・駿河コース・山頂展望コース・狩野川コース)もあった。
Lunch0107
ランチは沼津の「千鳥海館」で海鮮浜焼き。サザエが美味しかった!
Sesgull_15
ランチの後は駿河湾の三津港から「駿河湾クルーズ」
Strawberry
静岡県伊豆の国市へ戻りいちご狩りした。紅ほっぺが美味しかった。最初大きいのを探したが途中で大きすぎるのは大味と気づきほどほどのが美味と気づいた。
最後は三嶋大社へ初詣。
Fuji_01
7時半帰京。

| | Comments (0)

December 20, 2019

横浜②

「外交官の家」の後、石川町のMOさんの実家をお訪ねしコーヒータイムしながら色々とお話しした。

Yokohama1219_08_20191220153601
ベーリックホール、山手234館を見、港の見える丘公園から横浜「あかいくつ」バスに乗車して赤レンガ倉庫へ。
Yokohama1219_13
Yokohama1219_10
Yokohama1219_11
Yokohama1219_12
「赤レンガ」埠頭から「シー・バス」に乗った。
Yokohama1219_14
Yokohama1219_15
「横浜駅東口埠頭」まで二駅、20分足らずのミニ・クルーズ。デッキにいたがあまり寒さは感じなかった。

| | Comments (0)

December 19, 2019

横浜①

朝10時副都心線「北参道」駅待ち合わせ3人が落ち合った。MOさんが立てて下さったプランで横浜へ。
「日本大通り駅」下車してからまず行ったのが「開港記念会館」ガイドがついてくださり丁寧に説明してくださった。

Yokohama1219

Yokohama1219_01

結婚記念写真を撮っていたお二人の背後には開港当時を描いたというステンドグラス(関東大震災後に復元)は左側が「呉越同舟」右側が「鳳凰」が見える。写真にはないが「鳳凰」の右隣りには「箱根越え」という外国人が駕籠に乗ったのもあった。ここの時計塔は”ジャック”と呼ばれているそうだ。またペリーの黒船を描いたステンドグラスもあった。
続いて行ったのが塔が”クィーン”と呼ばれている横浜税関。ここには薬物やら輸入禁止の動物、偽ブランドの衣類・靴などが展示されていた。

Yokohama1219_02
お昼は中華街でいただいた。
Yokohama1219_03

Yokohama1219_05

Yokohama1219_16
中華街を抜け元町通りをブラブラ・・・
Yokohama1219_06 「外交官の家」へ。
Yokohama1219_17_02

Yokohama1219_17_01

Yokohama1219_17

Yokohama1219_07
ここは重要文化財になっているらしい。米国ではクリスマスは一年で一番大切なファミリーイベント。遠く離れた家族や親せきが一堂に集まるという雰囲気が感じられる装飾がされていた。

| | Comments (0)

November 27, 2019

箱根旅行

窓から箱根山は全く見えず空は深く霞んでいた。
麻雀の合間に温泉に入ったりお茶したりしたが雨がかなり強く降っていたので近くの「彫刻の森美術館」に散策も行けず残念!
Momiji_02

一日麻雀とおしゃべりを楽しんだ。

| | Comments (0)

November 26, 2019

箱根旅行:箱根湿性花園

バスタ新宿から小田急高速バスに乗車し箱根へ。予報に反して小雨の天気に乙女峠から富士山は見えなかった。

Momiji_01

Momiji

箱根湿性花園も紅葉はほとんど終わっていた。施設めぐりバスで強羅まで行きブラブラと歩いた。

午後2時近く友人4人と合流。夕食時間をのぞき10時まで麻雀を楽しんだ。

| | Comments (0)

November 16, 2019

「渋谷のまちから、地図感覚をみがく」

シブヤ大学の講座「渋谷のまちから、地図感覚をみがく」に応募したら「当選」今日は10時過ぎ社教館へ。

講師は「地理人」こと今泉隆行さん。7-8才にはもう地図を描いていたという根っからの地図がお好きな先生。今は新しく地図を作ってしまうこともなさっているとのこと!また地図により見た目が違うと「昭文社都市地図」「Google Map」「国土地理院」「Yahoo」「ゼンリン」「マピオン」「OpenStreetMap」などを比較対照しながら地図の面白さを話して下さった。

新宿駅から東京駅まで何キロあるかという質問を20名の生徒にした。私は10kmと答えたがそれは鉄道距離で正しくはというか「直線距離で6㎞」が正解だった。
12時過ぎ4班に分かれて千駄ヶ谷の街を歩くことになった。国立能楽堂の資料館で能狂言の資料の展示を見たり。

Gaya_01
与謝野晶子の新誌社後の碑を確認したり
Gaya
将棋会館に出前をしたことで有名だった今は閉店した「みろく庵」にも行ってみた。この建物が三角なのは土地が首都高と並行して走る都道414号線に買収されたのでは?との話も・・・

2時間後再集合してランチした場所や感じたことを発表した。

Gaya_02
私たち千駄ヶ谷4丁目担当A班のミッションは「駅から遠いのに、家よりオフィスビルばかり。一体どんな人がこの辺りに来るのでしょう?他の街にない個性はあるでしょうか?」というものだったがオフィスビルもあるが民家も点在し変わりつつある街という評価を下した。

夜は高田馬場BCで青森のゲーム「ゴニンカン」大会に参加。

| | Comments (0)

November 14, 2019

ミャンマー撮影旅行:感じたこと

ミャンマーはロヒンギャ問題とか政情不安とか報道されているのでツアーに参加することに多少不安を感じていたがいざ行ってみるとのんびりした良い国だと思った。街にはロンジ―というロングスカートに似たものを男女ともに履く人がほとんどだった。地方に行くと牛飼いが牛を道路に歩かせていたり日本では見なくなった三輪トラックが走っていたり・・・

毎日寺院への撮影があったので回廊から履物を脱いで長時間裸足歩かなければいけなかったが少し辛かった。地面は多くは大理石で貼られたものだったがコンクリートや凸凹のある土の通路もありかなり足裏が汚れた。しかし寺院で見たのは熱心に仏教を信ずるミャンマーの人たちの姿。座って地面に頭を低く落とし拝んだり数珠をまさぐりお経?を唱えていた。大きな寺院では誕生日の曜日ごとに(8曜日:月・火・水午前・水午後・木・金・土・日)固有の仏像があるらしく拝んだり水をかける場所があった。

移動はバスと船だった。バスは日本の中古車(千葉中央とか瀬戸内)。外装や車内の説明文は残されていた。外を走る車も日本トヨタ・ホンダ・スズキなどの中古車が90%?近くでなかにはXXX幼稚園の送迎バスも見かけそこに大人が座っていたのにはビックリ!日本製は多売されていたようだが2018年から右ハンドル車が規制されたとのことでこれからは売れなくなるだろう。

船はインレー湖での移動に4人乗りに乗船。首長族に会ったり猟師のパフォーマンスを見たり寺院に行ったりモーター音が高い船でさぞ水がかかるだろうと覚悟したが意外と水はかからなかった。

バイクも多く車と車の間をすり抜けるものもありまたヘルメットなしは当たり前3人から4人で乗っていた。事故も多発しているだろうと想像した。

そのほかには環状線(今は一部不通)の汽車にも7駅23分乗車した。これも日本の中古の車両。ここでスペインのマラガから来たという女性に出会った。ガイドをつけ友人と3人で回っているとのことだった。ヤンゴンーバンコックーヘルシンキーマラガへ帰国するとのこと!日本にも来たいというのでメールアドレスを渡しさっそく昨日メールを送ったら
"Ahora estoy en Málaga esperando para coger un avión hacia Bilbao. Esta noche dormiré en mi casa. Te deseo un buen viaje de regreso a Japón.

殆どがミャンマー語で表示されているため分かりにくかった。ガイドの説明が地名やら寺院名もミャンマー語なので頭に残らない。これからはアルファベット表記が増えることを願う。

一番感じたのは出会った子供たちのこと。お金をねだってくる子供たち、そのような子供たちの身なりは良くない。

Animals

そのなかでこの絵を100円(1000チャット)で買ってくれと言ってきた8才くらいの女の子にはお金を渡した。子供たちを寺院で保護しているホームもあるということだったが子供たちの教育を受けさせる援助を日本からも支援したいと思った。

最後にゴミ。街にはゴミが溢れていた。なんとかこれは国が清掃に力を入れなければいけないと思う。と思いながら帰り千駄ヶ谷駅から歩いてきたらここも結構ゴミが散らかっていた。

Myanmar13_11

| | Comments (0)

November 12, 2019

ミャンマー撮影旅行:ヤンゴン・Shwedagon Pagoda

ジャンクションシティー・ショッピングモールで買い物の後は最後の撮影地 Shwedagon Pagodaへ。

Shwedagon_01

Shwedagon_12

Shwedagon_02

Shwedagon_04

Shwedagon_05

Shwedagon_06

Shwedagon_08

Shwedagon_09

Shwedagon_11 ミャンマーのスズメは日本のスズメと違って目線がきつい。

Shwedagon_13_02

Shwedagon_13_03

Shwedagon_13_04

Shwedagon_13_05

Shwedagon_10ミャンマー撮影終了。

| | Comments (0)

ミャンマー撮影旅行:ヤンゴン・ヤンゴン中央駅

朝食後ヤンゴン中央駅へ。
Centralstation_02
Centralstation_01
Centralstation_04
Centralstation
Centralstation_09

電車が通らないときは線路も通行可!

Centralstation_07
Centralstation_08
Centralstation_05
Centralstation_06
電車が止まらないうちに飛び降りる人も・・・
Centralstation_10

「試運転」ではなく実際に運行していた。

Centralstation_11

JRの中古の車両?

| | Comments (0)

ミャンマー撮影旅行:ヤンゴン・托鉢

11月12日 05:15MC ティセインナヤマ僧院撮影。

Tisenmayama

Tisenmayama_05

Tisenmayama_04
僧院の一部に孤児院があるらしい。
Tisenmayama_03

Tisenmayama_02僧院の片隅で寄り添う子犬たち。
Tisenmayama_06
お母さんは門で番。
Tisenmayama_07
お供えの花を売っていた。
Royalgardenrestaurant
僧院から帰りホテルで朝食

| | Comments (0)

より以前の記事一覧