文化・芸術

July 20, 2018

シンハラ語orタミル語

スリランカ観光をしてきた友人がくれた新聞紙。アルファベットでもなく面白い形の文字だ。
Wikiによると

スリランカ民主社会主義共和国は

ශ්‍රී ලංකා ප්‍රජාතාන්ත්‍රික සමාජවාදී ජනරජය (シンハラ語でスリランカと書いてある)
இலங்கை சனநாயக சோஷலிசக் குடியரசு (←タミル語で書くと)

シンハラ語を話す人は7割、タミル語は3割。シンハラ語の方が丸っこくて動物を思い起こさせるような文字。

スリランカの人たちは互いの言語を理解しないらしいが英語も公用語なのであまり困らないと書いてあった。

Slilanka

スリランカとは光輝く島という意味らしい。

夜は10時頃まで馬場BCで「金ブリ」。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 16, 2018

靖国神社みたままつり

境内は参拝客で溢れていた。

Mitamamatsuri_5

Mitamamatsuri_6

Mitamamatsuri_3

Mitamamatsuri_2

Mitamamatsuri_1

Mitamamatsuri_4

老いも若きも浴衣を着ている若い男女も外国人も皆みたままつりを楽しんでいた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2018

ブラジルフェスティバル2018

代々木公園前を通りかかると・・・

Brasil_8

懐かしい曲に乗せて若者がダンスに興じていた。ブラジルの曲ではなくアメリカのよく聞く曲だが名前不明。

Brasil_1

ブラジルフェスティバル2018

Brasil_2

Brasil_7

ブラジルらしい食品のショップが出店していた。

Brasil_5

ステージでは丁度"Davi Zew's"が歌っていた。ブラジルのバイーア州サルバドール生まれ28歳シンガーソングライター。

Brasil_6

"Roberto Casanova & Mika Silva"ホベルト・カザノバはサンパウロの日本人地区リベルダージに住んでいたこともあり日本語と日本の歌曲に興味を持ち2010年NHKのど自慢チャンピオン大会で優勝したと司会者に紹介された。

Brasil_4

Brasil_3

楽しいパフォーマンスも・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 07, 2018

レオナール・フジタ~愛と追憶の画譜~

銀座フェニックスプラザに藤田嗣治没後50年記念講演会「レオナール・フジタ~愛と追憶の画譜~」を聞きに行った。

Ginza_2

講師は村上哲氏。藤田が芸大で絵を学んだ後渡仏し古今東西の美の影響を独自の画作への表現、幼いころに亡くした母への想いと人生をともにした5人の伴侶への愛と別離の話をプロジェクターを使って話された。

特に「カフェ」と題された絵はパリのカフェで頬杖をつき物思いに耽る女性の絵。モデルのこと、バックに描かれている建物とそこに描かれているモデルの名前"Madeleine"のことそしてテーブルの上に置かれた手紙の住所のことなどの解説が面白かった。

休憩の時には「おいだ美術」の社長から"Madeleine"の思いがけない差し入れという粋な計らいも・・・

7月31日から東京都美術館で始まる「藤田嗣治展」がより楽しみになった。

Ginza_1

夜は高田の馬場BCでのカードゲーム講座に参加。今日は草場さんが考案したという"Notice(予告)"と"Lo Tarot"の2種類のゲームを4テーブルに分かれて楽しんだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2018

第39回轍の会

午後2時から国立能楽堂で第39回轍の会。

午前中ショボショボ降っていた雨も午後はからりと晴れた。

Wadachinokai_1_01

6月10日の「能を知る集い」には行けなかったので少し残念だったが本田師の「砧」は私も良く知っているくらい有名な能だったのでゆっくり鑑賞できた。江戸に出かけた夫を九州で待つこと3年妻は砧を打ち心慰めるが淋しさのあまり死んでしまう。夫は帰国し妻を弔うと亡霊の妻が夫に対し恨みを述べるが最後には成仏するという100分を超える演目だった。前シテの朝顔の扇子が素晴らしかった。

「腰祈」という狂言は初めてだったが面白かった。山伏が久しぶりに祖父を尋ね曲がった腰を念力で伸ばそうとすると腰は伸びすぎたり曲がりすぎたりする。「過ぎたるは及ばざるが如し」

最初の演目「自然居士」は人買いにさらわれた少女を助ける話だったがワキの人買いを演じた福王師が良かった。

Wadachinokai_1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2018

ルーブル展

「鎌倉へ行こう」とテニス仲間と話していた。

Louvre_2

天候不順なので六本木の国立新美術館へ予定変更。

Louvre_1_2

高橋一生のナビゲーターによる音声ガイドを聞きながら歩いた。

印象に残ったのは

①ディアゴベラスケスの工房 《スペイン王妃マリアナ・デ・アウストリアの肖像》
②ポッティチェリ 《赤い縁なし帽をかぶった若い男性の肖像》
③グロ 《アルコレ橋のボナパルト》
④F・アントンマルキ 《ナポレオン1世のデスマスク》
ナポレオン1世は幽閉先のセントヘレナ島で1821年5月5日亡くなったそうだが二日後にアントンマルキがデスマスクを作り12年後複製を売り出しそれが評判になりナポレオン人気が再燃したという。
⑤墓名碑
Louvre_1_02

墓を飾る碑は亡くなった本人のアイデンティティや先祖の肖像、社会的地位を表しているということだった。上の写真の碑の下部に書かれている文字は「妻の思い出のために」と書かれているということはどうやらこの碑は妻が先に亡くなり碑に上部に夫(額に皺がある)妻そして下段に三人の息子を描き墓前においたいうことであろうか?テッサロニキ地方(マケドニアとトラキアの間の地域)で出土したと話していた。

2~3世紀の古代ローマ人は祖先を大事にし家の中に儀式の場を作りも家族や先祖の肖像、デスマスクを飾ったそうだ。

昨日父の日にファイリングし家族に配った家系図も古代ローマ人が墓名碑に家族や一族のつながりを残したいということと少し似ていると思った。

六本木ミッドタウンでランチ後お茶して旧交を温めた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2018

赤坂迎賓館

四谷中学校のコミュニティーホールで行われた「ストレッチ体操教室」に初めて参加!

終わって辺りをブラブラしていたら迎賓館横に行列ができていた。警備員に「予約なしでも迎賓館に入れるのですか?」と尋ねると申し込んでなくても最近は誰でも入れるとのことだった。荷物検査の後主庭を見学した。

Palace_5

まず目についたのが御苑にもある満開のボダイジュだった。説明書きに1981年ロシアのゴルバチョフ大統領が植樹したとあった。「フユボダイジュ」とありWikipediaには下記のようにあった。

原産地はヨーロッパからコーカサス。葉はナツボダイジュのような有毛は少なくざらつきはない。 葉は長さ5cm程度と小さく、葉や花はハーブとして用いられるほか、茶の代用品としても利用されている。

となると御苑のそれはナツボダイジュなのか!

Palace_4

続いて奥の方に見ごろの菖蒲が見えたがあちらは東宮御所になるので近くには寄れないらしい。

Palace_3

本館前には大噴水(国宝)が勢いよくあがっていた。

Palace_2

近寄ると4匹の奇妙な動物がいた。グリフォン(フランス語: griffon, gryphon)という鷲(あるいは鷹)の翼の上半身、ライオンの下半身をもつ伝説上の生物らしい。近くに亀も・・・

Palace_1

最後に前庭へ。迎賓館本館正面前にはスダジイ、松が植栽されていて西洋館の趣を持つ迎賓館との対比が面白い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2018

「MOMATコレクション」所蔵品ガイド

竹橋の国立近代美術館の所蔵作品展「MOMATコレクション」へ。

毎日午後2時からMOMATガイドスタッフが所蔵品ガイドをやっている。今日は男性1名女性3名が参加。

まず4階の黒田清輝が法律を学ぶためパリに行った時に趣味で描いたという「落葉」という作品の前でそれぞれの意見を発表した。黒の絵の具を使わないという外光派の画家ラファエル・コラン(1850-1916)に師事したとガイドがはなした。なるほど影は紫色!

続いて2階の水彩画。

大下藤次郎「穂高山の麓」1907年(明治40年)まるでカメラで撮ったような構図の油絵のような水彩画だった。山好きだったらしい。彼は現場において風景を「写生」し帰宅してからそれを大きく書き直す「複写」という技法を使っていたと説明された。

その横のケースの中にあったのが吉田博「養沢 西の橋」1896年(明治27年)養沢とは現あきる野市らしい。こういうシンプルな絵が好き。

水彩画は光にも湿度にも弱く保管が難しいとのことだった。

1時間あっという間に終わった。

Ipomoea_1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 30, 2018

ESUJ

箱根から帰ろうとしていた時ITC時代からの友人Kさんから電話。明治記念館でESUJの5月のイベント「篠笛と能菅のコンサート」があるから行きましょうとのお誘い!

日本英語交流連盟(英語名:English-Speaking Union of Japan 略称ESUJ)は、日本の人たちが国際コミュニケーションの「道具」としての英語に慣れ親しむようになることを目的として1998年10月に設立された非政治、非営利のボランティア団体。

6時半から明治記念館「若竹の間」で議長の挨拶に始まって平安時代から続く篠笛の伝統ある響きと世阿弥の考案ともいわれるという能管の幽玄の音色を聴いた。演奏者は福原流笛方の福原寛さん。

◎三井の晩鐘   四世寶山左衛門作曲
◎恵比寿と大黒 福原寛作曲
◎獅子       古典曲

演奏の後乾杯しビュッフェをいただきながら日本語会話を楽しんだ。

最後に松平恒忠会長の英語の挨拶で閉められた。

日本文化の再発見と久しぶりの英語で頭が活性化?した。

Hakone_19

このヤマボウシはまだ開き切らない緑濃いところが美しい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 29, 2018

箱根彫刻の森美術館

朝から麻雀。一人余るので午後からブラリとすぐ近くの彫刻の森美術館へ。

Hakone_10_2

Hakone_9

大好きな井上武吉の「マイ・スカイ・ホール(天への道)」高さ18㍍もの4本の柱から吊り下げられた球体を見上げると、今まで見ることのできなかった不思議な景色が広がる。大宇宙をのぞいている小さな自分が球形に写る。

Hakone_8

思わず微笑んでしまういつ見ても楽しい彫刻。山本信「ハイッ」平成4年

Hakone_5

「ボクシングをするウサギ」バリーフラナガン。十字架の上で・・・というところが意味深。

Hakone_4

「16本の回転する曲がった棒」伊藤隆道

Hakone_7

「幸せを呼ぶシンフォニー彫刻」 ロワール。建物全体がこの名称。ただし足跡は彼の作品ではないらしい。

Hakone_3

戻ると1階レストランですでに「演芸」が始まっていた。

Hakone_2

Hakone_1

紙切りの女性が舞妓さんを見事に切り抜いた。

夜10時までカード、ボードゲーム、麻雀を楽しんだ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧