映画・テレビ

November 26, 2020

「私の名前はキム・サムソン」

Mさんから借りたDVD「私の名前はキム・サムソン」の最後の章まで見終わった。
韓国MBCで2005年6月1日から同年7月21日まで放送されたテレビドラマ。

ちょっぴり太めなことを気にするパティシエ 30歳のキム・サムスン(キム・ソナ)と年下ジノン(ヒョンビン)のラブストーリー。

面白かった!

1時からBBOチーム戦。スラムへ行きダウンが二つ。5:15で惨敗!

試合後、気分転換に御苑へ

Tuwabuki1126
ツワブキが満開。

| | Comments (0)

November 01, 2020

「罪の声」

久しぶりに映画らしい映画を見た。

小栗旬×星野源。人気と実力を併せ持つ今の日本エンタメ界を牽引する2人が映画初共演となるこの秋最大の注目作『罪の声』。原作は、2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で第1位を獲得するなど高い評価を得た塩田武士のベストセラー小説。フィクションでありながら、日本中を巻き込み震かんさせ、未解決のまま時効となった大事件をモチーフに、綿密な取材と着想が織り交ぜられ、事件の真相と犯人像に迫るストーリーが“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティに溢れ、話題を呼んでいる。
三人でこの映画を感想を話し合いながらランチ。
Kimetucookie1101
おやつに鬼滅クッキー。

| | Comments (0)

September 26, 2020

愛の不時着

11時に新宿でKTさんとデート。
韓国のドラマ「愛の不時着」のDVDを貸して下さった。これは韓国はもちろん日本でも人気のようだ。

Kazuko0926
彼女はドラマに合わせたのか「恋愛中」と書かれたステキな黒いシャツを着ていらした。
午後DISC1を観た。
パラグライダー中に思わぬ事故に巻き込まれ、北朝鮮に不時着してしまった韓国の財閥令嬢。そこで出会った堅物の将校の家で、身分を隠して暮らすことになるが・・・

ヒョンビンがうわさにたがわずカッコいい!なんかワクワクするようなドラマの進展。楽しみだ。

| | Comments (0)

April 24, 2020

「ビッグ・キャット・ベビーの成長」

朝5時に目が覚めた。TVをつけると黒いジャガーの赤ちゃんが出ていた。番組表を見ると「ビッグ・キャット・ベビーの成長」というイギリスBBCのドキュメンタリー。大型ネコ科動物=通称“ビッグ・キャット”の保護活動に密着。保護されたジャガーの赤ちゃんの成長を追っていた。

イギリスBBCの世界最高峰ネイチャードキュメンタリー「BBC Earth」。イギリスの“ビッグ・キャット・サンクチュアリ”と呼ばれる大型ネコ科動物専用の保護施設にスポットを当てる。ジャガー、チーター、ヒョウ、トラなどは絶滅に瀕し、保護・保全が急務となっているが、相手は肉食動物の中でも最強クラスの猛獣たち。保護といっても一筋縄ではいかない。さまざまな理由で保護施設にやって来た大型ネコ科動物の赤ちゃんたちに対し、ネコ科動物のエキスパートであるジャイルズ・クラークは家族と仲間の協力で、予測不能の数々の危機を乗り越えて成長し絆を深めていく。経験豊かなジャイルズも悪戦苦闘しながらも、動物園、研究機関、動物病院との連携やサポートによって、小さな命を守り抜こうとする。現在の世界の大型ネコ科動物の置かれている状況と、一つの野生動物の命を救うことの意義と困難さが、イギリスの保護施設の活動への密着から見えてくる、

ジャイルズと家族が赤ちゃんとはいえ親と離れた猛獣の赤ちゃんたちを育てる愛に感動!

Mask0424
午後からアベノマスクをベツノマスクへ2枚変換!未配布のマスクは全量回収らしいが既に配布されたものはどうなるのだろう?


| | Comments (0)

April 18, 2020

COVID-19とオリンピック延期:"France 24"のレポート

朝から大雨そして寒い!

YSさんと久しぶりの長電話。
自粛毎日の過ごし方やら近くのコンビニで売っている美味しいパンなどを教えてもらった。

Lunch0418
スモークサンド&クリームチーズパン

covid-19-le-report-des-jo-un-casse-t%C3%AAte-co%C3%BBteux-pour-le-japon

COVID-19がもたらした日本に課せられた高価な難問であるオリンピックの延期というタイトルの”France 24"のレポート

| | Comments (0)

March 17, 2020

『ソローキンの見た桜』

『ソローキンの見た桜』をWOWOWシネマで見た。

2019年公開の日本・ロシア合作の恋愛映画。第1回日本放送文化大賞ラジオ部門でグランプリに輝き、南海放送でされたラジオドラマ「松山捕虜収容所外伝~ソローキンの見た桜」の映画化。日露戦争時の愛媛県松山市を舞台に、ロシア兵捕虜とその看護にあたっていた日本人看護婦の許されざる恋を描く。阿部純子が明治時代と現代のヒロインの一人二役を演じる。

なんとも切ない話だった。

Gyoen0317_04
上の池そばのこの「山桜」を見ていたらソローキンとユイの二人を・・そして去年亡くなったロシアの友人のGOを間近に感じた。

Gyoen0317_02

| | Comments (0)

February 14, 2020

レコーダー

今月初めからテレビ内蔵のレコーダーが動作しなくなった。S社から修理に来てくれたが修理代金が4万円近くかかると聞き取りやめ!というのは5年前に買ったTVは今半額以下で売られているのを知ったからだ。またテレビ内蔵型のレコーダーは壊れやすく今は各社ともに販売されていないようだ。とりあえずハードディスクだけ取り出してもらい今朝近くの映像会社に持って行ったがこれは専門的なものなので内容は取り出せないと言われた。午後から10年前使っていたP社のDVDレコーダーをテレビに接続しようと四苦八苦!P社のサポートセンターがなかなかつながらず取説片手にコードを抜き差しなんとか録画できるようになった。

Hina0214

| | Comments (0)

September 01, 2019

ジョアン・ジルベルトを探して

28日に連荘で映画を見た。映画は「ジョアン・ジルベルトを探して」ジョアン・ジルベルトはボサノバの神様と言われる歌手だった。ボサノバが好きな私は田坂香良子さんに師事。歌ってみたがあの独特のリズムにのることができなかった!

映画には昔歩いたイパネマ海岸そしてブラジルの美しく懐かしい街並が続々と出てきた。

Joao01
ドイツ人ジャーナリストのマーク・フィッシャーが、ジョアン・ジルベルトに会うため、リオ・デ・ジャネイロに出向いた顛末を描いた1冊の本『オバララ ジョアン・ジルベルトを探して』を、ジョルジュ・ガショ監督が手に取った時から始まった。その懸命な追跡にも関わらず、フィッシャーはジルベルトに会えないまま、本が出版される1週間前に自ら命を断ったという。ガショ監督は、フィッシャーの旅に強く共鳴し、ジルベルトゆかりの人々や土地をブラジル中尋ね歩く。ジルベルトの存在を近くに感じながらも、あともう一歩のところで会うことができないガショ。果たして、彼は憧れの人に会うことができるのか。

ポル語も出てくるがメインの言葉がドイツ語なのでなんか物足りなかったが映画の中で流れる"Chega de Saudade""Garota de Ipanema""Hó-Bá-Lá-Lá" ポル語で歌われるボサノバのリズムは優しかった。

| | Comments (0)

August 29, 2019

ディリリとパリの時間旅行

昨日は暑気払いの後「ディリリとパリの時間旅行」を有楽町の映画館で見ようと思ったら満員だったので今日は恵比寿ガーデンプレイスの中のYEBISU GARDEN CINEMA で見てきた。アニメではあるけれどパリの景色がそのまま出てくる。主人公はニューカレドニアからやってきた読書好きな少女ディリリ。ベルグソン(画面下の訳はベルクソンとなっていた)は分からないと言っていたが私もウンウンと心でうなづいた!
映画は彼女がパリで出会った3輪車の荷物運搬人オレルと誘拐事件の謎を解く話。そしてまた事件解決にキューリー夫人やパスツール、ピカソ、マティス、モネ、ロートレック、マルセル・プルースト、サラ・ベルナールなどのパリのベル・エポック時代の天才たちが協力する。ディリリがその人達と会う度丁寧に"Je suis tres heureuse de vous rencontrer"(お会いできて嬉しいです)がふんだんに出て可愛い。

Ebisu
久しぶりに映画を見ると楽しくまた予告編に心動かされた。

| | Comments (0)

February 03, 2019

マスカレード・ホテル

Suzukake_01

御苑を抜けてバルト9へ。

東野圭吾原作の「マスカレード・ホテル」を見に行った。

舞台はホテル・コルテシア東京。あら?マスカレードホテルって何かな?刑事役の木村拓哉とホテルマン役の長澤おさみの対照的な役柄が楽しい。ミステリ―なんだけどコメディー映画のような・・・

最後に仮面(マスカレード)がはがれる。これだったんだ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧