ペット

January 19, 2020

明治神宮探鳥会

昨日とは打って変わって快晴の東京。風もなく穏やかな日和だった。今日の明治神宮探鳥会は100人を超える賑やかな会だった。

Birds0119
北池にはキンクロハジロ、マガモ、カイツブリ。
Birds0119_01
夫婦揃ってエサ探しする姿がかわいい。
Birds0119_05
宝物館前の池にはカワセミ。
Birds0119_02
シロハラ。
Birds0119_04
サザンカの蜜を吸いに来たメジロ。
Birds0119_09
御苑の池のキセキレイ。四阿で「トリアワセ」今日は27種類を数えた。

| | Comments (0)

December 26, 2019

お化粧

整理整頓は私の苦手分野。その中でもお掃除は普段見て見ぬふりをして過ごしてしまうことの一つ、と言ってもいられないので今日はあちらこちら拭き掃除。

24日の樹木観察会@代々木公園の銀杏の写真、人前に立つならお化粧をしなさいと師匠から忠告された。

Tree1224_02_20191226212301
確かに見たように撮れていなかった。
Tree1224_021
化粧の仕方を教えていただいた。

| | Comments (0)

December 25, 2019

ウスカワマイマイ

11月15日筑波のJAXAに行った帰りに道の駅で紫大根を1本買った。酢の物を作ったのだけれど葉も生き生きとしていたので洗って炒めようとしたら黒い10㎜の個体を発見した。カタツムリ?だった。動かないのでゴミ箱へ!と一瞬思ったが思い直して小さな容器にその葉を添えて入れてみた。

Escargo

Escargo1217
しばらくするとなんと動き始めたので大きな容器に移し以来葉っぱを上げたり霧吹きで水をかけたりしている。

図書館で「カタツムリハンドブック」を借りてきた。そこには日本ではナメクジとカタツムリ合わせて約800種が生息していると書かれていた。名前が分からないのでこれらの写真を撮った武田晋一さんにメールしてみた。即お返事が戻り「ウスカワマイマイ」と教えてくださった。

名前が分かるとより可愛くなった。春まで観察してみよう。

| | Comments (0)

December 18, 2019

オシドリ@新宿御苑

今日は10時半から四谷地域センターで「ストレッチ教室」

9時半過ぎ御苑上の池に行った。橋の上にカメラマンは2・3人いたが池にオシドリはいなかった。今日はお休みかな?と思ったが教室を終えて一時近くにまた行ってみた。

Oshidori1218_03

Oshidori1218_02


Oshidori1218_01

Oshidori1218
なんと池の奥で声を上げながら楽し気に遊んでいた。

| | Comments (0)

June 11, 2019

カワトンボ

朝起きると昨夜と打って変わっていいお天気だった。Sophia_06

朝食後蛍を見るはずだった川へ散歩に行った。


Sophia_04

なんとかわいらしい赤い羽根のトンボが飛んでいた。帰宅後調べてみたら「二ホンカワトンボ」の♂ということが分かった。


Sophia_09

こちらは「二ホンカワトンボ」の♀。
Sophia_07

そしてこの羽根の上の方に赤い色がついているのが「アサヒナカワトンボ」の♂。


蛍は見ることはできなかったがカワトンボに出会えた。

| | Comments (0)

May 15, 2019

ゴイサギとカワセミと猫

四谷地域センターの「ストレッチ教室」の帰り御苑へ。
Birds_000ゴイサギが1羽遊んでいた。
Birds_001何か見つけたらしく池の中を歩き始めた。
Birds_002カワセミが飛んできた。
Birds_003ところが先日も見かけた三毛猫が!
Birds_004カワセミが飛んでいきゴイサギ残念そう。

今日の川柳

「夫源病 忘れ女子会 盛り上がる」

「貯めこんだ 香水 すでに香り失せ」

「夫不在 人生急に 忙しい」

| | Comments (0)

January 20, 2019

日本野鳥の会:明治神宮探鳥会

8時15分頃北参道門に着くと既に20人くらいのウォッチャーが集合していた。

受付を済ませてから先生に先日箱根芦ノ湖畔で見たお腹の赤い鳥の写真を見せ「アカハラ」でしょうか?と尋ねると「イソヒヨドリ」とのことだった。

Hakone_05

それも比較的珍しいオスであると教えていただいた。メスは茶色っぽいらしい。普通は磯にいるが最近は山奥にも出没しているらしい。

Birdwatching_02

Birdwatching_01

明治神宮は樹木の隙間なく木が成長しているが去年の台風であちらこちらで大きな木が倒れている。上の写真は以前は大きな木があったところにぽっかり空間が…この空間をギャップと言うとのこと!

Birdwatching_03

さて鳥は北の池でアオサギ。

Birdwatching_05

これは?

Birdwatching_08

コゲラ

Birdwatching_09

シジュウカラ

Birdwatching_11

Birdwatching_10

西御門から本殿へお詣りして御苑へ入った。

Birdwatching_16

池は水が少なく少しく凍っていた。

Birdwatching_07_01

御苑ではヤマゲラ。

Birdwatching_17

東屋裏の広場でまとめ。今日は22種の鳥を観察したと報告された。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2019

諏訪湖の鳥たち

Kさんさんと日帰りバスツアーに参加。朝6時45分新宿コクーンタワー前集合。バスの席は一番前だった。どうやら申し込みが一番だったらしい。

まず諏訪湖へ行き鳥たちを観察。

Birds_02

ひなたぼっこの鴨たち。

Birds

こちらは雪の上で滑って遊んでいた。

Birds_01

D51に乗るのかな?

Birds_03

と思ったら飛んで行ってしまった。

Birds_04

Birds_06

白鳥が2羽シベリアから・・・

Birds_07

今年は湖面が少しも凍っていないようで御神渡りはまだ見られなかった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2018

日本野鳥の会@明治神宮

朝八時半明治神宮北参道鳥居前集合。

Meijijingu_1

目の前に弓を持った方が歩いていた。今日は何か行事があるのかもしれない。

朝方火事があったということでパトカーが駐車し沢山の警官が・・・

色々な鳥の声がするけれど私は良く分からない。

Meijijingu_4

この木の左手の杭の上にいたカワセミだけは目視で確認。

アオジという鳥はカメラで撮ったもので確認。

Meijijingu_2

Meijijingu_3

ムクの実だそうだ。

Meijijingu_5

こちらはケヤキの実。初めて知った。

Meijijingu_9

植物に詳しい方も多くお話を聞くのが楽しい。

お仲間の一人の女性は手乗りリスを飼っていてクヌギのドングリの中から出てくるシギゾウムシの幼虫を集め冷凍しておいて餌としてあげているというビックリするようなお話も聞いた。

明治神宮本殿を横切り菖蒲田に入った。9月の探鳥会の時菖蒲田で見たキノコについてKさんに聞くと

Birdwatching_2

オリーブサカズキタケだとキノコの本を示しながら教えてくださった。

菖蒲田東屋近くで今日の反省会。90名近く参加と報告された。そして17種類の鳥を観察したそうだ!私が実際に見たのは鴨、アオジ、カワセミ、ハシブトカラス、スズメ、鳩位だった。

Meijijingu_11_2

Meijijingu_6

時節柄七五三のお祝いで参拝する家族も多かった。

秋空のもと気持ちよく1万歩を歩くことが出来た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2018

探鳥会@葛西臨海公園

先週の日曜日に続いて2度目の日本野鳥の会東京支部の探鳥会に参加した。

Kasai_2

今日は葛西臨海公園10時集合。参加者は100名くらい。5・6人のリーダーが紹介された。

Kasai_11

公園の隣には2020年東京オリンピンクのカヌー・カヤック会場が建設中。

Kasai_1_01

京葉線からも見えるこの大観覧車は案内してくださった方が当初の方向を鳥の飛び方を考えて今の方向に決められたと話してくださった。

葛西渚橋を渡ると右手に葛西海浜公園となり西なぎさと東なぎさに分かれていた。

Kasai_9_2

Kasai_6

西なぎさは砂浜に入ることの制限はなく親子連れが貝拾いを楽しんだり犬の散歩をする人も。

Kasai_7

東なぎさは立ち入り禁止で鳥の楽園となっていた。

Kasai_8

初心者には鳥の姿がとらえられず高倍率の双眼鏡で見せていただいた。ダイシャクサギ、アオアシサギ、オバシキ確認。

Kasai_10

12時、海の景色を眺めながらお弁当。

12時半からまた池の方向へ。思いのほか気温が高くちょっとダウン気味だったので列から離れた。

ところが鳥類園で水分補給したらまた元気に!

道の両側に設けられた「観察窓」から鳥を楽しんだ。

Kasai_3

Kasai_4

Kasai_5

Kasai_1

一時間予定より早く3時帰宅。

今日見た鳥:オオタカ・ダイサギ・ダイシャクシギ・アオアシシギ・オバシキ・ユリカモメ・ミサゴ・シジュウカラ・キジバト・チュウサギ・アオサギ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧