ペット

June 11, 2019

カワトンボ

朝起きると昨夜と打って変わっていいお天気だった。Sophia_06

朝食後蛍を見るはずだった川へ散歩に行った。


Sophia_04

なんとかわいらしい赤い羽根のトンボが飛んでいた。帰宅後調べてみたら「二ホンカワトンボ」の♂ということが分かった。


Sophia_09

こちらは「二ホンカワトンボ」の♀。
Sophia_07

そしてこの羽根の上の方に赤い色がついているのが「アサヒナカワトンボ」の♂。


蛍は見ることはできなかったがカワトンボに出会えた。

| | Comments (0)

May 15, 2019

ゴイサギとカワセミと猫

四谷地域センターの「ストレッチ教室」の帰り御苑へ。
Birds_000ゴイサギが1羽遊んでいた。
Birds_001何か見つけたらしく池の中を歩き始めた。
Birds_002カワセミが飛んできた。
Birds_003ところが先日も見かけた三毛猫が!
Birds_004カワセミが飛んでいきゴイサギ残念そう。

今日の川柳

「夫源病 忘れ女子会 盛り上がる」

「貯めこんだ 香水 すでに香り失せ」

「夫不在 人生急に 忙しい」

| | Comments (0)

January 20, 2019

日本野鳥の会:明治神宮探鳥会

8時15分頃北参道門に着くと既に20人くらいのウォッチャーが集合していた。

受付を済ませてから先生に先日箱根芦ノ湖畔で見たお腹の赤い鳥の写真を見せ「アカハラ」でしょうか?と尋ねると「イソヒヨドリ」とのことだった。

Hakone_05

それも比較的珍しいオスであると教えていただいた。メスは茶色っぽいらしい。普通は磯にいるが最近は山奥にも出没しているらしい。

Birdwatching_02

Birdwatching_01

明治神宮は樹木の隙間なく木が成長しているが去年の台風であちらこちらで大きな木が倒れている。上の写真は以前は大きな木があったところにぽっかり空間が…この空間をギャップと言うとのこと!

Birdwatching_03

さて鳥は北の池でアオサギ。

Birdwatching_05

これは?

Birdwatching_08

コゲラ

Birdwatching_09

シジュウカラ

Birdwatching_11

Birdwatching_10

西御門から本殿へお詣りして御苑へ入った。

Birdwatching_16

池は水が少なく少しく凍っていた。

Birdwatching_07_01

御苑ではヤマゲラ。

Birdwatching_17

東屋裏の広場でまとめ。今日は22種の鳥を観察したと報告された。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 02, 2019

諏訪湖の鳥たち

Kさんさんと日帰りバスツアーに参加。朝6時45分新宿コクーンタワー前集合。バスの席は一番前だった。どうやら申し込みが一番だったらしい。

まず諏訪湖へ行き鳥たちを観察。

Birds_02

ひなたぼっこの鴨たち。

Birds

こちらは雪の上で滑って遊んでいた。

Birds_01

D51に乗るのかな?

Birds_03

と思ったら飛んで行ってしまった。

Birds_04

Birds_06

白鳥が2羽シベリアから・・・

Birds_07

今年は湖面が少しも凍っていないようで御神渡りはまだ見られなかった!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 18, 2018

日本野鳥の会@明治神宮

朝八時半明治神宮北参道鳥居前集合。

Meijijingu_1

目の前に弓を持った方が歩いていた。今日は何か行事があるのかもしれない。

朝方火事があったということでパトカーが駐車し沢山の警官が・・・

色々な鳥の声がするけれど私は良く分からない。

Meijijingu_4

この木の左手の杭の上にいたカワセミだけは目視で確認。

アオジという鳥はカメラで撮ったもので確認。

Meijijingu_2

Meijijingu_3

ムクの実だそうだ。

Meijijingu_5

こちらはケヤキの実。初めて知った。

Meijijingu_9

植物に詳しい方も多くお話を聞くのが楽しい。

お仲間の一人の女性は手乗りリスを飼っていてクヌギのドングリの中から出てくるシギゾウムシの幼虫を集め冷凍しておいて餌としてあげているというビックリするようなお話も聞いた。

明治神宮本殿を横切り菖蒲田に入った。9月の探鳥会の時菖蒲田で見たキノコについてKさんに聞くと

Birdwatching_2

オリーブサカズキタケだとキノコの本を示しながら教えてくださった。

菖蒲田東屋近くで今日の反省会。90名近く参加と報告された。そして17種類の鳥を観察したそうだ!私が実際に見たのは鴨、アオジ、カワセミ、ハシブトカラス、スズメ、鳩位だった。

Meijijingu_11_2

Meijijingu_6

時節柄七五三のお祝いで参拝する家族も多かった。

秋空のもと気持ちよく1万歩を歩くことが出来た。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2018

探鳥会@葛西臨海公園

先週の日曜日に続いて2度目の日本野鳥の会東京支部の探鳥会に参加した。

Kasai_2

今日は葛西臨海公園10時集合。参加者は100名くらい。5・6人のリーダーが紹介された。

Kasai_11

公園の隣には2020年東京オリンピンクのカヌー・カヤック会場が建設中。

Kasai_1_01

京葉線からも見えるこの大観覧車は案内してくださった方が当初の方向を鳥の飛び方を考えて今の方向に決められたと話してくださった。

葛西渚橋を渡ると右手に葛西海浜公園となり西なぎさと東なぎさに分かれていた。

Kasai_9_2

Kasai_6

西なぎさは砂浜に入ることの制限はなく親子連れが貝拾いを楽しんだり犬の散歩をする人も。

Kasai_7

東なぎさは立ち入り禁止で鳥の楽園となっていた。

Kasai_8

初心者には鳥の姿がとらえられず高倍率の双眼鏡で見せていただいた。ダイシャクサギ、アオアシサギ、オバシキ確認。

Kasai_10

12時、海の景色を眺めながらお弁当。

12時半からまた池の方向へ。思いのほか気温が高くちょっとダウン気味だったので列から離れた。

ところが鳥類園で水分補給したらまた元気に!

道の両側に設けられた「観察窓」から鳥を楽しんだ。

Kasai_3

Kasai_4

Kasai_5

Kasai_1

一時間予定より早く3時帰宅。

今日見た鳥:オオタカ・ダイサギ・ダイシャクシギ・アオアシシギ・オバシキ・ユリカモメ・ミサゴ・シジュウカラ・キジバト・チュウサギ・アオサギ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2018

バードウォッチング@明治神宮

朝8時30分明治神宮北参道門集合。主催は日本野鳥の会東京支部。

60人を超える参加者だった。初めて参加したのは私を含めて10名足らず。

Birdwatching_18

鳥はなかなか見当たらず歩道上の落とし物の説明から始まった。白いのは尿酸だということだった。

Birdwatching_16

次の説明は木の根元に落ちていたというシュロでできた繊細な巣。作り主はメジロらしい。2年生が興味深げにのぞきこんでいた。

森の中のキノコの話や木や野草の説明もしてくださった。

北池付近には色々なものが見られた。

Birdwatching_15

ミシシツピーウミガメ

Birdwatching_12

イシガメ

Birdwatching_11

カワセミ発見!♀とのこと。明治神宮での探鳥会としては久しぶりだそうだ。

Birdwatching_13

このエゴノキにはヤマガラが実を取りに行ったり来たりしていた。

Birdwatching_9

北池の奥ではコゲラが池の上を行き来し

サンコウチョウは水の中にジャンプして餌を取っていた。

Birdwatching_10

アキアカネが羽根を休めていた。西日本でペレット状のネオニコチロイド系の農薬を使い始めてからアキアカネが激減したという話は衝撃的だった。

オオヤマトンボ、ウスバキトンボも芝生で乱舞。

Birdwatching_6

彼岸花が一輪。誰かが埋めたのだろうか?

Birdwatching_5

明治神宮は友引の今日結婚式が沢山あるそうだ。

菖蒲田へも!

Birdwatching_2

透明で美しいキノコ。

オオタカが上空を飛ぶのも見ることができた。

最後に東屋近くで観察したもののおさらい。14の鳥を観察したそうだ。

私は分からないままにバードウォッチング会に参加したが楽しかった。11時半解散。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

August 04, 2018

新宿御苑「夜の森たんけん」

新宿御苑・母と子の森自然教室「夜の森たんけん」にお申込みいただき誠にありがとうございました。厳正に抽選させていただきました結果、ご当選されましたのでお知らせいたします。

メールが来たのは6月だった。それから約2ヶ月。夏休みに入った孫たちを連れて「夜の森たんけん」に出かけた。30名くらいのお仲間とをサポートしてくださるボランティアの方12名そして御苑の方10名に守られて2班に分かれて5時半まだ明るい母と子の森へ。こういう企画は5年ぶりだそうだ。

Night_5

木に登る青大将。青大将は青いのかと思ったら子供はこんな色らしい。

Night_2

Night_3

Night_4

子供たちが大好きなカブトムシやクワガタムシも

Night_1

玉虫は御苑では珍しいとのこと!

持参した夜の食事はインフォメーションセンターでいただいた。

30分休憩後とっぷり陽も落ち真っ暗な正しく「夜の森たんけん」へ出かけた。

今度はセミの羽化を見学。

Cigale_1_01

ラクウショウの根に羽化中のセミ。

Cigale_4

こんな珍しい姿も。

Cigale_3

Cigale_2

Cigale_1

8時15分解散。ムシムシと暑かったが有意義で楽しい宵のひとときだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 09, 2018

ニイニイゼミ

朝ルーフガーデンに行ったらコンクリートの上に小柄なセミを見つけた。もちろん既に死んでいた。つい2・3日前セミの鳴き声を今夏初めて聞き本格的な夏が来たと思ってはいたが・・・

調べてみるとこのセミはニイニイゼミであること。

オスが鳴くのはメスを呼ぶための求愛行動。 オスとメスの違いはお腹側で判別できる。 成虫のオスはお腹に腹弁(ふくべん)が2つ対である。 腹弁(ふくべん)は蝉(セミ)が鳴くための発音器の一部です。 メスには腹弁などの発音器の代わりに卵を産むための器官がある。 またメスのお尻の先には細長い産卵管がついている。

おなか側を見たら腹弁(ふくべん)があったのでオスであるということもわかった。

Semi

今度は花の上においてあげた。

4時半Nさんが来宅。先日来取り組んでいるポーチの仕上げを手縫いで仕上げる方がきれいにできると教えてくれた。

Poach_1

写真左から作った順番。時間はかかるが手縫いはキレイに仕上がった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2018

ツマグロヒョウモン旅立ち

屋上のテーブルに飼育槽の蓋を開けて様子を見ているとツマグロヒョウモンはしばらくジッとしていたがそのうち3匹はどこかへ飛んで行った。

Butterfly_5

Butterfly_1

Butterfly_3

Butterfly_4

生まれたばかりのチョウはすぐ飛ばないのでニゲライスタンブールにつかまらせてあげたらじっとしていた。

今日は午後から東中野BCへ。そこでなんと10数年前カリフォルニアでのACBLでのブリッジ大会でご一緒した方に遭遇した。その方のことを昨日SpaLaQuaでの仲間内で話題になっていたのでより驚いた。大正10年のお生まれだとのこと!ブリッジっていつまでも楽しめるのだなぁと感嘆した。

帰宅して屋上に行ってみたら既にチョウはいなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧