« 柿 | Main | BBOチーム戦 »

October 14, 2020

岡本太郎と日本近現代美術史

春原先生の講座も今日が最終回。今日のテーマは1964→2021 東京オリンピックから《明日の神話》へだった。私にとっては今日が一番面白かった。副題がー岡本太郎と「渋谷」から知る日本の美術史だったからだ。まず渋谷駅の構内にある彼の壁画《明日の神話》の話から始まった。これはもともとはメキシコのホテルのオーナーが新設予定のホテルのロビーに岡本の壁画を依頼。完成したがホテルはオープンしないことになり一時はこの壁画も行方不明だったようだ。ところが岡本のパートナーが岡本の死後メキシコに赴き倉庫で発見。彼女の死後日本に持ち帰られ一旦は現代美術館に保管されたようだがやはり屋外の方が良いということになり募集し「広島」「大阪」「渋谷」が立候補。人通りが多い「渋谷」に決定したといういきさつを説明された。1日に30万人がそのまえを通るという渋谷駅はやはり一番いい場所だと私も思った。次回これを見るのが楽しみだ。
また懐かしい1964東京オリンピックの時に使われたポスター、切手などのデザインについても色々と伺った。

Tokyo1964
次回は渋谷の昔についてのお話を是非伺いたい。

|

« 柿 | Main | BBOチーム戦 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 柿 | Main | BBOチーム戦 »