« 岡本太郎と日本近現代美術史 | Main | アベノマスクリメイク第2弾 »

October 15, 2020

BBOチーム戦

午後からBBOの24ボードチーム戦。パートナーとのビッドミスアンダースタンディングが多発し29:41で負けてしまった。ビッドシステムはうまく行くときは良いのだがうまく行かないときはビッドが決まりパートナーのハンドを見ると「アララ~」と言うことになる。

1964年、東京オリンピックの組織委員会の方が岡本太郎に会った時に100m走の依頼ですか?と言ったそうで「400mとかマラソンならちょっと無理だけれど100mなら走れる。」と岡本が言ったという逸話が彼の「挑戦するスキー」という本の序文に書かれていると春原先生が話された。何分の1秒を争うより「オリンピックは参加することに意義がある。」とのことはもっともな話だなぁと皆納得した。組織委員会は競技への参加依頼ではなく参加記念メダルの依頼だったようだけれど・・・

ブリッジクラブでの試合には出ていない私にとってオンラインのブリッジの試合は参加することに意義があると心得るべきなのだろうか?

Flyingsaucers_20201015200401
我が家のフライングソーサーズは終わってしまったが近くのマンションに見事に咲いていて慰めてくれた。

|

« 岡本太郎と日本近現代美術史 | Main | アベノマスクリメイク第2弾 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 岡本太郎と日本近現代美術史 | Main | アベノマスクリメイク第2弾 »