« 白花タンポポ | Main | ”EXERCISE” »

October 20, 2020

鬼滅の刃「無限列車編」

鬼滅の刃はジャンプ連載以来ものすごい人気だということは聞いていたがマンガを見たこともなかったのに突然映画を見た。時は大正。炭を売る少年炭治郎はある日鬼に家族を殺されてしまう。その復讐のために”鬼狩り”の道を歩むという話の様だ。

Balt91021_01
今回見た「無限列車編」は猛スピードで走る狭い列車の中が舞台。分からないままドンドン話が進み鬼狩りの『炎の呼吸』を使う剣士カッコいい煉獄杏寿郎が中心となって鬼狩りが始まる。正義感に溢れ、その強さと行いから大きな信頼を得ていた人物で鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。ところが話の最後に上弦の参:猗窩座(あかざ)という鬼に殺された.。死ぬことはないだろうと最後まで思っていたのに・・・また復活ということもある?

Balt91021_
作者は吾峠呼世晴。なんと読むのかな?と思ったら映画館の入り口でもらった小冊子に「ことうげ こよはる」とルビが打たれていた。

|

« 白花タンポポ | Main | ”EXERCISE” »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 白花タンポポ | Main | ”EXERCISE” »