« 国立競技場 | Main | マダコ »

July 24, 2020

「パイナップルのなかま」展

四谷図書館の帰り新宿御苑へ「オオタカ」を探しに・・・。ところが巣のまわりには10人近くのカメラマンがいたが今日はまだ見ていないとのことだった。

新宿御苑の温室に「パイナップルのなかま」展へ。

11属約100種のパイナップル科の植物を栽培しています。ほとんどのパイナップル科の仲間は着生(木や岩につく)で、自生地の環境によって栽培方法も色々変わります(例えば日光が好きなものや水を嫌うものなど)。乾燥に耐える種類が多く、葉の基部が重なり合い貯水槽を形成し、中に水を貯めることができます。一度花が咲くとその株は枯れてしまいますが、同時に基部の芽が生長していきます。パイナップルの仲間は南米原産のものが多く、日本では冬場に加温が必要となります。着生のものが多いので、植え込み材料は水はけの良いものを使います。パイナップルの仲間は春先から生長をはじめて、夏に花が咲き葉や花の形、色、大きさもさまざまで面白いです。
Pineapple0724
色々なパイナップルの展示を楽しんだ。
Ananas0724_04
パイナップルは一度花が咲き実るとその株は枯れてしまい根元の芽が成長するらしい。KYさんからいただいた2個のピンクパイナップルの1個からは二つ芽が出たので3つの鉢に植えた。去年も同じように育てたが家の中に入れず外に出しっぱなしだったので枯れてしまった。今年こそ!


夜 鳩森神社で行われた千駄ヶ谷盆踊り大会2020に参加。今年はオンライン(you tube とZOOMで配信)で盆踊り! 

|

« 国立競技場 | Main | マダコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 国立競技場 | Main | マダコ »