« ショウジョウトンボ | Main | タシロラン観察 »

June 24, 2020

準絶滅危惧種: タシロラン

朝宝物館前で体操をしていると目の前にネジバナが芝生に密生していた。

Meiji0624
帰り道に珍しい植物に出会った。
Meiji0624_02
タシロラン。明治神宮の参道の枯れ葉はすべて自然へ戻すためこういう植物を見ることが出来る様だ。

タシロラン(田代蘭)  (ラン 科トラキチラン 属) 常緑樹林内に生える葉緑素を持たない腐生植物。地下茎は浅く横に伸び楕円形の塊茎から花茎が出まる。森の落ち葉の中などにごく稀に生え、根は塊根。緑の葉はなく、花は白、わずかに黄褐色を帯びる。毎年花が出るとは限らない。明治39年長崎で田代善太郎が発見して命名。 タシロランは ギンリョウソウ や ショウキラン と同じ、腐敗した枯葉などに育つ菌類から栄養をとる腐生植物の仲間。 環境省のレッドデータブックでは、準絶滅危惧種(NT)花は、咲き始めは下向きであるが後に上を向くようになる。

体操行くのが楽しみ!

|

« ショウジョウトンボ | Main | タシロラン観察 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ショウジョウトンボ | Main | タシロラン観察 »