« May 2020 | Main | July 2020 »

June 2020

June 30, 2020

箱根旅行③

朝"UNO"を遊んだ。

Hakone0630
今日は鹿は見当たらず!
登山電車が開通していないのでタクシーで箱根湯本へ。
小田原の「きみのそば」でいつもの桜エビ蕎麦をいただきロマンスカーで帰宅。

| | Comments (0)

June 29, 2020

箱根旅行②

今日は雨も落ちずウグイスやほかの野鳥の声も絶えることなく森の中から聞こえた。

Deer0629
夕刻ふと外を見ると鹿がやってきていた。まだ若い鹿でなんとも可愛かった。

| | Comments (0)

June 28, 2020

箱根旅行①

19日から都道府県をまたぐ旅行の自粛解除となったので友人たちとの箱根旅行を再開。

Hakone06
午後二時通された3階の部屋から眺めた箱根の山々は霞んでいた。

久しぶりの5人の会話は夜11時過ぎまで途絶えることなく続いた。

| | Comments (0)

June 27, 2020

鯵料理

4時過ぎ横浜沖で釣ってきたという鯵をKakkunが届けてくれた。

Namero0627_01
あまりにも大漁だったので半分は漁師に置いてきたと言っていたが鯵は二十数匹イシモチもあった。
早速捌いて調理。
Namero0627_02_20200816084301
私は鯵のフライ、イシモチの煮物、鯵の塩焼き、Kakkunはナメロウ係。鯵のフライはギャル曽根風に魚をマヨネーズを絡めておいたものにパン粉をつけてグリルで焼くというもの。生パン粉がなかったのでちょっと焦げてしまったが美味しかった。

全部美味しかったことは言うまでもないが青背の魚に多い血中脂質バランスを整えてくれるEPAやDHAを久しぶりに沢山取ることができ良かった。

| | Comments (0)

June 26, 2020

アガパンサス

大通りのアガパンサス満開になった。
Jingu0626_01
「アガパンサス」はギリシャ語のagape(アガペ 愛)とanthos(アントス 花)の2語の組み合わせらしい。 何時ものように体操を終えて5人でおしゃべり。私は明治神宮にはあまり来たことがなかったので知らなかったがタシロランは毎年ここには咲いていると皆話していた。東京では皇居と明治神宮で今咲いているとも・・・ 紺色のロングアームカバーでマスク作ろうと思ってyoutubeを眺めると昨日の白いマスクは裏返しに縫っていたことに気づいた。
Mask0626
白いのは上下をほどいてレースをかぶせ作り替えた。

| | Comments (0)

June 25, 2020

タシロラン観察

マスクも作り飽きてきたなぁと思ってもyoutubeに面白そうなマスクがアップされるとついついその気になってしまう。

Mask0625_01
今日作ったのは48㎝のメッシュアームカバーでできるマスク2個。6枚カットし3枚づつ縫い合わせる。横から空気が入るようになっているので夏向き。縫うところが少なくすぐできた。

午後雨が上がった。

Tashiroran0625
タシロラン観察へ。よくよく見ると沢山咲いている。

French0625
明治通り沿いのレストラン~Bistro d’Artemis~オープンしているようだ。店の前の柑橘系の木はレモンー今流行りの「檸檬」ーだった!

| | Comments (0)

June 24, 2020

準絶滅危惧種: タシロラン

朝宝物館前で体操をしていると目の前にネジバナが芝生に密生していた。

Meiji0624
帰り道に珍しい植物に出会った。
Meiji0624_02
タシロラン。明治神宮の参道の枯れ葉はすべて自然へ戻すためこういう植物を見ることが出来る様だ。

タシロラン(田代蘭)  (ラン 科トラキチラン 属) 常緑樹林内に生える葉緑素を持たない腐生植物。地下茎は浅く横に伸び楕円形の塊茎から花茎が出まる。森の落ち葉の中などにごく稀に生え、根は塊根。緑の葉はなく、花は白、わずかに黄褐色を帯びる。毎年花が出るとは限らない。明治39年長崎で田代善太郎が発見して命名。 タシロランは ギンリョウソウ や ショウキラン と同じ、腐敗した枯葉などに育つ菌類から栄養をとる腐生植物の仲間。 環境省のレッドデータブックでは、準絶滅危惧種(NT)花は、咲き始めは下向きであるが後に上を向くようになる。

体操行くのが楽しみ!

| | Comments (0)

June 23, 2020

ショウジョウトンボ

雨降りなのでホーム!へ。
Gyoen0623対阪神戦なんとか頑張ってほしい。
午後から雨が上がったので図書館へ本を返却に出かけた。
途中の新宿御苑で金色に輝くトンボを見た。

Gyoen0623_02
どうやらショウジョウトンボが脱皮してすぐの状態だったようだ。何時真っ赤なショウジョウトンボに変身するのだろう。
中の池のほとりでは二つの真紅の花が目を引いた。
Gyoen0623_04
アメリカデイゴ
Gyoen0623_03
サンゴシトウ
今日もマスク作りした。
Mask0623
息苦しくないといいけど・・・

| | Comments (0)

June 22, 2020

今日もシャワー

6時近くルーフガーデンではマルバアサガオが美しく咲いていた。

Rainyday_01
紫絞りとピンク色の地色に5本の濃いラインが入るもの。

朝の散歩道では少し曇っているけどまぁ7時ごろまでは持つかな?と思い傘を持たずに出かけた。芝地を歩くと「ホ~」という独特の鳴き声があちらこちらから聞かれた。ウグイスだ!と嬉しかったが「ホーホケキョ」とはまだ聞かれなかった。

Rainyday
体操会場の宝物館の前にはスズメが沢山。それもまだ小雀が何かついばんでいる!

体操終わり友人たちとおしゃべりしながら明治神宮を後にした。ところが明治通りを渡るころにはポツポツ雨が落ち始めた。昨日ほどではなかったが今日も降られてしまった。

| | Comments (0)

June 21, 2020

ブルーセージ

今日の「おはよう体操」は突然の大雨で帰りはシャワーを浴びたようになってしまった。

Painduquaijo0621
でも朝はタピオカ粉でパンデケージョを!

YUKIさんにもパンデケージョをあげると言ったら中庭に咲くアナベルを持ってきてくれた。

Annabelle0621
今まで活けてあった花びんにブルーセージをアナベルに変えようと思ったらなんとブルーセージに根が一杯出ていた。これは5月初めご近所のマンションの花壇に植えられたいたブルーセージ。
Bluesage05_20
5月半ば過ぎから花穂が長くなり青紫の花が咲き成長を楽しみにしていた。

ブルーセージは、北アメリカ原産のシソ科の多年草。5~11月に長い穂状の青紫の花が次から次へと咲く。6~7月に切り戻しをすると秋に花がよく咲く。

ところが6月の初め通りかかるとなんと既にバッサリ切り戻され周りには切ったものが残っていた。一輪いただき花びんに差しておいたものだった。

| | Comments (0)

June 20, 2020

ドミノ と ラミーキューブ

今日は昨日と打って変わって青空!

Meiji0620
マルバ朝顔があちらこちらで色々と咲いてきた。
Meiji0620_02
明治神宮にお詣りした後北池へ。カイツブリが待っててくれた!
Meiji0620_04
体操を終えて太鼓橋の上から北池をのぞくとカメが歩くように泳いでいた。

お昼のお祝い会の後ドミノとラミーキューブで遊んだ。ドミノはまぁまぁだったがラミーは久しぶりだったので手作りが今一つ!みんな楽しめたかな?

| | Comments (0)

June 19, 2020

白花ブラシの木

朝ベランダの水まきをしていると通りのビル1階店舗の庭に白い花が咲いている木が見える。

Furnish0619_01

ウェブサイトで検索してみた。
別 名: 白花品種は「マキバブラシノキ(槙葉ブラシの木)」、赤い花のブラシの木は「キンポウジュ(錦宝樹)」、
学 名: Callistemon speciosus(syn. Callistemon glaucus)
渡 来: 明治時代の中期
原 産: 西オーストラリア州の南西部
分類名: フトモモ科 ブラシノキ属
備 考: ブラシの毛のように見えるものは雄しべである。
枝先に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、ブラシのような花穂

Whitered
赤花のブラシの木は新宿御苑で見たことがあったが白花は初めて見た。
Dietes0619

Furnish0619_03
この二つの花も珍しい。
Yellopurple
一般名はディエテス・ビコロル(Dietes bicolor)と呼ばれる南アフリカ原産のアヤメ科ディエス属の半耐寒性常緑多年草だそうだ。
Furnish0619_04
ブラジルで良く見たフェイジョアもある。
先日お店の方にお庭の植物の名前について尋ねたが分からないと言われた。このお店はGENERAL FURNISHINGS & CO. というもともとはOnline Shopで食器をはじめとするオリジナルアイテムと国内外を問わず独自の視点でセレクトしたアイテムを展開するインテリアブランドショップ。前庭の珍しい植物の数々は植木屋さんのお好み?らしい。

夕刻 厚生労働省が発行したCOVID-19接触確認通知アプリをスマホにインストール。

| | Comments (0)

June 18, 2020

キノコ

梅雨の曇り空の下を歩くとむ~っとした湿気の中に香りを感じた。参道横を眺めるとキノコが・・・

Kinoko00

Kinoko_03

Kinoko_04

Kinoko_07
名前は不明。あの香りはキノコたち?
Sparrow0618
体操終わり「また 明日!」

| | Comments (0)

June 17, 2020

手しごとの記憶

今朝のマルバアサガオ。

Aizomet0617_01
お隣の紫マルバと一緒になっちゃった?青目絞り。
Aizomet0617
梅雨の晴れ間の青空一杯を仰ぐ「おはよう体操会」
Aizomet0617_02
体操会でお知り合いになったマリコさんの藍染め展が今日から原宿積雲ギャラリーで始まった。
Aizomet0617_03
帰りにバンダナを購入。今日は2分割マスクを作った。

| | Comments (0)

June 16, 2020

七十二候「梅子黄」

一年を72に分ける七十二候、今日16日からは「梅子黄(うめのみきばむ)」今年は各地で梅雨入りが発表され、全国的に雨の季節。「梅雨」という言葉の由来は、梅の実が熟す時期の雨という意味から名付けられたそうだ。

Ume0616
新宿御苑玉藻池近くの梅園の梅の実。
Karugamo0616
中の池のカルガモ親子。
Kaitsubuir0616_01
今日の「おはよう体操会」で出会ったカイツブリ。

| | Comments (0)

June 15, 2020

マルバ朝顔

今日も雨かな?と屋上に上がってみると曇り空ではあるけど雨粒は落ちていなかった。

Jingu0615_04
マルバ朝顔が咲いてきた。色別に鉢を分けたつもりだったが・・・
Jingu0615_02
3日ぶりに見たカイツブリの子供たち。
Jingu0615_03
黄金のカメも健在。
Bookmark0614
昨日借りてきた今森光彦氏の写真集「オーレリアンの庭」「心地いい里山暮らし12ヶ月」ペーパーカットアーティストでもある氏の「里山の切り絵」四つ葉の栞を挟むこともなく一気に読んだ。

| | Comments (0)

June 14, 2020

アカンサス・モリス

三井ホテルの前にシックな花アカンサス・モリスが・・・

Gaien0614_03
この大きな葉がウィリアム・モリスの壁紙にもデザイン化して良く使われている。イングリッシュガーデンでもよく見る。
Gaien0614_01
外苑 聖徳記念絵画館裏に明治天皇「葬場殿跡」があるがその横の駐車場にチョウセンゴヨウの松ぼっくりがどっさり散らばっていた。
今日も「外苑体操会」へ。20分の体操で身体が目覚めた。
午後から新宿御苑経由でweb経由で図書館へ予約していた本を取りに行った。もちろん館内には入れず1階のロビーで順番待ちの列に並び待った。1時間ごとにカードの末尾番号で受け取りが制限されている。
Gyoen0614_01
新宿御苑のTwitterでサービスセンター近くに「クリナムのなかま」があるとあったので見てきた。彼岸花科とあったけど白百合のようだった。

| | Comments (0)

June 13, 2020

NEVER STOP

朝から雨!

Gaien0613
聖徳記念絵画館前の広場にも運動する人はいなかった。
Gaien0613_01
今日は神宮球場へ。ヤクルトスワローズの2020シーズンのチームスローガン「NEVER STOP 」の幕を眺めながら体操。今の世界中の人たちののCOVID-19と「辛いことや苦しいこと、色々な思いがあるけど常に前を向いて闘っていこう」というメッセージのようにも思えた。
Tampopo0506白花タンポポの育て方を加藤先生から教えていただき5月6日プラスティックケースに蒔いた。
Tampopo05_31なかなか発芽しないので諦めていたらなんと5月31日、発芽しているのを発見!
Tampopo0613今日はポットに植え替えた。

| | Comments (0)

June 12, 2020

カメの産卵

今朝北池芝地へ行くとカメが一匹歩いていた。

Kame0612_01
あら間違えたのかな?と皆で話していたら一人の女性がこれはカメが産卵のため陸地に上がって来ているのだと教えてくれた。
Kame0612
芝地中央のさざれ石がある。これは国家の「♪さざれ石の~♪」の由来となった岐阜県の山中から採取され明治神宮に寄贈されたと書かれている。
Kame0612_02
昨日はこの石の根元に穴を掘っていたが人間の声が気になり未遂になったようだとも!
折も折今日はTVでオーストラリア北東部にある世界最大のサンゴ礁グレートバリアリーフのレイン島で、産卵のために何万匹ものアオウミガメが集まっている様子がドローンを使って撮影された映像を見た。
Jingu0615同じ芝地にある神宮のパワースポットの一つ「亀石」の方が池に近いがこちらでは産卵しないのだろうか?

| | Comments (0)

June 11, 2020

明治神宮 菖蒲田

天気予報では今日から関東地方も梅雨入りとのことだった。

Jingu0611_08
朝 体操教室へ参加した時には空にはきれいな雲が沸いていた。
明治神宮のウェブサイトの花菖蒲開花状況を見ると6月10日は4147輪開花とあった。
9時少し前御苑北門へ。
Jingu0611

Jingu0611_05

Jingu0611_01

Jingu0611_04

Jingu0611_07
花菖蒲もきれいだったが北門近くの芝生で見た3弁の紫色の花がステキだった。帰宅してググると「チリアヤメ」別名は「ハーベルチア」アヤメ科の多年草。とても存在感があった。

| | Comments (0)

June 10, 2020

明治神宮北池

気温が上がり手元のマスクをつけると苦しくなり中に「冷えピタ」などを入れてつけていたがもっと涼しいのがないかな?とユーチューブを見ていたら真ん中にノーズワイヤーを入れるマスクが流行っていることがわかった。昨日午後早速作成。

Nosemasuku0610
裏布にはエアリズムのシャツを切り使い表布はブルーの方が麻、グレーは木綿を使った。
今朝はこのマスクをつけて明治神宮へ。
Jingu0610_14
木漏れ日が美しい。
お詣りの後は宝物館前北池へ出た。
Jingu0610_10
このカメの背中は金細工のような・・・
Jingu0610_09
池に写る可愛いコはだぁれ?
Jingu0610_11
お母さんは忙しい。
Jingu0610_02
私たちも!
体操していたらやはりマスク苦しかった。


| | Comments (0)

June 09, 2020

カメとトンボ

太鼓橋から北池を覗くと

Jingugyoen0609
カメが沢山いた。以前北池が干上がる前はミシシッピアカミミガメがいたけどこれは「クサガメ」?
Jingugyoen0609_02
北池中央にはカイツブリの幼鳥が日光浴。
お昼近く新宿御苑へ行った。
Jingugyoen0609_06
下の池の亀にすごまれた。
Jingugyoen0609_08
オニヤンマ
Jingugyoen0609_09
シオカラトンボ
Jingugyoen0609_10
コシアキトンボ
Jingugyoen0609_13
千駄ヶ谷門近くのナツツバキ満開。
いよいよ夏。気温が上がりマスクが苦しい!

| | Comments (0)

June 08, 2020

奉納盆栽展

今日はまず明治神宮にお詣り。

Jingu0608_01
境内に日本水石協会の盆栽が展示されている。
Jingu0608
樹齢250年の五葉松。名前は「舞扇」。実物はなかったが現存する日本で今一番古い五葉松は徳川家光の愛蔵品と書かれていた。また今盆栽は日本人だけでなく外国人の間でも”BONSAI"として注目を集めているということも・・・
6時20分北池到着。カイツブリを眺めた。
Jingu0608_02

Jingu0608_03
この二羽元気に喧嘩?していた。

| | Comments (0)

June 07, 2020

コシアキトンボ

今日も少し早めに明治神宮北池に行くと既に一人のカメラマンがカイツブリを眺めていた。

Meiji0607

明治神宮探鳥会にも参加したことがあると話しカイツブリを眺めながら鳥談義。
午後新宿御苑へ散歩。

Koshiaki0607

日本庭園の上の池には珍しい「コシアキトンボ」が群れ飛んでいた。

Tombo0607_1

体は黒い色をしているが、お腹の上部だけ白い。その様子が、腰の真ん中だけあいているように見えることから「コシアキトンボ」と名付けられたらしい。

Gyoen0607_01

ツツジはそろそろ終わり。

 

| | Comments (0)

June 06, 2020

カイツブリとアオサギ

昨日Tリーダーに伺ったカイツブリを見ようと今日は6時前に家を出た。

Grebe0606_04

Grebe0606_07
北池の対岸に近いかなり遠いところにカイツブリがエサを取っていた。でもほどなく枯木の中に隠れてしまった。
諦めて芝生広場をあがろうとしたら
Heron0606
目の前にアオサギが飛んできた。
Heron0606_01
悠々と歩く。
Heron0606_02
初めて間近に見た。
おかげで楽しく体操もできた!

| | Comments (0)

June 05, 2020

銀杏

明治神宮には沢山の銀杏の木がある。

Gingoginkgo0605
一部は畑のようになっている。
Gyoen0603_03

Ginkgo0605_1
体操後東御門から入り本殿へお詣り西御門から北参道へ。
バッタリ「明治神宮野鳥の会」のTリーダーにお会いした。北池にカイツブリの親子がいるそうでそれを見に来たとのことだった。「野鳥の会」再会は9月と話された。

| | Comments (0)

June 04, 2020

ヘラオオバコ

明治神宮宝物館前の芝生広場で体操。空は曇っていたが気持ちの良い朝だった。

Heraobako0604_01

本殿へ向かう道すがらにみる野草 Kさんが「オオヘラバコ」という名前だと教えてくださった。
Jingu0603_06

名前を知るといっそう愛着が沸く。

午後外苑聖徳記念絵画館前の池へ。

Chat0604

カルガモを保護する予定だったというカゴは既に撤去されていた。ネコを助けて解放したとのことだったが背中を怪我していたとの情報も・・・心配!

| | Comments (0)

June 03, 2020

トックリバチの巣

明治神宮の太鼓橋の手前を左折して右手の奥まったところに神宮の杜 野外彫刻展「天空海闊(てんくうかいかつ)」船井美佐氏のステンレスの作品があった。

Jingu0603
《Paradise/Baundary/SINME》と名付けられ中には馬のようなデザインが見えた。
太鼓橋を渡り芝地には100名近くの人が準備運動中だった。ラジオ体操を含めて20分間 クローバーの白い花が満開の広場で気持ちよく身体を動かした。
Jingu0603_01
目の前には紅葉の若い芽がズラリ
Jingu0603_03
終わってからみんながツバキに蜂の巣があるというので見に行った。トックリバチの様!蜂が出てくるように突っつこうと思ったが止めた。子育て中かもしれない。

8時に帰宅。朝食を済ませ8時半歯科定期健診を受けに歯科クリニックへ。診察台の眼下に高速道路がありその奥は中央線や総武線が行き交っておりその向こうに新宿御苑が見晴らせる。新宿御苑へ行き確認したら桜園地辺りだった。そういえば桜の季節はここから桜が良く見える。

Gyoen0603_01
大好きなユリの木の花は終わりかけだった。

訂正:日本野鳥の会のKリーダーにハチの巣の写真をお見せしたところ「コガタスズメバチ」の巣ではないかとのこと。


| | Comments (0)

June 02, 2020

新宿御苑

緊急事態宣言が解除され明治神宮太鼓橋からも入場できるようになった。今日の体操は宝物館前の芝生広場。100名近く集まっていた。

Sagi0602
北池にはアオサギが遊んでいた。
午後から2ヶ月ぶりに開苑した新宿御苑へ。中の様子はTwitterで毎日報告されていたので大体は分かっていた。
Gyoen0602_06
レストハウス横のニワナナカマドの白い花が可愛い。
Gyoen0602_02
中央花壇横にはヤエドクダミが満開。
Gyoen0602_05
千駄ヶ谷門近くの桜が一輪待っていてくれた。
Peachpine0602
夕方Yさんから西表島のピーチパインが届いた。段ボールを開けるとほんのりピーチの香りがした。

| | Comments (0)

June 01, 2020

オープナー

2020年も半年が過ぎた。この半年早かったのが遅かったのかとにかく今日は6月1日。小雨降る中神宮外苑へ。

Gaien0601_02
雨天だったのでいつもの銀杏並木横の噴水広場ではなく神宮球場の庇の下での体操だった。今日は30名くらいの参加者だった。
帰りに聖徳記念絵画館前の池に猫チェックに行ったらなんと池でカルガモが悠々と泳いでいた。
Gaien0601
この間のカルガモ親子のお父さん?
午後、Mさんにもらった滑り止めシートを使ったオープナーを作成。
Opener0601_01
開けにくい瓶やペットボトルが簡単に開く。

| | Comments (0)

« May 2020 | Main | July 2020 »