« 明治神宮 | Main | ウォーキング »

April 20, 2020

船長の日記(ふなおさのにっき)

今朝ヨーグルトにきな粉をかけて食べていて急に思い出した。

最近テレビを見ることが多いが昨日NHKで見た漂流アドベンチャー4「漂流484日 船頭重吉の究極サバイバル」を見た。200年前に484日の漂流の後に船長の重吉がどうやって戻ってきたのかという彼の日記から作られたTVだった。

今から200年前、嵐に遭って太平洋を484 日も漂流した千石船の船頭・重吉。船はかじも帆柱もなくして操縦不能。飲み水も尽き、食料は積荷の大豆だけ。風と潮流任せの日々に乗組員たちは希望をなくし集団自殺を図る。さらに謎の病気が発生、全員が寝込んでしまう。そんな絶体絶命の危機的状況を、重吉はいかに生き抜いたのか?重吉の体験を記した江戸時代最高の漂流記・船長日記

大豆を炒ってそれをきな粉にしご飯にかけて食べていた。

素晴らしい番組だった。

Morningglory
朝顔は桜が終わったころ蒔くのだけれど種を買いに行くこともできないので抽斗の中のマルバの古い種を芽切りしてみた。

|

« 明治神宮 | Main | ウォーキング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 明治神宮 | Main | ウォーキング »