« 箱根旅行 | Main | 「天使にラブソングを」 »

November 28, 2019

組踊上演300年と能

午後3時から国立能楽堂大講堂で「組踊300年と能」がテーマの公開講座があった。講師は大城學岐阜大学教授。
受付でレジュメをもらった。

組踊は琉球王国の踊り奉行・玉城朝薫(たまぐすくちょうくん)が中国からの使者・冊封使(さくほうし)をもてなすため、琉球の故事や説話などの題材に薩摩や江戸で見聞きした能や歌舞伎などの芸能を融合させて独自の歌舞劇として士族の手により首里城で上演を重ね発展を遂げてきた。組踊が1719年に初めて上演されてから300年の記念となる今年に国立能楽堂で今日と明日見ることができる。

とのことだった。圧巻は第二部でモニターに映し出された「からくり仕掛け花火」面白く楽しく拝見した。

|

« 箱根旅行 | Main | 「天使にラブソングを」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 箱根旅行 | Main | 「天使にラブソングを」 »