« 筑波 | Main | 明治神宮探鳥会 »

November 16, 2019

「渋谷のまちから、地図感覚をみがく」

シブヤ大学の講座「渋谷のまちから、地図感覚をみがく」に応募したら「当選」今日は10時過ぎ社教館へ。

講師は「地理人」こと今泉隆行さん。7-8才にはもう地図を描いていたという根っからの地図がお好きな先生。今は新しく地図を作ってしまうこともなさっているとのこと!また地図により見た目が違うと「昭文社都市地図」「Google Map」「国土地理院」「Yahoo」「ゼンリン」「マピオン」「OpenStreetMap」などを比較対照しながら地図の面白さを話して下さった。

新宿駅から東京駅まで何キロあるかという質問を20名の生徒にした。私は10kmと答えたがそれは鉄道距離で正しくはというか「直線距離で6㎞」が正解だった。
12時過ぎ4班に分かれて千駄ヶ谷の街を歩くことになった。国立能楽堂の資料館で能狂言の資料の展示を見たり。

Gaya_01
与謝野晶子の新誌社後の碑を確認したり
Gaya
将棋会館に出前をしたことで有名だった今は閉店した「みろく庵」にも行ってみた。この建物が三角なのは土地が首都高と並行して走る都道414号線に買収されたのでは?との話も・・・

2時間後再集合してランチした場所や感じたことを発表した。

Gaya_02
私たち千駄ヶ谷4丁目担当A班のミッションは「駅から遠いのに、家よりオフィスビルばかり。一体どんな人がこの辺りに来るのでしょう?他の街にない個性はあるでしょうか?」というものだったがオフィスビルもあるが民家も点在し変わりつつある街という評価を下した。

夜は高田馬場BCで青森のゲーム「ゴニンカン」大会に参加。

|

« 筑波 | Main | 明治神宮探鳥会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 筑波 | Main | 明治神宮探鳥会 »