« ディリリとパリの時間旅行 | Main | 「円山応挙から近代京都画壇へ」 »

August 30, 2019

野生の瞬間 

恵比寿駅東口下車。

Ebisu1
ガーデンウォークを4-5分行くと恵比寿ガーデンプレイスへ。
Ebisu01

東京都写真美術館で嶋田忠さんの写真展「野生の瞬間」を30日見てきた。
海外で撮られた色鮮やかな鳥の写真もあったが私はやはり日本の風土に生きる鳥を撮ったものがいいなぁと思った。北海道で撮られた顔が白く長い尾黒いシマエナガが可愛い。野生の鳥の生態や行動を熟知してその中から自分の思うところの瞬間を胸をときめかせて撮影しているその醍醐味が見ている私に伝わって来るような写真展だった。


今日は午後から国立能楽堂で公開講座受講。大衆芸能である歌舞伎・狂言・落語・講談に登場する博奕の話。講師は落語作家の小佐田定雄氏。博奕の起源は「日本書記」に天武天皇が西暦685年に「大安殿(おおあんどの)におわしまして、大卿(おおきみ)たちを殿の前に召して博偽(はくぎ)せしむ」との記述があるとのこと。博というのはさいころを振るということらしい。
江戸時代に入るとサイコロや独楽博奕、花札を使った賭博が盛んになり現在でも大衆芸能で賭博をしているシーンをモニターに写しだして見せてくださった。

|

« ディリリとパリの時間旅行 | Main | 「円山応挙から近代京都画壇へ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ディリリとパリの時間旅行 | Main | 「円山応挙から近代京都画壇へ」 »