« July 2019 | Main | September 2019 »

August 2019

August 31, 2019

「円山応挙から近代京都画壇へ」

東京藝術大学大学美術館で「円山応挙から近代京都画壇へ」展をやってるから見に行こうとHSさんからお誘いがあった。あまり乗り気ではなかったが国立西洋美術館で「松方コレクション」もあることだし・・・とOKした。

Art

ところが鑑賞しだすとあまりの素晴らしさにハマってしまった。円山応挙は「万物の形を写して 気を移すべし」と動物や植物のすがたをありのままに描きながら日本人が昔から持っている心に合う「写生画」を作りあげたと書かれていた。
Peacock1応挙の作品はもちろんだが愛弟子だったという長澤蘆雪の「牡丹孔雀図」が良かった。この作品を所有する静岡県立美術館のホームページには以下のように書かれている。

蘆雪四十代初の制作と推定される本図は、応挙学習が基礎にあることはいうまでもない。しかし本図は静的な応挙画とは対照的に動的であり、この点、蘆雪独自の絵画に発展している。たとえば、孔雀の羽根にかすれた墨線をそのまま残し、玉模様を意識的に変形させ、岩の描写には、蘆雪独特の水墨のにじみを生かした表現を見せている。こうした特異な形態感覚が画面全体に波及し、動感をもたらしているのである。 また、蘆雪の旺盛な好奇心が、本図の様々なモチーフを取り込ませていることも見逃せない。孔雀と牡丹以外に、キンケイ・文鳥・雀・ハッカ鳥・野バラ、空中や花にモンシロチョウ、さらに注意しないと見過ごしてしまうが、地面や花弁に米粒ほどの大きさでアリやクモまでを描いているのである。蘆雪晩年の秀作である。

一昨日見た嶋田忠さんの写真展「野生の瞬間」とは一味違いじっくり鳥の観察をしながら写生を繰り返し絵にしていることに感動を覚えた。

「松方コレクション」はさっと眺めてHYさんと御徒町で出会いランチ。Akiokaランチの後”2k540 AKI-OKA ARTISAN””を3人で歩いた。

 

| | Comments (0)

August 30, 2019

野生の瞬間 

恵比寿駅東口下車。

Ebisu1
ガーデンウォークを4-5分行くと恵比寿ガーデンプレイスへ。
Ebisu01

東京都写真美術館で嶋田忠さんの写真展「野生の瞬間」を30日見てきた。
海外で撮られた色鮮やかな鳥の写真もあったが私はやはり日本の風土に生きる鳥を撮ったものがいいなぁと思った。北海道で撮られた顔が白く長い尾黒いシマエナガが可愛い。野生の鳥の生態や行動を熟知してその中から自分の思うところの瞬間を胸をときめかせて撮影しているその醍醐味が見ている私に伝わって来るような写真展だった。


今日は午後から国立能楽堂で公開講座受講。大衆芸能である歌舞伎・狂言・落語・講談に登場する博奕の話。講師は落語作家の小佐田定雄氏。博奕の起源は「日本書記」に天武天皇が西暦685年に「大安殿(おおあんどの)におわしまして、大卿(おおきみ)たちを殿の前に召して博偽(はくぎ)せしむ」との記述があるとのこと。博というのはさいころを振るということらしい。
江戸時代に入るとサイコロや独楽博奕、花札を使った賭博が盛んになり現在でも大衆芸能で賭博をしているシーンをモニターに写しだして見せてくださった。

| | Comments (0)

August 29, 2019

ディリリとパリの時間旅行

昨日は暑気払いの後「ディリリとパリの時間旅行」を有楽町の映画館で見ようと思ったら満員だったので今日は恵比寿ガーデンプレイスの中のYEBISU GARDEN CINEMA で見てきた。アニメではあるけれどパリの景色がそのまま出てくる。主人公はニューカレドニアからやってきた読書好きな少女ディリリ。ベルグソン(画面下の訳はベルクソンとなっていた)は分からないと言っていたが私もウンウンと心でうなづいた!
映画は彼女がパリで出会った3輪車の荷物運搬人オレルと誘拐事件の謎を解く話。そしてまた事件解決にキューリー夫人やパスツール、ピカソ、マティス、モネ、ロートレック、マルセル・プルースト、サラ・ベルナールなどのパリのベル・エポック時代の天才たちが協力する。ディリリがその人達と会う度丁寧に"Je suis tres heureuse de vous rencontrer"(お会いできて嬉しいです)がふんだんに出て可愛い。

Ebisu
久しぶりに映画を見ると楽しくまた予告編に心動かされた。

| | Comments (0)

August 28, 2019

ワイワイ暑気払い

11時半暑気払い開始だったが10分過ぎにもうレストランの建物1階に着いてしまった。KOさんSKさんも既に到着。エレベーターがまだ動いてないとのことだった。その途端KOさんの「あら見たことある俳優さん」の言葉に通りを見ると男性の後ろにカメラを持った人がゾロゾロ。「J散歩」のJTさんが隣のお店に入るところだった。まだ時間があるので3人で「追っかけ」店のガラス窓越しにJTさんを眺めた。思いがけずこっちを向いて指サインを送ってきたので同じようなポーズでお返し。あれってアメリカの手話"I love you"の意味だったのかしら?11時半過ぎ14名全員集合スパークリングワインとジンジャーエールで乾杯。

Yylunch
今日のクイズ全問正解者は0だったが9問正解が3人も!ランチいただいた後3時近くまで楽しいおしゃべりタイムを過ごした。

| | Comments (0)

August 27, 2019

夏の野草

第4火曜日は代々木公園の樹木観察会。10時過ぎ原宿駅を降りると土砂降りの雨!今日は中止かな?とセンターに電話するとこちらはまだあまり降っておらず未定です、とのことだった!とりあえず傘を買おうとKIOSKへ行くと長蛇の列。諦めて竹下通りへ急いだが雨がひどくバス停で様子を見ることに・・・バスがやってきたのでそのまま乗車。最寄りのバス停で降りると太陽がのぞきカラっと晴れていた。

Clover_03
バス停近くの駐車場の片隅に夏草がいっぱい。樹木観察会ならぬ夏草観察会になった。

| | Comments (0)

August 26, 2019

地下鉄の通気口

昨日は1時間くらいNHK前のケヤキ並木にいたが違う方向から見ると

Yosakoi_12
なんと国立代々木競技場の向こうにドコモタワーが・・・

帰りに表参道アヴェニューへ。ここは今日は5時半まで通行止めされており片側車線が演舞もう片方はトラック用となっていた。参加100チームの内選ばれた50チームほどが踊るらしい。
Yosakoi_16

Yosakoi_15
内外老若男女の観客があふれていたが私が立った場所は涼しかった。というのは丁度真下に東京メトロ千代田線の鉄格子で出来ている換気口があり時々下から電車の音が聞こえ風が吹き出すからだった。


写真の師匠から一昨日アップした料理の写真についてのライントークが入った。Squid確かに白い色が汚いと料理がまずそうに見える。謝謝!

| | Comments (0)

August 25, 2019

原宿表参道元氣祭:スーパーよさこい2019

11時過ぎまず行ったのがNHK前ケヤキ並木通り。

Yosakoi_06
トラックの前にパフォーマンスをするチームの名前が書かれており続いてそのチームの踊りが始まる。
Yosakoi_10

Yosakoi_09

Yosakoi_07

Yosakoi_05

Yosakoi_04

Yosakoi_08
可愛い姿も・・・
Yosakoi_03

Yosakoi_02

Yosakoi_01

Yosakoi

Yosakoi_13

Yosakoi_14
踊りも素晴らしかったが衣装も工夫されており楽しかった。

| | Comments (0)

August 24, 2019

ヤリイカの煮物

今日は一日京葉BCでブリッジの試合だった。
部屋の中は空調があるのだが場所によって暖かかったり寒かったり・・・午前は3位。午後は2位に上がったが優勝はならず!
帰りにシャポーで買い物。
Squid_01TYさんにヤリイカの煮物の作り方を教えてもらったので作った。

レシピ:15㎝長の宮城県産ヤリイカ。スミと軟骨を除去して洗い2~3等分にする。茄子も3~4に輪切り。伏見トウガラシは種を取りこれも2㎝程度に。まずオリーブオイルを敷いたフライパンでナスと伏見トウガラシを炒め取り出す。そこへ酒、みりん、醤油だしを沸騰させたところへイカを投入軽く火を通しそれを皿に移しそのだしにナスとトウガラシをもどし茄子が柔らかくなるまで煮る。最後にイカを戻しオイスターソースを少し混ぜ入れた。

| | Comments (0)

August 23, 2019

フランス刺繍

お昼前新宿御苑近くのMOさんのお宅を訪ねた。
10月7日にする第3回手芸教室の作品を見せてくださりフランス刺繍のステッチーバリオンステッチ・デイジーステッチ・フライステッチ・チェーンステッチ・フレンチノットステッチを教えてくださった。


Napkin_02

フランス刺繍は久しぶりなのでちょっと戸惑ったけれど楽しかった。


Napkin_03

最後に周りを縫って完成!
午後は第8回源氏物語講座に出席。
光源氏の子、冷泉帝が天皇になったが天皇は自分が源氏の子と知り本来は源氏が天皇になるべきと悩むが結局源氏は上皇という立場になることで決着。光源氏は栄光の座を得るというクライマックス。面白くなってきた。

| | Comments (0)

August 22, 2019

スパ・ラクーア

MIさんと東京ドームのスパ・ラクーアへ。二人揃ってCut & Henaしてもらった。
あとはの〜んびり温泉につかった後はロビーで「さんマニア」。1勝2敗1分け。MIさんはゲームに強い。

Boat

夏休み中でもあり東京ドーム前は楽天イーグルスとロッテマリーンズの応援の人たちも多く若い人であふれていた。

Tapioka_01ドーム近くのローソンで今流行りの冷凍タピオカを買ってきた。お茶はHarumiちゃんから貰ったマレーシアBohのマンゴ風味ティー。はまりそう~!

| | Comments (0)

August 21, 2019

ファーブル先生の昆虫教室

日本野鳥の会主催の探鳥会に参加しているが夏場は鳥が少ないのでリーダーは昆虫の生態について説明してくださる。


今日は体操教室の帰り四谷図書館へ行きジャン・アンリ・ファーブルの「ファーブル昆虫記」(奥本大三郎訳)を眺めた。まず訳者前書きを読むと面白いことが書かれていた。

この本の原題は"Souvenirs Entomotogique"直訳すれば「昆虫学的回想録」だがこの署名を簡潔に「昆虫記」と訳したのは大正期の無政府主義者大杉栄だった。「記」とは中国で言う事実を記録する文章のことで『古事記』の「記」。大杉はどのようにして『昆虫記』を読んだのか?それはファーブルの死後間もない1919年の暮れ。しつこい尾行の巡査を殴ったため懲役3か月の判決を下された大杉は寒い独房で読む本を20冊ほど抱えて監獄に入った。入るとすぐ丸善の新着本であるファーブルの英訳書が5冊差し入れられた。出獄した大杉はフランス語の原書からの翻訳に手を付け始めた。フランス語は陸軍幼年学校と東京外国語学校で学んでいるから独学ではなかった。1922年には第一巻を訳し終えた。彼としてはこのまま全十巻を訳すつもりであったが翌12年憲兵隊によって虐殺された。

前書きは面白かったが本文は難しかった。本の中の奥本氏のプロフィールを読むとジュニア版も出されていることを知り「ファーブル先生の昆虫教室」も借りてきた。


Henrifable

やましたこうへい氏のイラストも面白くこちらの方が身近に楽しく読めそうだ。

| | Comments (0)

August 20, 2019

野鳥写真展

今日は春日BCでECだった。

Ecom

朝水道橋駅に降り立つと辺りはどんよりした天気。

Shrine_20190820203201

春日の局ゆかりの出世稲荷へお詣り。
お詣りの甲斐があったのかなかったのか6位だった。
帰り丸の内線でお茶の水まで出てECOM駿河台2Fで開催中の「野鳥写真展」へ。

Ecom_02

東京にいる野鳥の可愛い、ビックリするような、癒される姿(アンケートを提出)をうまく捉えて撮影されていた。

| | Comments (0)

August 19, 2019

読書

今日は一日読書。先日図書館で借りてきた本を読んだ。
まず読んだのが古市憲寿著「平成くん、さようなら」芥川賞候補にもなった作品。
29才の平成(ひとなり)君が同棲している恋人の愛ちゃんに安楽死したいと告白することから物語は始まった。読みやすくサクサクと一度読み終えたが私の知らない二人の男女のラグジュアリーな生活についていけなかった。気を取り直してもう一度読んでみたらなんとなく分かったような・・・

次は陸軍登戸研究所<秘密戦>の世界。先日「歩こう会」で出かけた明治大学生田キャンパス内の資料館の内容をより強く把握できた。風船爆弾・暗殺用薬物・生物兵器・偽札・スパイ機材などの記述が詳しく書かれていた。

最後が「くらべてわかる昆虫」という本。こういう本は手元に置いておいて眺めるのが良い。
Tombo_01_20190819205901昨日明治神宮で見たこのトンボ、オニヤンマかなと思っていたら「神戸のトンボ広場」さんから「シオカラトンボのメスです。体のもようと複眼が緑色をしていることで分かります。」とお返事をいただいた。

夏休みも終わりに近づき夕食は新宿のお寿司屋さんに予約が取れたので会食会。皆がよく食べるのを感心して眺めた。

| | Comments (0)

August 18, 2019

明治神宮探鳥会

朝7時起床!昨日もらったインスタントスープを飲んで出かけることにした。中身を開けてお湯を注ぐだけ?と思って裏面の作り方を見るとさにあらず中身をお鍋に開けそこにフクロ六分目ほどの水を二杯注ぎ6分間時々かき混ぜて・・・とあった。Meijishrine_04_20190818160301美味しかったがパクチーをたっぷりをのせて食べたらもっと美味しかったかも!。さて8時過ぎ家を出た。外は暑~い!今日は途中退場かなぁと覚悟しながら明治神宮北参道門へ。参加者はいつもより少な目だったが夏休みとあって元気な子供たちもいた。
リーダーの挨拶の後蝉しぐれの神宮へ入りまず樹の色々な樹皮の姿の説明から始まった。Meijishrine_12_20190818161501カラスの羽根があちらこちらに落ちていた。今は生え変わりの時期とのことだ。リーダーはカラスのどの部分の羽根かが分かるようだった。
Meijishrine
北池には亀が一生懸命岩を上るのだが滑り落ちを繰り返す姿が見られた。
Meijishrine_01_20190818161801
亀が登ろうとした岩上部には交尾中のシオカラトンボがいた。オスはいわゆるグレー、メスは黄色っぽい。
シオカラトンボの連結の輪,いわゆる交尾のスタイルです。
このスタイルで,他のトンボを激しく追い回していました。
そして,邪魔者がいなくなるとこうやってとまります。
トンボの生殖孔は雌雄ともに腹部後端(尾)にあるのですが,
オスの腹部後端はメスの頭を押さえつけるのに使われてしまいます。
したがって,オスはあらかじめ腹部前端にある交接器に
後端の生殖器より精子を移動させておき,
この交接器にメスの産卵管を接し,
つながることでハート型の輪になり,生殖活動が行われます。
トンボの交尾は尾が交わらない,特殊形なのです。
子供たちは次から次へ昆虫を見つけリーダーに尋ねる。
Meijishrine_03
ニホンアマガエル
Meijishrine_05_20190818162101
コフキコガネ
Meijishrine_08_20190818165101
ニホントカゲ
Meijishrine_06_20190818162801
カブトムシ
Meijishrine_09_20190818162801
菖蒲田にはアオサギ
Meijishrine_11
東屋に行く手前の川近くに傷ついたダイサギの姿も・・・ 写真は撮らなかったがツマグロヒョウモン、センチコガネ、ムラサキシジミ、ヒヨドリバチ、ウチワヤンマ、オオヤマトンボ、オオヒラタシデムシ、蝉を食べていたキイロスズメハチなどの昆虫の詳しい説明をして下さった。 最後の「鳥あわせ」まで参加。

| | Comments (0)

August 17, 2019

フクロ三モクゲンジ

今朝TV「旅サラダ」で中国雲南省の映像が流れていた。懐かしい!

Fukuromi_1
中国雲南省原産のフクロミモクゲンジが芽を出したのは去年の2月終わり。
Mokugenji
8月10日写真の師匠の鴨川のお宅に伺ったとき見たらあのフクロ三モクゲンジが2m位に成長していた。場所も気に入ったのだろう。黄色い花が咲くのはいつかな?

今夜は高田馬場BCでRammycube大会。22位だったがサンジェルマンのレーズンパンとタイのインスタントエビ風味ライススープをゲット。


| | Comments (0)

August 16, 2019

タピ活

最近タピオカを使った飲み物が流行っている。

Tapioka_20190816174201

作ってはみたけどいまいち。小さく丸めるのが難しい。それにタピオカドリンクは容器が大事らしい。ストローも太いものでないと吸いあがらない。
午後「布遊びの会」でNさんと会った。


Newcoincase

ニューバージョン「畳縁のコインケース」作りのプリントを渡した。分かってもらえるかな?

夜高田馬場BCで3時間「金ブリ」楽しんだ。


| | Comments (0)

August 15, 2019

蝉の幼虫

8月12日の「夜の昆虫探検」のメインイベントは蝉の羽化だった。

Semi
Semi_01

抜け殻が沢山残っている。

Semi_03

辺りが暗くなると土の中からゾロゾロ・・・リーダーに踏まないように注意を受けた。

Semi_02

気の早い子も・・・

Semi_06
Semi_05

モゾモゾ!

Semi_10

幼虫はカラスなどに襲われないように暗くなってから土の中から這い出で羽化するが羽根がしっかりするまで5時間位かかるため10時頃までに羽化するのだそうだ。
観察会を終わり皆で歩いていると一人の男性が近づいてきた。その方の話では蝉の幼虫を唐揚げにして食べる習慣がある国の人があるとか・・・どうやら幼虫を捕獲しに来た輩と思われたらしい。

 

| | Comments (0)

August 14, 2019

大温室@御苑

朝9時過ぎ強い雨が落ちてきたのでいよいよ台風10号の影響かな?と思ったら10分も経たない内にカラっと晴れ夏空がのぞいた。図書館から予約していた本が届きましたとメールが来ていたので受け取りに出かけた。ところがなんと今日は本の整理日で休館!四谷近隣センター隣の御苑の大温室をのぞいてみた。

Hibiscus
真っ赤なハイビスカス。見事!
Gyoen_01_20190814132101
Tacca Chantrieri 東南アジア原産 タシロイモ科 コウモリに似ていることから別名バットフラワー
Gyoen_02_20190814132101
クスダマジンジャー インドネシア原産 ショウガ科 花の形から別名マツカサジンジャー
Nobotan
シコンノボタン ノボタン科
熱帯の植物を色々見ることができた。
午後の「文化講座」はチェアエクササイズ。BGMが流れる中ボールを使ったりセラバンドを使ったリズム体操だった!

| | Comments (0)

August 13, 2019

八月納涼歌舞伎

午前中高田馬場BCで夏季IMP。
Kabuki午後三越でショッピングしてから歌舞伎座へ。
Kabuki_01

友人たちと出会い入場。
第二部の演目は「東海道中膝栗毛」

2016年から続く“弥次喜多シリーズ”の第4弾「東海道中膝栗毛」前作で冥土に旅立った弥次郎兵衛(幸四郎)と喜多八(市川猿之助)だったが、それはすべて夢だった。改めてお伊勢参りを決意する2人は、道中で自分たちと瓜二つの怪しげな2人組・獅子戸乱武=トランプ(幸四郎)と黒船風珍=フーチン(猿之助)に出会い……。幸四郎と猿之助によるコミカルながらも見事な早替り。市川染五郎演じる染松と市川團子演じる團市の登場シーンでは、幸四郎と鎌川霧蔵役の市川中車との“親子ネタ”も披露。笑いの絶えない展開に加え、歌舞伎の名作をオマージュしたシーンが随所にちりばめられるなど、趣向を凝らした演出が見どころ。

トランブとフーチンには大笑い。でもちょっとドタバタ歌舞伎だった!

久しぶりに会った友人たちと会話を楽しみながらお弁当。午後6時半から第三部が始まった。

第三部で上演されるのは、仇討ちを目論みつつ、芸の道を極める歌舞伎役者・中村雪之丞の物語を描く「新版 雪之丞変化」。映像を取り入れた、坂東玉三郎の新演出によって立ち上げられる本作では、玉三郎が雪之丞を、七之助が雪之丞を導く先輩役者・秋空星三郎を勤め、中車は中村菊之丞、土部三斎、孤軒老師、脇田一松斎、盗賊闇太郎の5役に挑む。

舞台上のモニターに映像がありそこに色々なシーンが入ってくる。それが新しくて面白かった。終演9時。

| | Comments (0)

August 12, 2019

「私は誰でしょう?」クイズ

今日は新宿のブラジル料理店で誕生会。
Family_02まんぷく後9人にクイズを出した。


Family_03

参加者の子供のころの写真を選んで作ったがザンネンながら全問正解者はいなかった。


Family

夜は光が丘公園で行われた「夜の昆虫探検隊」に参加。


Family_01

キマダラアゲハなどの蝶は樹液を留まって吸うのではなく飛びながら長い口で吸っていると教えていただいた。
50人近い参加者の内子供たちが10数名で賑やかに色々な昆虫を観察した。

| | Comments (0)

August 11, 2019

鴨川写真塾②

7時起床。男性陣は早起きして既に蜘蛛の巣撮影したとのこと!朝食後女性陣はKさんと手芸談義。これがまた楽しかった。その後師匠が嶺岡牧について話してくださった。

江戸時代8代将軍徳川吉宗がインド産と言われる白牛(セブ―種)を輸入し、嶺岡牧(現千葉県南房総市・鴨川市)で飼育し、白牛の乳から「白牛酪」という乳製品を作ったことで、日本酪農の発祥の地と言われ馬頭観音が多いのが嶺岡牧周辺地域の特徴。嶺岡牧周辺の約100㎢ の範囲に178体の馬頭観音がある。

昼食後解散。

Kamogawa

Kamogawa_02

Kamogawa_04

今一度大山千枚田へ寄り帰京。

 

| | Comments (0)

August 10, 2019

鴨川写真塾①

朝8時半両国駅集合。
Kakuhaku

白鵬と鶴竜に見送られTOさんの車に3人同乗して出発。アクアライン経由で鴨川へ向かったが連休とあって高速道路は混雑していた。
Kamogawa1 まず大山千枚田へ。稲穂はかなり首を垂れていた。

Kamogawa_05

鴨川駅のベイシアで師匠と出会いショッピング。8人でBBQパーティー。Yさんが海岸で潜って採り1時間蒸したアワビも登場。美味しく楽しいひと時を過ごした。

Karsuuri

夕刻カラスウリ撮影。三脚を立てて撮影することに慣れていないので難しかった!その後真夜中近くまで写真の撮影勉強。

 

| | Comments (0)

August 09, 2019

第6回源氏物語講座

今日の講座は「なぜ光源氏は須磨、明石に行ったのか?」
政治家の道を歩みながらいずれは国家の柱石をになう存在になるために光源氏にとって天皇の「外戚」になることが絶対的条件だった。政敵右大臣の娘との密会が露見、源氏は失脚の道へ・・・しかし官位はく奪のまえに謹慎の道を選んだ話が「須磨・明石」巻に書かれているという。「貴種流離譚」(きしゅりゅうりたん)の話と説明を受けた。午後少し眠かったせいか河地先生が話される「貴種流離譚」を「きしゅりゅうRETURN」と解釈し「貴種」英雄が他郷をさまよいながらそれらの地で支援を受けやがて立派に成長して故郷に凱旋する例えば桃太郎の話を例に出しながら話されウンウンと思っていたらRETURNではなく「流離譚」だった。
光源氏の場合明石入道が支援者であり一人の明石君との婚姻そして子供「明石の姫君」が生まれ「中宮」の位置にまで上昇り詰めることになると話してくださった。
Filecase1 100均のファイルケースをブリッジ用に加工してみた。

| | Comments (0)

August 08, 2019

ピンクッション

今日は一日船橋でIMP。午前午後ともに成績芳しからず!

Pincusshon_01

落ち込んでいる自分自身に活を入れるためにピンクッション一輪買って帰った・

| | Comments (0)

August 07, 2019

エアコンの故障

今年は7月初め冷夏だったので居間のエアコンは使っていなかった。しかしここ2週間前からエアコンを使いだしたら不調が分かった。リモコンで運転ボタンを出すと本体運転のボタンが点滅し冷風が出てこない。取説にはブレーカーを落として付け直すように指示があったのでそれをしてみたら2時間くらいは動くのだがまた点滅が始まる。そのうちに止まってしまった。Aircon 金曜日業者に連絡。今日午後ダイキンの点検マンがやってきた。Aircon_01 どうやらフロンガスが抜けてしまっていたらしくガスを補充。ようやく冷房が復活した。室内の温度計は朝は31℃だったが25℃に下がり快適!

| | Comments (0)

August 06, 2019

「日日是アート」展

午前中仕事を終え午後三鷹へ。

Yoda_02

三鷹駅すぐ近いビルの5階「日日是アート」を見に行った。

Yoda_03
8月1日木曜日4時過ぎ目が覚め「ラジオ深夜便」をつけた。明日へのことば「ニューヨークで描いて半世紀」画家、依田寿久・順子夫妻のインタビューだった。依田氏は武蔵野美術大学を卒業後ニューヨークにわたり妻もほどなく渡米以来二人でアーティストとして活動をしその後生まれた息子洋一朗氏も画を描き始めたとのことだった。
Yoda
以来50年ニューヨークのマンハッタンの5階建てビルの4階のワンフロア―を自宅兼アトリエとして日々制作に励んでいるという。この三鷹市美術ギャラリーでは家族3人のニューヨークでの「日日是アート」が再現されているような展覧会だった。
Yoda_01
私は特に順子さんの一連のフォトコラージュに興味を覚えた。

| | Comments (0)

August 05, 2019

六し金金@ごいた東京支部例会

この暑さでテラスの西洋朝顔がなかなかきれいに咲いてくれない。

Asagao_01

花が開かないうちに萎れてしまうのが悲しい。

Ipomoea

ガレージ横の小さな朝顔は色とりどりでなんとか咲いている。

Asagao_20190805120701

YIさんが作ってくれた折り紙朝顔は毎日満開。

夕食後『ごいた東京支部例会』へ。

Rokushi

第3回戦に珍しい「六し金金」で60点もらった。Kさんによるとこれは7%の確率だそうだ。今日の結果は4勝5敗。点数プラマイ0点のところで10時を回り帰宅。

| | Comments (0)

August 04, 2019

渋谷にて

朝10時ハチ公広場で待ち合わせ。


Shibuya

久しぶりの渋谷。外国人が『ハチ公』との記念撮影の列を作っていた。


無事にTYさんと出会い始めて行く渋谷BCへ連れて行ってもらった。
今日はSRRの試合。私はビッドミスを1つプレイミスを2つやってしまった。結果2位。
5時近く終り、駅近くのショップでイチゴ・スイカ・パイナップル・マンゴがてんこ盛りのかき氷をひとつ買い二人で食べ熱くなった頭を冷やした。

| | Comments (0)

August 03, 2019

赤桐先生のカードゲーム講座

朝からバイトがやってきた。家の内と外の片付けを手伝ってもらう。ついでに書類の整理も・・・気になっていたところスッキリ片付いた。

午後7時から高田馬場BCで赤桐先生の「カードゲーム講座」

『ファルツ地方のシャーフコップ』
 ドイツの西側のファルツ地方でプレイされているカードトリッキングゲーム。
 プレーヤーは3人
 カードは各スート2-6をのぞいた32枚のカードを使う。
 点数が問題。A=11点 10=10点 K= 4点 Q=3点 J=2点 9,8,7=0点
 しかし切札とカードの強さは点数と異なり
 ♣Q >♠Q>♡Q>♦Q>♣J>♠J>♡J>♦J>A>10>K>9>8>7
 となるからややこしい。

今日は小学生2人を含む17人参加。私はYOさん、YHさんとご一緒でNo.3テーブル。9回戦で前半の負けがたたり後半盛り返したものの3位だった。 

| | Comments (0)

August 02, 2019

第6回源氏物語講座

午前中は高田馬場・戸山近隣センターでコードネックレスの作り方講習。ただ殆どの方は高田馬場BCでIMPを終えてから1時過ぎに見えたので説明だけに終わってしまった。
2時から千駄ヶ谷社会教育館で河地先生の「第6回源氏物語講座」。12世紀平安朝の貴族社会をより身近かに?感じる2時間だった。『伊勢物語』「初段」の内容と『源氏物語』「若紫の巻」の類似性。それから東京の暑さに触れ、京都の夏の暑さが尋常ではなくエアコンがなかった当時は若死にする人が多かったとも・・・となると残された子供たちはどうなるか?婚姻形態は「招婿婚」つまり「通い婚」だったので「母」が亡くなった場合「父」の家へ入るのか「父」の正妻つまり継母の家に引き取られるのか、はたまた売られてしまうこともあったらしい。紫の上は祖母に引き取られて光源氏との出会いがあった!
Purple 国立能楽堂の植栽は「ムラサキシキブ」と思っていたら「コムラサキ」らしい。

夜、高田馬場へ戻り高田馬場BCで金ブリ。

| | Comments (0)

August 01, 2019

タタミのへりでコインケースの作り方図

今日は珍しく予定なし!コインケースの作り方説明図を作成した。
Coincase_20190801145701

最初は方眼紙を使って図を作った。 

Coincase_01

ちょっと分かりずらいかなと図を切り抜いてワード文書をプリントアウトし貼り付けてみた。 

Coincase_02

ワードは文章と表は使っていたが他はあまり知らなかった。試行錯誤して図形を入れることを覚え図形に文書や罫線の入れ方を理解できたので分かりやすいものが出来上がった。

Poach3

夕方からネクタイポーチ第3弾完成。 

| | Comments (0)

« July 2019 | Main | September 2019 »