« 夕顔の死―新発見の源氏物語絵巻― | Main | ハナ・花・はな »

July 12, 2019

第3回:源氏物語講座

今日の源氏物語講座は「なぜ『光源氏』が主人公なのか?」
桐壺帝は数ある女御・更衣のなかで桐壺更衣がことのほかお気に入りで二人の間に生まれた男の子は幼少期から他を圧倒する美貌と聡明さはまさに「光君」と称されるにふさわしいスーパースターだった。しかし弘徽殿女御は藤原氏一門の後見を背負って入内しておりその御子が将来の皇太子、天皇への道が約されているという社会情勢があった。
桐壺帝は当時来朝していた「かしこき相人」(みごとな人相見)に観相させ「光」が天皇になると世の中が乱れるから政治家として大成するのが良いと進言され帝は光に臣籍降下の道を決定、与えられたのが「源氏」姓だった。
源氏物語は現実や歴史を超えて栄華の道を歩んでいく「光源氏」サクセスストーリー。

Lumiere00

 

|

« 夕顔の死―新発見の源氏物語絵巻― | Main | ハナ・花・はな »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 夕顔の死―新発見の源氏物語絵巻― | Main | ハナ・花・はな »