« コビトカバ | Main | フィッシング »

July 15, 2019

「遊びの流儀」

土曜日、赤桐先生の「カードゲーム講座」に参加した時に草場さんが15日にする講演について話された。早速日本人形玩具学会の人形玩具史研究部会へ問いあわせたところ満員です。とのメール。今日は午前中「小笠原雛」をシニア会のメンバーに教えることになっていたし仕方ないかな?と思っていたら今朝キャンセルが出たとのメールが学会員のYKさんから届いた。
講演はまず江橋先生の「かるた」について
①「三人カルタ」の遊技場面図について。
②巨大なうんすんカルタと小型の天正カルタについて。
③立膝の遊女と正座の禿(下女)の対決
④「絵合わせかるた」
次は草場さんの「盤双六」について
①ルールと時代変遷
②道具の歴史
③文学作品上の盤双六 
④「遊びの流儀」展におせる盤双六
これだけでも十二分に興味深い話だったが休憩後学会員の3人の方がさらに話をしてくださった。
①左義長羽子板について
②YKさんが極小雛道具について


Hinatool

極小の雛道具のうち特に興味を持ったのが源氏物語が描かれている小さな小さな貝合わせの貝たち。

③上賀茂神社の競馬会の話と競馬双六


Horse

4時過ぎ終了。サントリー美術館で「遊びの流儀」展を堪能した。 


|

« コビトカバ | Main | フィッシング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« コビトカバ | Main | フィッシング »