« February 2019 | Main | April 2019 »

March 2019

March 31, 2019

エドヒガンorソメイヨシノorアメリカ

Arukokai_09_1
昨日大宮公園で見た白とピンクがまじりあった桜なんという名前なのかなとネット検索してみるとエドヒガンかな?と思い新宿御苑に電話をしてみた。大木戸門近くにありますよ!とのことだったが今日は大混雑。千駄ヶ谷門は千駄ヶ谷駅まで行列してます。とのことだった。そこで5時近くに出かけてみた。
さすがに入場するのに時間はかからなかったが苑内は確かに花見客が多かった。

Sakura_2
エドヒガンは蕾は確かにピンク色っぽく開いた花は白だった。これはソメイヨシノの親らしい。
Sakura_01_1

これはソメイヨシノと標識があった。やはりソメイヨシノかなぁ?

Sakura_02_1

そしてこの桜も可愛かった。これは アメリカというタグがついていた。ポトマック河畔に咲いているのはこれらしい。

Sakura_03_1

 

Sakura_03_01

終苑の音楽がなったので帰ろうとしたら池にシロサギが・・・

| | Comments (0)

March 30, 2019

お花見@大宮公園

「歩こう会」のお仲間16人で大宮公園へ。

駅前の商業施設が並ぶ道を抜けて出店が並ぶ氷川神社の参道を歩いた。

Arukokai_12

Arukokai_13

Arukokai

Arukokai_01

Arukokai_06

Arukokai_07

Arukokai_08

Arukokai_09

この桜の花色のグラデーションが珍しかった。桜の花の名は?

Arukokai_10

神社の傍らには公園があり桜満開だった!

 

| | Comments (0)

March 29, 2019

ホームページ

Yahoo Japan が運営していたHome Pageサイト”Geocities”が3月31日で閉鎖ということになった。

Highschool

10年以上も前に私がGeociitesで立ち上げた高校のクラスのHome Page だがこのところずっと更新していないしもういいかな?と一度は思ったが今日は久しぶりにトップページにアップしてあった入学式と卒業式の写真を見てやはり残そうと決意した。どこへ移行しようかと有料サイトも視野にいれあちらこちら眺めたが私が作ったものは容量が100MBもないのでとりあえず無料サイトへ。今日は一念発起!試行錯誤しながら移すことが出来た。

これを引き継いで更新して行って下さる方が出てくるといいが・・・

 

| | Comments (0)

March 28, 2019

中野紅葉山公園

午前に中野ホームセンターへ出かけた。テフロン加工がだめになったフライパンほかお鍋は引き取ってくれると言うので持参して買い替え、ゴミ箱、お風呂用品などを買い配達を頼んだ。

Nakano


買い物が早く済んだので久しぶりに紅葉山公園へ。枝垂れ桜が満開だった。

 

 

| | Comments (0)

March 27, 2019

🌸見ごろ@御苑

四谷地域センターの「ストレッチ教室」に参加の後、御苑をブラブラ!


Gyoen_1

Gyoen_01_1

Gyoen_02_1

🌸ソメイヨシノはピンクのつぼみもまだ残っておりこういう時期が一番好き!

 

| | Comments (0)

March 26, 2019

高校花見クラス会

幹事役を仰せつかった。お天気が気になったがまずまずのお日和。e-mailや電話で連絡を取り11名が出席してくれた。

ランチの後黒田清輝の絵を見に黒田館へ

Koishikawa_01_01

なんかこの絵を見ると懐かしい感じがするのは何故だろう?

Koishikawa_01_03


Koishikawa_01

旧因州池田屋敷表門前の桜が良かった。

皆の近況報告をビデオ撮りしたものを夜youtubeにアップ。

| | Comments (0)

March 25, 2019

高齢者マンション

ブリッジの友人に誘われて今日は高齢者マンションの見学会に5人で出かけた。


Matsudo


ホテルのような内装に皆ビックリ!廊下の幅も広くなによりも天井が高いので気持ち良い。


広々としたレストランで制服を着たウェイトレスがついてのお食事!>


すぐにでも入りたくなったがウェイティングとのこと!
帰りに松戸の戸定邸庭園を歩いた。

Matsudo_01


水戸藩第11代藩主であった徳川昭武が,江戸川に臨む高台・戸定が丘に建てた戸定邸の庭園。戸定邸が座敷開きを行った明治17年から本格的な造園が行われ、20年に拡張工事を行い、更に23年に2度目の拡張を行い完成しました。主屋の南に広がる起伏のある芝生地とその緑辺を彩る植樹や西側傾斜地の豊かな落葉・常緑広葉樹林、眼下に江戸川、遥かに富士山を望む借景は風致に富む景観を構成しており、明治期の庭園の特質をよく表しています。その芸術的な価値、日本庭園史における学術的価値が評価されて、国名勝指定につながりました。

とWikipediaにあった。


 


Matsudo_02


公園の東屋から見下ろすと常磐線が見え江戸川の向こうは三郷市。


Matsudo_03


歴史館は今日は月曜日なので入れなかったが係の方が徳川家の葵紋のもととなったフタバアオイを見せてくださった。シックな黒い花が咲いていた。

| | Comments (0)

March 24, 2019

お花見会

大学時代の友人3人と新宿御苑へお花見に。


Gyoen

今日も桜園地の桜にヒヨドリが群れ遊んでいた。


Gyoen_01


温室にも入ってみた。


Gyoen_02



Gyoen_03



Gyoen_04


ラクウショウの気根に皆さま感動!


午後は我が家でランチ&おしゃべりティータイム。


| | Comments (0)

March 23, 2019

フランス土産

フランスへ出張に行くYさんにあれ買ってきてこれ買ってきてと頼んだ。

 

 

Cadeaux

 

午後持ってきてくれた。

 

中でも一番嬉しかったのが"beurre d'Echiré"
エシレ バターは、優れた乳製品の産地として知られるフランス中西部・エシレ村で生産されるクリーミーな口あたりと、芳醇な香りが特長の発酵バター。発酵バターはクリームを乳酸発酵させてからつくるバターで、ヨーグルトのような軽い酸味があり香り高いのが特長。エシレ酪農協同組合は1894年からバター作りをはじめ、代々伝わる乳酸菌を大事に使いながら、昔ながらの製法で変わらぬ味を守り続けている。

 

去年南西フランスを旅した時に同行した友人たちがあちらこちらのショップにこのバターを探し歩いていた。私はそれまで全然このバターについて知らなかった。

 

Ball

 

明日は第1回お花見会。下見に新宿御苑へ行ってきた。

 

| | Comments (0)

March 22, 2019

写真編集

Bulbul_02

 

昨日アップしたヒヨドリの写真があまりにも暗かったので写真の師匠のMさんにLINEでお尋ねした。

 

Bulbulmizta

 

データを添付ファイルで送りなさいということだったので早速送ると見違えるような写真が即返信添付されてきた。

 

編集の仕方を詳しくLINE通話で教えていただいた。

 

Bulbul_10

 

「こうやって編集すればいいのですね?」とうかがうと「撮ってすぐモニターでチェックするようにしないといつまでたっても上手になりませんよ!」とのお叱りをいただいた。

| | Comments (0)

March 21, 2019

ヒヨドリ

今日は久しぶりに京葉BCで♠♥♦♣の試合。午前28ボード午後28ボード。優勝😃

 

Bulbul_10

 

Bulbul_07

 

Bulbul_08

 

 

Bulbul09

 

昨日🌸御苑桜園地の1本の寒桜の木には元気なヒヨドリたちが蜜を吸いに来ていた。

 

| | Comments (0)

March 20, 2019

🌸新宿御苑

ココログのリニューアルということで昨日の夜中から13時まで記事を投稿できません。ということだった。ところが夕方もダメ!

ツィッターでも皆口々におかしい!と書かれているので自分だけではないことが分かり安心した。
ようやく記事を書くと言うところまでたどりつけたが今度はインターネットにアップされないという不具合が・・・

ストレッチ教室の帰り🌸を楽しんだ。

Sakura_01

絵を楽しむ人。

Sakura_02

その先には高遠小彼岸が満開。

Sakura_02

上の池の枝垂れ桜も多くのカメラマンを集めていた。

| | Comments (0)

March 19, 2019

マルウェアの脅威

Youtubeを動画を探していたところ突然高音でピーーーー!マルウェアの脅威があります!と表示され続いてソフトを紹介された。そのアプリでスキャンしていくとなんと支払いの場面が・・・そこでおかしい?と気づいた。このPCに入っているセキュリティソフトでスキャンしてみた。42670のファイルを即座にスキャン。脅威は0ですとのこと!改めてネット検索してみたらこのソフトが詐欺であると書かれていた。以前Windows8.1のときMicrosoft Partnerといういかにものソフトに騙されたことがあったが危うく詐欺に引っかかるところだった。

| | Comments (0)

March 18, 2019

「樹木希林 120の遺言」

昨日は午後から竹橋へ。寒緋桜が満開だった。

Takebashi_01

Takebashi_02

ここのソメイヨシノはまだ蕾が固かった。

Takebashi

ふと木の足元を見るとなんと土筆が!

今日は職人が入っているので図書館から借りてきた「樹木希林 120の遺言」を読もうとした矢先今度は内田裕也が亡くなったと放映されていた。

女優としての樹木希林を特に好きというわけではなかったがこの本を読むと飾らない素朴な彼女の人柄が偲ばれた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 17, 2019

明治神宮探鳥会

4時起きでザ・プレーヤーズチャンピオンシップを観戦。今年から5月から3月へと変更された。場所はフロリダのTPCソーグラス。17番の池の中のグリーンが面白い。昨日はタイガーが2度池に入れたらしいが残念ながらそのシーンは見ることが出来なかった。

8時半には明治神宮探鳥会へ。

Birdwatching

参道を特製ほうきで掃いていた。これは落ち葉をかき集めるものだとリーダーが教えてくれた。

Birdwatching_03

先月の北池は水がなかったが今日は先日来の雨でかなり復活していた。

Birdwatching_05

エナガ

Birdwatching_07

ヒヨドリが落ちた栴檀の実をついばんでいた。

Birdwatching_11

シジューカラ

Birdwatching_10

御苑の南池にはエメラルド色の目をしたカワウ

Karasu01

ハシブトガラスが枝を折り

Karasu02

クスノキに巣をつくっていた。材料としては枝のほかにワイヤー製のものも見えた。

春の花も咲き進んでいた。

Flower01

白花タンポポ

Flower02

アマナ

Flower03

カタクリ

そのほか昆虫やトカゲなども観察できた。

探鳥会は単に鳥を探しに行くことだけでなく自然を楽しみ自然を大切に思う人達が集う場所であると思う。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 16, 2019

貝殻

Nさんがまた貝を送ってくださった。今度はまたビックリするような大きな貝殻!

Chogai

インターネットであれこれ調べてみるとゴールド系のはウグイスガイ科のシロチョウガイ、シルバー系のはやはりウグイスガイ科のクロチョウガイであることが分かった。

シロチョウガイは海に育つものでボタンや貝細工に使われるらしい。

クロチョウガイには丸い真珠様のモノが二つついている。

ウグイスガイ科の二枚貝。高さ14cm,長さ14cm,幅3.5cm。殻表にはあらい板状の殻皮片が並び,暗褐〜黄褐色。左殻は右殻よりふくらみ,右殻には足糸の出る湾入がある。内面は白色で真珠光沢があり,縁は黒い。紀伊半島以南の西太平洋,インド洋に広く分布し,水深30mまでの浅海の砂礫底(されきてい)にすむ。黒真珠養殖の母貝とするほか,貝細工に使われる。

どれくらいで円形の黒真珠が出来上がるのだろうか。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 15, 2019

屋上の塗装

去年の暮れから整理していた屋上。既に植物は何もない。

Topcoat

午前中にようやく全面シートで覆われた。

Topcoat_01

更に念入りに始末されている様子。

私はお掃除とホームページの修復作業で明け暮れた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 14, 2019

花・はな・ハナ

今日は予期せぬ休日。

新宿御苑へお花見の下見に出かけた。

0314

まず地域センターへ。8階からは富士山がくっきり!

0314_01

大木戸門近くのヒマラヤ桜が満開!

0314_02

玉藻池近くの高遠小彼岸も咲き始めていた。

0314_03

若木ながら「啓扇桜」も満開。

0314_04

「おかめ」

0314_06

ソメイヨシノの開花は21日と予告されていた。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 13, 2019

ホームページもリフォーム

朝から業者が次から次へやってきた。便器の取り換え、UFの張替え、手すりの塗装、屋上の塗装下準備。お昼前には新しい洗濯機が来た。この電気屋さん50㎏もある洗濯機の箱を3階まで担ぎあげたのだ。これにはビックリ!しかし交換した後の古いものを下すときにはさすがに助手に手伝わせて作業をした。

私はこういう時にしなければいけない仕事がある。それは10年まえからフラッシュを入れて作っていたホームページだったがフラッシュが使えなくなるということでそれを単純なアルバムスタイルに変更する必要がでてきたからだ。一度はホームページは要らないと思っていたが折角作ったのだからと思い直し写真を見ていると懐かしく少しづつ作り直そうと言う気持ちに変わってきた。

14

今日は2012年のフランスレンタカー旅行のHPの下準備をした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 12, 2019

高田馬場BC

午前中のIMPに参加するため駅へ向かっていたらなんとMさんとすれ違った。2年ぶり?

28ボード無事終え午後はスパLaQuaへ。

5時過ぎまでのんびり湯ったり・・・

Jetcoaster

外へ出るとまだ明るかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 11, 2019

絵なき絵本

本棚のアンデルセン作「絵なき絵本」を紐解いてみた。

Wikipédiaには以下のように書かれている。

屋根裏部屋で暮らす貧しい画家は、夜に訪れる月の語る話によって寂しさを慰められていた。その話を画家が書きとめたという設定で、33夜にわたる短い物語を収める。 1839年の初版では第20夜までだったが、再版で31夜まで追加され、1855年の第4版で33夜が揃った。1914年の版では挿絵が入った。

Andersen

我が家にあったこの本は昭和14年(1939年)8月10日岩波書店発行のもの。文庫本なので挿絵はない。

旧仮名遣いでかなり読みにくかったが一話一話が短いのでまぁまぁ読めた。

生涯旅行を愛したと言われるアンデルセンならではの、世界中のさまざまな土地が舞台になっている短編集だった。

全33話一覧リンク
《序文》貧しい画家と月の出会い
《第1夜》ガンジス河
《第2夜》ニワトリと女の子
《第3夜》牧師の家のバラの花
《第4夜》芝居小屋
《第5夜》ルーヴルの玉座
《第6夜》ウプサラの詩人
《第7夜》海辺にて
《第8夜》月が来ない夜
《第9夜》上弦の月のグリーンランドの話
《第10夜》月と老嬢
《第11夜》月が見た婚礼の夜
《第12夜》イタリアと歌姫
《第13夜》ドイツの編集者
《第14夜》コウノトリと子供たち
《第15夜》亜米利加へ渡る農民たち
《第16夜》道化師とコロンビーナ
《第17夜》4才の女の子の新しい着物
《第18夜》王侯の墳墓
《第19夜》死へ向かった俳優
《第20夜》ローマの廃墟
《第21夜》サハラ砂漠の商隊
《第22夜》木の上の人形と女の子
《第23夜》チロルの山の中腹の尼僧院

まだ10話残っている。

次回図書館に行った時には挿絵付きの本を見てみたい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 10, 2019

Mauger

今日は職人がお休みなので吉祥寺の武蔵野市立中央図書館へ。

友人たちに聞いたところ誰も持っていないと言う大学1年生の時のフランス語の教科書"Mauger"があることをカーリルローカルで知ったからだ。

しかし"Mauger"というのは著者の名前で"Cours de Langue et de Civilisation Francaises"がタイトル。でも先生をはじめとして皆"Mauger"と言っていた。

Mauger

PREMIER DEGRÉ
Première partie : Leçons de base

LEÇON 1 à 14

Deuxième partie : Au Canada, avec la famille Vincent

LEÇON 15 à 25

 15 La maison de M.Vincent à Montréal(Canada)
 16 La famille Vincent
 17 Le salon = la salle à manger = la cuisine
 18 Les chambres, la salle de bains
 19 Les repas
 20 Une grande nouvelle
 21 Les vétements d'homme
 22 Les vétements de femme
 23 Lettres et passeports
 24 La toilette de M.Vincent
 25 Le départ

DEUXIÈME DEGRÉ
La famille Vincent arrive en France

LEÇON 26 à 65

 26 La famille Vincent débarque au Havre
 27 Dans le train
 28 L'arrivée à Paris
 29 Vers l'hôtel
 30 A l'hôtel
 31 La chambre d'hôtel
 32 Le petit déjeuner
 33 Une promenade
 34 Le déjeuner au restaurant
 35 Chez les Legrand
 36 ≪Maison ou appartement?≫
 37 L'appartement des Vincent―Le salon
 38 Le cabinet de travail de M. Vincent
 39 La salle à manger et la cuisine
 40 L'épicerie, les légumes et les fruits
 41 La boucherie, la charcuterie la poissonnerie
 42 La boulangerie, la crémerie
 43 Les marchands du quartier
 44 La poste
 45 Dans les grands magasins
 46 Le métro; l'autobus
 47 Chez le coiffeur
 48 A la préfecture de Police
 49 Paris vu de la Tour Eiffel
 50 Les rues, la circulation
 51 Le café-tabac
 52 Au théâtre et au cinéma
 53 Un concert au Luxembourg
 54 Les animaux du Zoo
 55 Pierre écrit une lettre à ses grands-parents
 56 A Biarritz, La plage
 57 Dans les Pyrénées
 58 A la campagne.―La chasse et la pêche
 59 La moisson et les vendanges
 60 En Champagne.―Les animaux de la ferme
 61 Un mariage à la campagne
 62 La fête du village
 63 Les sports
 64 Un accident. L'hôpital
 65 La fin des vacances

となっている。なんとも懐かしい。

Parc_02

帰りに井の頭公園へ寄った。あと2週間もすれば池の周りはピンク色に染まるはず・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 09, 2019

『THE TOILET 男女美容秘訣』

9時前から職人が入り私は本棚の片付けをすることにした。

不要な書類とかもう見ない本は処分する場所へ。

一冊『THE TOILET』と題した。タテ10.5cmヨコ7cm という小型本を見つけた。

Book_01

Book

巻末には色々と書かれていた。

『New Century Pocket Series 英文新世紀袖珍業書』「袖珍」とはポケットサイズの意味だろうか。

編輯者=秀文書院、発行者=伊村錦之助、発売元=中西屋書店、明治42年12月5日発行 布製40銭 紙製25銭とあった。

『The Toilet』の内容は男女美容秘訣と書かれていた。シリーズなので『犬の飼い方』『ホテルの礼儀』など西洋人との付き合いのちょっとしたアドバイス本のようだ。

祖父の本だったのかな?

>


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 08, 2019

花粉光環

今日から1か月リフォーム作業が開始!

午前中は屋上の清掃。コンクリートからウレタン塗装になる予定だが高圧洗浄でしっかり洗っていた。ダイニングルールのガラスのトップライトもお掃除してくれたのだけれどその間私は地上で見張り番!通行する人や自転車に頭を下げた。

ところが作業している人の横を見ると太陽の周りに虹が見えることに気づいた。

Larcenciel00

太陽の周りに虹色の円が見える現象が8日、都内各地で見られた。気象庁によると、大気中に舞った花粉が太陽の光を曲げることで起きる「花粉光環(こうかん)」で、花粉が大量に飛散した時に見られる現象。

朝日新聞デジタルに上記のように載っていた。

5時過ぎ職人が帰り解放されて夜10時までなかよし村「金ブリ」。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 07, 2019

東儀秀樹コンサート in 能楽堂

午後から渋谷のセルリアンタワー地下2階の能楽堂へ。

雅楽師東儀秀樹氏のコンサートだった。

Gagaku_2

東儀氏は舞台左手奥の廊下である橋掛かりの突き当たりの揚幕から平安時代貴族の平服だという狩衣(かりぎぬ)を着て現れた。

「今日は雅楽の空気を楽しんでください。」という言葉から始まり雅楽の楽器である笙、篳篥そして龍笛を説明された。

「越天楽」、「朝倉音取」、「光降る音」、「三つ星」と続き五番目に演奏されたのは「浜辺の歌」、これは小学校の時習ったが今は文言が古いということで文科省により音楽の教科書から外されたらしい。

これからオリンピックもあり外国人の観光客も増えるが国際力は語学力ではなく文化力にあると話されもっともっと日本の良さを子供たちに感じさせる教育が必要と岡先生が話されたようなことを東儀さんも言っていた。

後半はピアノ、ドラムス、ベースも加わり賑やかなコンサートとなったがアンコール曲はまた学校で歌われなくなった「仰げば尊し」。

演奏を聴きながら私はお世話になった先生方のことを思い出しシュンとなった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 06, 2019

貝殻の整理

1月19日に西表貝殻館館長のYさんが送ってくださった貝殻の名前を図書館で借りた色々な図鑑で調べた。まるで難解なクイズを解いている様だった。

ほぼ名付けた?段階でYさんに添付メールを送ると31個中正解20個不正解11個で60点!!

Yokogawa_04

透明なアクリルのケースに木の六分割された木ワクを入れそこに貝殻を入れたら標本ケースらしく仕上がった。スタッキングできるのでなかなか良い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 05, 2019

ツクルニハマル。

仕事帰りに靖国通りを市ヶ谷駅方向へ歩くと山脇美術専門学校の「ツクルニハマル。」と題した卒業・進級政策展があった。

この学校にはジュエリーデザイン科・スペースデザイン科そしてビジュアルデザイン科があるらしい。その中で私が興味を持ったのはビジュアルデザイン科の1年生の作品。

Wamawaki

テーマは"Welcome to Japan"空港に貼られるポスターを想定し外国人が見てやかりやすく日本への期待が高まるものを制作していた。

Wamawaki_02

Wamawaki_03

私が気に入ったのはこの2点だったが外国人には分かりにくいかもしれない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2019

星砂

1月19日に西表貝殻館のY館長から貝をいただいた。その中に見慣れないものがビンにどっさり入っていた。

貝の子供の遺貝?と伺うと

同梱した“砂状”のものは沖縄の鳩間島産の星砂です。虫眼鏡で見てみるとその形状がよくわかると思います。鉱物ではなく生物の遺骸です。以下のリンク参照のこと!

と書かれていた。

http://www.kanpira.com/hoshizuna_bits.htm

Starsands

小さなアクセサリーボトルにコンペイトウガイも一緒に入れてみた。星形の砂を眺めていると空の星を見ているようで夢がある!

午後7時から10時ごいた東京支部例会へ。5テーブルあり賑やかだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 03, 2019

バードウォッチング@三番瀬

先日神宮外苑の探鳥会に行った時にミヤコドリが3月上旬に三番瀬で見ることできることを教えてもらった。

今日はNさんを誘って日本野鳥の会千葉県支部の観察会に参加した。

まずビンに入ったプランクトンとクラゲを見せてもらった。3cmから5cm位のプランクトンは鳥の餌でもあるとのことだった。

Sanbanse000

京浜海岸にある三番瀬は船橋駅からバスで25分。今日は9時36分が干き潮ということだった。

長靴を履いて海岸を歩いた。

Sanbanse_13

Sanbanse_11

Sanbanse_14

「名にしおはばいざ言問はむ都鳥わが思ふ人はありやなしやと」在原業平

ミヤコドリが意外に大きな鳥であることを初めて知った。

Sanbanse_16

Sanbanse_15

Sanbanse_18

Sanbanse_20

Sanbanse_17

Sanbanse_12_2

雨にも負けず寒さにも負けず野鳥の会会員の皆様に教えられ助けられながらバードウォッチングした。

今日は28種類の鳥を観察したと報告されたが私が印象に残ったのは真っ赤な嘴のミヤコドリと長いオレンジ色の嘴のダイシャクシギだった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 02, 2019

カードゲーム講座

図書館に本を返却に行く道すがら小学校の校庭からげ半袖の子供たちの元気な声が聞こえた。

Kawazu

そして河津桜が見事だった。

夜は久しぶりの「赤桐先生のカードゲーム講座」を受講。

☆バウアーンシュトース"Bauernstoss"ドイツのファルツ地方のアーフワイラー村でプレーされているカードトリッキングゲーム。

通常のカードから各スートの2~6を除いた32枚のカードを使用。ジャックも必ず切札に加わる。

♣J>♠J>♡J>♢J>A>10>K>Q>9>8>7 が強さの順。

向かい合った二人がパートナー。

☆シープスヘッド"Sheepshead"ドイツのゲームが19世紀ごろアメリカに渡りルールが完成した。3人でプレイするカードトリッキングゲーム。

そして常に切り札はダイヤモンド。切り札の強さにさらにクィーンが加わる。

♣Q>♠Q>♡Q>♢Q>♣J>♠J>♡J>♢J>A>10>K>Q>9>8>7 が強さの順。マストフォローの上にマストラフしなければいけない!

ルール説明の後の実践(4テーブル)では説明書き片手にプレー。それでも間違えてしまうことがあった。

面白かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 01, 2019

ACBL@アナハイム

アナハイムへOさんとブリッジの試合に行ったのは2000年だった。その時友人になったのがMさん。当時Mさんはシアトルに駐在中で試合が終わってからアナハイムからシアトルへ行き3人で旅行をした。

車で連れて行っていただいたのがシアトル近郊のオリンピック国立公園へ。

その時出会った3人が今日は池袋の西武百貨店8階の活ー美登里でトリオランチ。ランチするというよりお話が先行。私はオリンピック国立公園の絶景をすっかり忘れてしまっていた。

ランチしてから「椿屋珈琲」でまたまたおしゃべり。3時過ぎまで話し込んだ。

午後7時から10時半まで高田馬場BCで金ブリ。初めてサードハンドで♠6枚♡4枚10点のウィーク2オープンしてメイクした。今はそんなこと当たり前という今日のMさんのアドバイスで・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2019 | Main | April 2019 »