« 写真補正編集 | Main | 森永乳業下沢集乳所 »

December 12, 2018

Beachcombing

12月8日江見海岸に撮影に行った時浜辺で貝がらと石を拾った。

Kamo_01

白と赤い貝がらは「ナミマガシワ」とすぐ分かったが巻貝の名前は知らなかった。

Shell_02

Shell

この貝の名前は?今日は四谷近隣センター12階で「ストレッチ教室」だったので帰りに7階の四谷図書館で調べた。

眺めた本は「貝の写真図鑑」「貝がらのずかん」「貝の図鑑&採集図鑑」

この貝の名前はニシキウズガイ科の「バテイラ」だと分かった。漢字で書くと「馬蹄螺」 馬の蹄全体の形に似ているかららしい。ところによって大きいものは「シッタカ」と呼ばれて食用にされると書かれていた。

それではこの穴の開いた石は?

溶岩石?それとも?

インターネットで検索すると

二枚貝の中には「穿孔貝」と呼ばれる一群がいて、彼らは岩に穴を開けて自分の棲家を作り、その穴の中で一生を過ごすという生活様式を採る。海辺で大量の穿孔貝の痕跡や、その中にまだが貝殻が残っているものが見つけられる場所もある。中には古代の穿孔貝の化石やその痕跡(生痕化石)もあるが、現生の貝類なので注意深く観察すると、珍しいものではない。

Baateira

ルーペで見ると穴に二枚貝らしきものが二つ見えた。


|

« 写真補正編集 | Main | 森永乳業下沢集乳所 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Beachcombing:

« 写真補正編集 | Main | 森永乳業下沢集乳所 »