« 夕焼け雲 | Main | カンジカ »

November 25, 2017

遊戯史学会

遊戯史学会は30年前学術の対象でなかった遊戯を研究して遊戯史学を確立、伝統的な遊戯を保存するため設立されたのだそうだ。今日で残念ながら終了するということでここ数年参加させていただいた私としてもとても寂しい。

Gamehistory_02

Gamehistory_2

今日は増川会長の挨拶に始まり五木田さんによる「古代メソアメリカにおけるパトリに関する研究」

Gamehistory_01

オオトリは草場純さんの「雙六手引抄による江戸時代前半までの盤雙六のルールについて」だった。

徒然草の第百十段

 双六の上手と云ひし人に、その手立を問ひ侍りしかば、「勝たんと打つべからず。負けじと打つべからずなり・・・」

 道を知れる教へ、実を治め、国を保たん道も、又しかなり。

守備に徹せよとう双六名人の教訓への共感を引いて吉田兼好は為政者として国を統治する人たちも権力を笠に着ることなく謹んで治めてほしい。とここで言っているとのことだった。

|

« 夕焼け雲 | Main | カンジカ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 遊戯史学会:

« 夕焼け雲 | Main | カンジカ »