« 続「国際バラとガーデニングショウ」 | Main | 日光春季例大祭:流鏑馬神事 »

May 17, 2017

日光東照宮

いつも行っている秋季例大祭まで待てず春季例大祭に行った。

東武日光駅に着いたのが9時20分。西参道までバスに乗り二荒山神社から東照宮。雨がパラパラ・・・

Toshogu

陽明門の平成の大修理が完成とニュースで見ていたので久しぶりに東照宮の社殿を見学。一般観光客を始め修学旅行の子供たち、外国人も沢山。

イヤホンガイドを借りて眺めた。

Toshogu_01

入ってすぐの神厩舎の「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿はよく知られているがあの彫刻が猿の成長を模しながら人間のそれを表しているということを初めて知った。猿が生まれてからまた猿が子を宿すまで8枚の彫刻からなっていた。

Toshogu_02

上神庫の上面に狩野探幽作といわれる2頭の象が描かれていた。見知っている象とは程遠い不思議な象だった。実は象を見た事がなく想像で描いた「想像の象」だそうだ。

Toshogu_04

「眠猫」の彫刻がある潜門をくぐり200段の階段を上ると、

Toshogu_05

徳川家康の墓があった。往復30分!

Toshogu_06

陽明門はちょっと白っぽいように感じた。


|

« 続「国際バラとガーデニングショウ」 | Main | 日光春季例大祭:流鏑馬神事 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日光東照宮:

« 続「国際バラとガーデニングショウ」 | Main | 日光春季例大祭:流鏑馬神事 »