« サマセット・モーム短編小説 | Main | 東京のベニス »

November 27, 2016

奥田真祐美シャンソンリサイタル

午後から青山のライブハウス「MANDALA」に従兄弟夫婦と出かけた。50くらいの席はすでに満席だった。

定刻13:30「奥田真祐美」シャンソンリサイタルが始まった。漆黒のノースリーブのロングドレスにダイヤモンド風?のネックレスとイヤリング。フェラの「いつの間にか時は過ぎ」から始まった。1部は9曲歌い休憩。

2部は白の長スリーブのロングドレス。ピアフの「愛の讃歌」から始まった。「愛の讃歌」は越路吹雪が歌った岩谷時子の詞が有名だが彼女が歌ったのはピアフの詞に忠実なものであるとのことだった。

続いて今回のテーマでもある「愛はめぐりて」の紹介。これは作詞は奥田自身。田中星児さんに作曲を依頼したものらしい。A・B・Cと3つ作曲して今回発表したのがBとのことだった。こうやって詞に合わせて作曲家は色々と作るのか!田中さんといえばNHKのうたのおにいさんとして有名だったがあれから40年!田中さんがギターを弾きながら二人で「愛をめぐりて」をデュエットで聞かせてくれた。

2部も9曲。最後に”Toi”をアンコール曲として歌った。

シャンソンは私はたまにはフランス語で聞かせて欲しいと思うのだけど奥田が日本語にこだわっているのも歌の意味がよくわかるのでいいのかもしれない。

|

« サマセット・モーム短編小説 | Main | 東京のベニス »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 奥田真祐美シャンソンリサイタル:

« サマセット・モーム短編小説 | Main | 東京のベニス »