« 「ことばから見たヨーロッパ(2)」 | Main | 紅花栃ノ木 »

May 11, 2016

続:ことばから見たヨーロッパ(2)

昨年10月の「ことばから見たヨーロッパ(1)」ではベルギーとルクセンブルクの言語だったが今回はスイスの言語。泉先生はパワーポイントで作った資料をプロジェクターで映しだしながら丁寧に説明してくださった。

スイスは人口824万人で25の州(カントン)からなる共和国。言語人口はドイツ語:64% フランス語:23% イタリア語:8% その他:4%。各カントンはアメリカの州よりも独立した小国家ともいえる単位であるとのこと。

地域的な問題また言語教育など複雑な問題があるようだ。

参加者は顔なじみの方も数名。講演終了後19名がしんみち通りへ繰り出して懇親会。帰宅11時。

_04

講演会場の紀尾井坂ビル五階の窓からルイ・ヴィトン展の特設会場がビルに写っていた。

|

« 「ことばから見たヨーロッパ(2)」 | Main | 紅花栃ノ木 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45751/63613122

Listed below are links to weblogs that reference 続:ことばから見たヨーロッパ(2):

« 「ことばから見たヨーロッパ(2)」 | Main | 紅花栃ノ木 »