« テーブルウェア・フェスティバル2016 | Main | 「南南東に進路を取れ!」 »

February 02, 2016

パディントン

朝一番マゴマゴ君たちとTOHOシネマズへ「パディントン」を見に行った。

ペルーで生まれたクマが育ててくれたおばさんが「老くまホーム」に入ることになったのでロンドンへ密航して新しい家をさがすという話。ブラウン一家に見つけられたのがロンドンのパディントン駅だったのでその名前を付けられた。

その昔パディントンをペルーの森の中で見つけた地理学者が「ロンドンへ来たら訪ねるように・・・」という言葉と赤い帽子を残していったので彼を探すのだが見つからない。

挙句ニコールキッドマン扮する恐ろしいミリセントという美女がその娘なのだが剥製作家であるというところが話をぶち壊しているように私には思えるのだけれどどうなのだろう。

|

« テーブルウェア・フェスティバル2016 | Main | 「南南東に進路を取れ!」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference パディントン:

« テーブルウェア・フェスティバル2016 | Main | 「南南東に進路を取れ!」 »