« オシドリ@御苑 | Main | ファックス送信 »

October 28, 2015

ことばから見たヨーロッパ―社会言語学からー

昨夜は上智大学へ泉邦寿先生の講演「ことばから見たヨーロッパ」を聞きに行った。

この地球上に5000から6000もの言語があるということを聞きまず驚いた。EUだけでも公用語が24言語あり公式の会議場では22の通訳ブースが設けられるそうだ。

ヨーロッパの多言語国家としてのベルギー、ルクセンブルグ、イタリア、スイス、旧ユーゴなどの社会的及び教育上の問題についての話があった。

日韓共催のワールドカップ時にベルギーのキャプテンはそれぞれの選手に3つの言語を使って指示を出していた話。ハリル・ホジッチ監督はボスニア出身だがボスニアではフランス語が通じるそうだ。道理で記者会見ではボスニア語ではなくフランス語ですると思った。エピソードいろいろ伺い楽しかった。

イタリアのアオスタ州ではイタリア語とフランス語も1948年以来公用語になっているらしいが私が30年前行ったときはフランス語が通じなかったような気がした。

1028_03


1028_04


アオスタで買ったグラッパの小ビン、グラスの形と色の美しさに惹かれて現役だ。

|

« オシドリ@御苑 | Main | ファックス送信 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ことばから見たヨーロッパ―社会言語学からー:

« オシドリ@御苑 | Main | ファックス送信 »