« 渋谷区シニアクラブ連合大運動会 | Main | 「ラ・マンチャの男」 »

October 10, 2015

マルバルコウソウ

7日夕方上石神井駅に向かう途中五角形の鮮やかな朱赤色の小さな花が道端そして空き地に咲いていた。ルコウソウに似ているけど葉が違うなぁと帰宅してからネット検索。

1010_03_01

マルバルコウソウは秋の野原で最も目立つ野の花のひとつで、11月の中頃まで、花を楽しめる。 熱帯アメリカ原産で、江戸時代、観賞用として持ち込まれ野生化したヒルガオ科のツル性植物で、他の雑草に絡み付いて秋の野原を赤く染める。ルコウソウは縷紅草と書き、縷は糸を意味し、糸のように葉が細く赤い花と言うことから来ており、マルバルコウソウは葉が丸く大きいのでこの名がある。

10cmほどのものを移植してみた。

1010_03_2


ようやく花が咲いた。ルコウソウは園芸品種だがマルバルコウソウは雑草であり逞しく野生化、増殖しやすいとあるので気をつけないと・・・


|

« 渋谷区シニアクラブ連合大運動会 | Main | 「ラ・マンチャの男」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference マルバルコウソウ:

« 渋谷区シニアクラブ連合大運動会 | Main | 「ラ・マンチャの男」 »