« 東京都葛西臨海水族園 | Main | 窃盗罪 »

August 22, 2015

ー朝顔の系統保存の歴史ー

佐倉の国立歴史民俗博物館近く「くらしの植物苑」で変化朝顔や西欧系の朝顔が展示されている。(07/28-09/13)

2208


会場入り口の水鉢には朝顔の花が・・・

2208_08


午前十時から九州大学の仁田坂先生がパワーポイントを使って「朝顔の系統保存の歴史」を話され会場に詰めかけた大勢の朝顔愛好家に混じって私も興味深く拝聴した。


2208_07


奈良時代にたった1種類の朝顔が中国からもたらされて以来、日本では朝顔ブームが何度か起こりその結果、現在では保存数は2000系統も増えたらしい。

講演の後、苑内の朝顔の観察会があった。


2208_2


特に変化朝顔という私から見るとおよそ朝顔とは思えないいろいろな種類が展示されており その名前の付け方も面白い。葉の色、模様、花弁の形、咲き方、花弁の重ねを順番に記述してあるということだ。


2208_02

青/蜻蛉/丸笹葉
覆輪/切咲/牡丹

2208_03

青/打込/弱渦/柳葉
青/采咲/牡丹

2208_04

青/斑入/笹葉
茶/覆輪/車絞/切咲/牡丹

2208_05

青/渦葉
栗皮茶/丸咲

2208_06

青/桔梗渦葉
青紫/糸覆輪/桔梗咲/八重


私は朝顔の花しか愛でないが変化朝顔の愛好家は朝顔のすべてを愛でることも知った。

|

« 東京都葛西臨海水族園 | Main | 窃盗罪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ー朝顔の系統保存の歴史ー:

« 東京都葛西臨海水族園 | Main | 窃盗罪 »