« レインボーラムネもどき | Main | バイブレーション »

July 08, 2015

アラザン

私のブログを見た友人からアラザンって'argent '(フランス語で銀の意)から来ているの知ってた?とメールが来た。知らなかった!そう言えば銀色だなぁ!

アラザンは砂糖とでんぷんの上に銀でコーティングしてあるらしい。検索してみると

大人向け理科雑誌 RikaTan:理科の探検 ひだりまき編集長の隔週連載、読売新聞朝刊:教育欄連載「おもしろ理科」のお題が、『アラザン』によると・・・

Q:「ケーキのアラザンは、製菓材料でその表面の銀色の部分は、いかにも金属光沢だけれど、本当に金属なのでしょうか?」

A::豆電球テスターを使って表面に電気が流れるか調べてみると、「電球が光る」ということを紹介。いったいどんな金属なのか・・・保存がきく・すぐには変色したり、ぼろぼろになったりはしない(さびにくい)・食べても害はない。
アラザンの表面は、数万分の1mmの薄い銀の箔でできている。

銀はさびにくいので、銀色の輝きが保たれる。胃液には、薄い塩酸が含まれているが、銀は希塩酸に溶けないので、食べてもほとんど体外に出ていく。

食べても体内に残って悪さをしないとのことで安心した。

0807


0807_01

東京ドームへ向かう80mの緑のトンネル、ゴーヤが大きく実っていた。

|

« レインボーラムネもどき | Main | バイブレーション »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference アラザン:

« レインボーラムネもどき | Main | バイブレーション »