« 東京桜開花 | Main | 続:"The London Game" »

March 24, 2015

The London Game

Sさんがボードゲームを三つ送ってくださった。

Boardgame

二つはSさんが英国に駐在されていたころに購入されて現地で楽しんでいたとのことだった。その一つが"The London Game"中にはロンドンの地下鉄の路線図やらカード、カラフルなフィギュア、さいころ等が入っていた。A5判の説明書の裏表紙にはサミュエル・ジョンソンの名言

"Sir, when a man is tired of London, he is tired of life; for there is in London all that life can afford"
「ロンドンに飽きた者は人生に飽きた者だ。ロンドンには人生が与え得るもの全てがあるから」

が印刷されていた。ロンドンには5・6回行ったけど旅行者の悲しさロンドンに飽きるというまでにはいかなかった。

今日は"The London Game"の遊び方の英文をワードで打ち文字を大きくしてから訳してみた。英文を読むなんて久しぶり。半分くらいしか完成しなかった。まぁ頭の体操になるかな?

|

« 東京桜開花 | Main | 続:"The London Game" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference The London Game:

« 東京桜開花 | Main | 続:"The London Game" »