« August 2014 | Main | October 2014 »

September 2014

September 30, 2014

秋刀魚

秋刀魚の季節。

0930

今日は三枚におろして蒲焼風にした。小麦粉をまぶした秋刀魚をまずこんがりと油で焼くのだがその油を捨ててから味をつけるのが臭みをとばして美味しく作る秘訣。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 29, 2014

Joker's Club 9月例会

高田馬場の会場からは電車が良く見える。

0929

Yさんが不要だという小間物の部品を持ってきた。これは何かなというものもあったが皆女の子ワイワイ言いながらいただいた。

0929_02


0929_01


朝見た「今日の運勢」では最悪の日だったがラミーキューブがなんと1位だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 28, 2014

栗の渋皮煮

昨夜次男が栗を持ってきてくれたので渋皮煮を作った。

沸騰したお湯につけて10分後冷えてから剥き始めた。1kgの栗の鬼皮を剥き水につける作業に1時間。それを火にかけ重曹を加え沸騰直前で火を止め放置。冷えたところで冷水に流しながら渋皮をきれいにしていく。その作業を3回繰り返し最後にシロップで煮て出来上がり。

092

今年はラム酒入りも作ってみた。ラム酒の香りが家中に・・・アルコールに弱い私はクラクラ酔いそう!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 27, 2014

まだまだ尾瀬

船橋から帰って大相撲を見ようとTVをつけた。ンー!?御嶽山噴火のニュースが放映されていた。日本は火山王国、何時どこで火山が噴火するか分からないのだなあ!

先日行った尾瀬はその昔、活火山である燧ケ岳の噴火活動によってできた湿原だと聞く。

0927


0927_01


0927_02


0927_03_2

0927_05


0927_04


0927_06


0927_07


0927_08

ミクスト優勝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 26, 2014

オニグルミ

尾瀬戸倉で温泉に入った後、新宿駅行きのバスの時間にはまだ時間があったので只見川の河原近くに降りてみた。

0926_02

ススキが風に揺れ美しかった。

0926_03

猫じゃらしも紅葉しているのか面白い色合い。

0926_01

道路沿いに大きなオニクルミの木があり下にオニグルミの実が転がっていた。

果肉を取り除くと梅干しの種のようなものが出てきた。

0926_04

殻は固く割って食べるのは大変そう・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 25, 2014

尾瀬:09-22

19日は夕景を撮って食事をし7時半には寝てしまった。朝はMさんの気配で4時半起床。三脚持参で外に出た。やはり冷え込んでいた。

0921

紅葉した葉の周りには霜が降りており白い。

辺りは霧がかかり幻想的な景色が待っていた。

0921_08

靄に包まれた燧ケ岳だが、

0921_09

太陽が上がるとこんな景色。前方に前夜泊まった竜宮小屋がはっきり見える。

0921_02

湯煙立つ池塘。

0921_01

白い霧のカーテンが美しい。

当初の予定では峠越えして尾瀬沼から大清水に抜ける予定だったが重い荷物を背負って7kmを歩く自信がない私は鳩待峠へ戻りたいと言うと仲間もそれでは今回はそうしようと言ってくれた。

0921_05

昨日ほどではなかったがハイカーも多くはなかった。

0921_03

0921_04

今回の荷物をできるだけ少なく体への負担がないように荷物を作ったのだけれどやはり三脚は必須、ダウンにゴアテックス上下、手袋、ヘッドライト、予備電池・・・かなりの重さだった。写真の「歩荷(ぼっか)」さんの荷物とは比べるべくもないが。

ちょっと疲れたなぁと思っていると休憩。Sさんがボンベでお湯を沸かし魔法のように味噌汁、コーヒー、ココアまでご馳走してくれた。

帰り道の山の鼻からの上りはきつかったが仲間の励ましもありなんとか鳩待峠までたどり着き昼食。その後は待ち合わせタクシーで尾瀬戸倉まで出た。戸倉温泉で汗を流したのが良かった。怪我もなく仲間3人に助けられての初めての素晴らしい尾瀬ヶ原散策だった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 24, 2014

ゲーム3題

K先生が持参された「倉庫の街」"Die Soeicherstadt"と「郵便馬車」"Thurn und Taxis"「ラ・カンテット」"La Quintette"を教えていただいた。

「倉庫の街」は競りのゲーム。カードに書いてある名称がドイツ語なのでとっつきにくかった。次にやるときは大丈夫と先生はおっしゃっていたが・・・

二番目の「郵便馬車」は神聖ローマ帝国の新たな政策は郵便馬車網の整備。それに名乗りを上げた貴族である私たちプレーヤーが最も効率のいいルートを確立するゲーム。でもドイツの地名が分かりにくい。プレーヤー3人はこれが東京の地名ならもっと面白く身近なのにねとの評価。

ドミノの牌を使ってペア戦で行うゲーム"La quintette"はシンプルだけれども奥深そうなゲーム。フランスで流行っているらしい。これにはまりそう!!

0924

パッションフルーツがいつの間にか実った!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 23, 2014

柿の葉寿司

昨日栗拾いに行ったときに栗の木は苗木を植えてから30年経つので背が高く上のほうに実っているのでなかなか実を落とすことができなかった。

ふと隣に植えてある柿の木を見ると柿は手近に実っていた。さらに嬉しいことに葉が見事に紅葉していた。栗の実を拾い終わってから柿の葉を物干し竿で落とした。こっちは簡単にハラハラと落下した。

紅葉した柿の葉が変色してしまう前に今日は午後から柿の葉寿司を作った。

0923

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 22, 2014

栗拾い

今日は朝から栗拾い。今年は早かったらしく栗の木の下にはすでにたくさん落ちていた。拾い始めて「ブ~ん!」あらそうだった。こういうところには例のヒトスジシマカがいるんだっけ・・・薬局でスプレーは売り切れ!蚊よけティッシュペーパーを購入。

お昼は熟柿。ザクロも実っていたがこれは生け花用に持ち帰った。

0922

西王母が一輪もう咲いていた。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

September 21, 2014

尾瀬:09-21

高校時代「尾瀬に行こう!」と誘われても一度も行かなかったことを今頃大後悔。こんな素晴らしい場所があったなんて・・・

0920


0920_02


0920_03


0920_04


0920_05


0920_07_2

これは光暈というだそうだ。

光暈は雲を形成する氷晶がプリズムとしてはたらき、太陽や月からの光が氷晶の中を通り抜ける際に屈折されることで発生する。


0920_06

尾瀬の夕刻は冷える。もう今日は夕焼けはないと引き上げた途端竜宮小屋の窓からこんな景色が!!!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 20, 2014

尾瀬

写真のお仲間に誘われて尾瀬に行った。夜11時池袋発の夜行バスに乗車。朝4時半ごろ鳩待峠へ到着。そこから歩き始めた。

0920_01


0920

太陽の周りにきれいな輪が・・・

0920_01

木道やベンチには熊の絵の後ろにHXXと焼印があった。熊ではなく東京電力のマークだった。東京電力は、約20kmにわたって、木道を敷設・管理しているとのことだ。

こんないい天気で人のいない尾瀬は滅多にない、とSさんとMさん。Oさんと私は初めてだったけれど尾瀬の素晴らしさを満喫、大感激の時間を過ごした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 19, 2014

浜離宮庭園

銀座ルノワールで友人と会ってから浜離宮庭園へ。9月15日から老人週間で60才以上は入園料無料と窓口に貼られていた!敬老週間とでも書けばいいのに・・・入り口の虫除けスプレーをシュシューッとしてから入園した。

0919_05


0919

キバナコスモスが満開。

0919_02

萩も秋らしい。

0919_03

白萩も・・・

0919_04

やはり野に置け曼珠沙華。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 18, 2014

タイ料理

午前11時にT子と船橋駅近くの「・・・・・・・」像前で待ち合わせた。二人ともその場所は分かっているのだけれど名前が思い出せない。でも無事に会えた。「サッチャン」だった!!最近はこういうことが多いなぁ。

二人で園芸店をのぞいた。私のお目当てはトケイソウとチューリップの球根。チューリップの球根は沢山入荷していた。私が探しているユリ咲きのアラジンはなかった。トケイソウは春ですね,とのことだった。

お昼はT子が「イサラ」というタイ料理のお店に連れて行ってくれた。白い門をくぐって中に入ると30くらいのお席がほぼ満員。それも若い女性ばかり・・・お料理はもちろん美味しかった。

0918

京葉BCでのチーム戦の後電車の中で「トケイソウ」の本を読んだ。花の形、葉の形多種多様で楽しそう。今度は赤花がいいかしら?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 17, 2014

チェス

今から30数年前ブラジルだかメキシコで買ったチェス。納戸深くしまわれていた。この夏南米旅行をしたときマゴマゴ君が石に興味を持ったのでこのチェスを思い出した。大理石?でできているのかずっしり重い。それが彼はこれには興味はあまりなく割ってしまってももったいないからと我が家に返却された。

さて興味を持ってくれる人を探していたらチェスをする方が引き取っても良いと今日お返事をいただいた。

Chess


嫁入り前の記念写真。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 16, 2014

9月場所 力士たち

10時半ごろ両国駅に着いた。取組を終えた力士、これからの力士と行き交っていた。

0916_05

力士が着る浴衣の模様が楽しいなぁと写真を撮った。

0916_001

お洒落・・・

0916_10

白鵬とあるが・・・

0916_11

大好きな朝顔の柄

0916_02


あまり正面から写真を撮っちゃいけないのかなと思っていたので首から下とか後姿が多かった。一人の力士を撮り終えてふと目を上げると人懐こいニコニコ顔が私を見ていた。「撮ってもいいのですか?」と聞くと「勿論です!」浴衣には照の富士とあったので照の富士さんですか?と聞くと「照樹」と名乗った。伊勢ケ濱部屋の新鋭まだ16才。応援しようっと!

今日もSさんがマス席にご招待してくれた。良く見えるいいお席だった。
さてお目当て千代疾風様は?


0916_07


花道前で入念にストレッチ中。


0916_08

堂々と土俵入り。

0916_09


私が撮った千代疾風の写真は今一つだが勝武士を土俵際に追い詰め寄り切りで勝った。

出待ちで友人がツーショットを撮ってくれた。私は写真を撮ってもらうのは好きではないのに何故か千代疾風だと一緒に撮って欲しい!となってしまう。早く写真見たいなぁ!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 15, 2014

PGA最終戦

私の周りのゴルファーたちは男子ゴルフに興味ないという人が多い。女性ゴルファーのゆったりしたスウィングが参考になるのだという。私はなんといっても男子ゴルファーの豪快なスウィングが好み

5時からBSでPGAの最終戦を観戦した。タイガー・ウッズもフィル・ミケルソンもいないこの大会、20代の若い選手が活躍している。6時からは2画面でユ・ジャワンのピアノを聞きながら・・・ユ・ジャワンはピアノの腕もさることながらそのスタイルが素晴らしい。身体にフィットしたミニのワンピースを着てピアノを弾く。ラフマニノフのピアノソナタ第三楽章が終わった時点でビリー・ホーシェルが優勝し10億円のボーナスを獲得した。

0915_2


家人が摘んできてくれた彼岸花、お彼岸も近い。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 14, 2014

葡萄

葡萄の季節。この時期店頭に色々な葡萄が並ぶ。なかでも一番好きなのは「藤稔」次に好きなのは「ロザリオビアンコ今年は猛暑だったからか葡萄がことのほか美味しい。

0914_2

新種の葡萄?と聞くとすぐ試してみたくなる。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 13, 2014

般若心経

首が痛いだの腰がおかしいだのと言っては近くの整体にお世話になっている。そこのトレーナーのPさんは年のころ50代台湾から日本に帰化した方らしい。治療をしながらいろいろなことを話す。最近は彼が嵌って?いる仏教についての講義を施術中は聞くことになっている。熱が入ると彼の手は止まりがちなのでちょっと困るが・・・熱心なことこの上なく私にも仏教を勧めてくれる。最近は教祖様?の説法の日本語訳を私に添削してほしいという依頼を受けた。まぁ「て・に・を・は」くらいなら日本人だもの大丈夫と引き受けたものの後日添付で送られてきた44ページにわたるワードのドキュメントを見ると慣れ親しんていない仏教用語の数々に1ページ手を入れたがお手上げ!!!

でも今まであまり興味がなかった仏教に興味を持つようになった、と娘婿のMさんに話したら彼は般若心経の本を持っていて貸してくれた。こっちの方が分かりやすいかも・・・

0912


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 12, 2014

ユキスダレ

栂池の朝顔らしき植物を九州大学の朝顔の大家であるN先生に画像を見ていただいたら朝顔ではないとのお返事をいただいた。

0908_15


ここ数年ルーフガーデンの西洋朝顔が育たずマルバ朝顔ばかりが元気ですとお伝えしたら朝顔の成長点につくホコリダニが原因と教えてくださった。殺虫剤(殺ダニ剤)をまけば回復するともあったが・・・マルバアサガオには不思議とつかないとも!!

栂池観光協会に電話しスキーハウスの電話番号を入手。オーナーの奥様にお話を伺うことができた。

この植物はユキスダレもしくはハナスダレというゴマノハグサ科のつる性植物であるとのことだった。晩秋、朝顔とユキスダレの種を送りましょうと言ってくださった。ご縁ができてうれしい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 11, 2014

栃の実

白馬散策の折、諏訪神社と書かれた神社があった。道路に面しているところに一の鳥居がありそこからちょっと離れたところに二の鳥居があった。上を見上げるとお社があるのだがはるか上!!もう歩くのは疲れていたので遥拝で済ませた。ふと視線を下にやると辺りに栃の実がいっぱい転がっていた。


Suwa


Suwa_01


Suwa_02


栃餅でも作ろうかなぁと思ってサイトを眺めたらあく抜きに時間がかかることがわかった。まず流水に1か月くらいつけてそれから・・・・ちょっと無理かなぁ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 10, 2014

ホテル近くで

バスの車窓からヘブンリーブルーの朝顔を見かけたのでそこを目指して8日の夕方と9日の朝行ってみた。

0908_13


0908_14


0909_03


0908_15_3

近くには紫色の変わった朝顔も咲いていた。

0910_01


我が家のヘブンリーブルー終わったと思っていたがなんと玄関先のがきれいに咲き始めた。


0910


白馬五竜・栂池自然園・八方尾根よく歩けた。行く前は腰に違和感を感じていたが治ってしまった。やはり座ってPCを眺めているのが一番良くないようだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 09, 2014

八方尾根

標高800mの八方尾根駅からゴンドラリフト「アダム」に乗り8分。続いてアルペンクワッドリフトに7分。夏場は地面との高さが1.5mに設営されているので間近に地面の花々を楽しむことができた。

到着地は長野オリンピックのスタートハウスであるということだった。滑降競技はこのあたりからスタートしたらしい。昔々スキー部の合宿で八方尾根に来たことはあったがどこで滑ったのか全く記憶にない。グラートクワッドリフトに乗り換えて5分。標高1830mの八方池山荘から岩がゴロゴロの登山道。第2ケルンまで標高差900m、第3ケルンまで標高差600m。よく歩いた。

八方池(標高2000m)まで1時間ちょっと途中休憩を入れながら歩いた。11時半ごろちょっと早かったが第3ケルンそばで蛇紋岩に座ってお弁当を食べながら1時間あまりガスが晴れるのを待ったが北アルプスは見えることなくまた元の道を歩いて降りた。

0909_02


0909_04


0909_06


0909_10


0909_08


0909_09

ヘリコプターが工事用の資材の運搬をしていた。

0909_11


0909_12


0909_13


兎平で久しぶりのコーヒーを飲んだ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 08, 2014

栂池自然園

栂池高原駅(412m)からリフト「イブ」に20分。ロープウェイで自然園駅(1829m)まで5分。園内一周(5.5km)をゆっくり3時間くらいで歩いた。

0908_05


0908_12


0908_20


0908_06


0908_07


0908_03


0908_04


0908_11_2


イワショウブ。白い花からピンク色そして赤い色へ変わっていくので別名「衣装持ち」というのだそうだ。

0908


0908_01_2

キヌガサソウ(上)とサンカヨウ(下)。サンカヨウの青紫色の実は美味しいらしい。


0908_02


チングルマは花が終わった後もかわいい。


0908_10_2

展望湿原は北アルプス絶景スポットということだったが・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 07, 2014

白馬五竜

Iさんと白馬へ。あさま513号に乗って長野。バスで白馬のゴンドラ駅、とおみ駅(818m)から五竜テレキャピンでアルプス平駅(1515m)まで8分乗車。続いてアルプス展望ペアリフトに乗ること10分。リフト下車してから、標高1676m地蔵ケルンまで登った。地蔵沼を見てから白馬高山植物園の花々を楽しんだ。

0907_09


0907_01


0907


0907_03


0907_05


0907_06


0907_07


季節は夏から秋へ。

0907_10


エスカルプラザで重金一正氏の写真展「五竜岳・遠見尾根」を見た。「晴れゆく五竜岳」素晴らしかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 06, 2014

山楽写真展

午後から新宿御苑へ。「入場口で半袖ですか?」と言われた。そういえば今日は暑かったので長袖ではなかった。「お隣に来てますからねぇ~。草むらには入らないようにしてください。」、と続いて理解した。


0906


蚊に出会うこともなく新宿門から堀内カラーへ撮る友のSさんの写真展を見に行った。解説付きでゆっくり拝見した。上手だなぁ。何時になったらこんないい写真が撮れるようになるのかな?

0906_01


デング熱ウィルスを持った蚊が代々木公園に続いて新宿公園と神宮外苑にもいるらしいと言われては出掛けるときは武装しなくては・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 05, 2014

webでレッスン

昨夜は夜の9時からレッスンをだった。3人とスカイプで話しながら送られてきた書類に沿って説明をし各自のパソコンを動かしてもらった。それぞれ仕事を持っているので夜の時間が一番都合がよい。終わったのは11時近く。

今朝はまたメール添付でレジュメが送られてきたが内容の整理ができていないので今一度チェックをしてもらうように返事をした。

ウェブでレッスンができるというのは本当に便利になったものだ。

0905_02_2

トケイソウは一日花。見飽きない。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 04, 2014

ベーコンエッグパン

富士桜でSさんが朝食に作ってくれたパンが気に入って最近はまっている。

0905_01_2


食パンの耳回りを四角く切り取り白い部分を取り出す。ベーコンと玉ねぎを炒めそこに卵を割り入れる。くりぬいたパンで蓋をしてひっくり返す。こちらが表がいいのかそのままをサーブした方がいいのか!!そのままの方が私は気に入っている。

あの時にどちらを表にするかということで5人で論争になったけれど・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 03, 2014

光照射で接着

役員会後の会食中口の中でゴロゴロしたものを感じた。「歯の詰め物が取れた!!」

つい2週間前に歯の健診に行ったばかりだというのに・・・食後にN歯科に電話して今日の夕方の予約を取った。午後は書類のチェックで時間があっという間に過ぎた。

5時半歯科へ。診察の結果とりあえず麻酔してから取れた個所を磨き強力セメントで装着する方向で治療することになった。夕暮れ迫る外を眺めると新宿御苑の右前方に見える鉄塔の先端が点滅している。「あれ何かしら?」W先生に尋ねると「方向からいうと市ヶ谷方向ですね。」どうやら市ヶ谷駐屯地「通信鉄塔」航空障害灯らしい 。ここから見えるなんてW先生も気が付かなかったと言っていた。

ピ・ピ・ピと口の中で光照射が10数度。5秒程度でセメントが固まり接着するらしい。6時近く解放された。

090

河口湖から持ち帰ったトケイソウの面白い花が咲いた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 02, 2014

続々:那須塩原

「ウィザード」「ゴイタ」をした。ウィザードは個人戦なので勝手にビッドをしてプレイできるが「ゴイタ」はペア戦なので場に出ている札をにらみパートナーが何を持っているかを想像しながらプレーをすることになる。ペアを変えて3回戦。私以外の3人は皆上手なのだが私とペアになると勝てなかった!!!

0902_2

帰りに寄った羽生サービスエリア。江戸時代の商家の街並み風になっていて面白かった。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

September 01, 2014

続:那須塩原

朝食後窓から見える霧に霞む山を見ながらゲームをした。

「片目の海賊」「ウィザード」「EXTRA!」「Twenty Two」「Thirty One」

0902_03


0902_02_2


高原は秋の佇まい。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2014 | Main | October 2014 »