« Kitchen Scale | Main | うんともすんとも言わない »

June 09, 2014

犯科帳

犯科帳というと「鬼平犯科帳」を連想するが江戸時代の長崎奉行の「犯科帳」について江橋先生が解説してくださった。

江橋崇(えばし・たかし)氏は法政大学の憲法学の元教授。昨年度定年退職。日本のカルタ研究の第一人者。遊戯の歴史では当事者が記録を残さない賭博の領域では、決定的に資料が不足している。正確で詳細な記録は、むしろそれを取り調べた司法側に遺されていることが多い。

取り調べの記録つまり「犯科帳」には庶民の名前まで詳しく書かれどのようなゲーム(賭博)をしたかが書かれている。「犯科帳」の抜き書きを見ながら話をうかがった。

私はお金をかけるゲームはしないがゲームに楽しみを見出す庶民の一人として興味深くお話を伺った。

09061

ひまわりがどんどん大きくなってきた。


|

« Kitchen Scale | Main | うんともすんとも言わない »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 犯科帳:

« Kitchen Scale | Main | うんともすんとも言わない »