« 秋色街景色 | Main | 池上本門寺お会式万灯行列 »

October 11, 2013

「それからのブンとフン」

井上ひさしの初期の作品「ブンとフン」を土台にして栗山民也氏が演出し音楽劇として天王洲アイルの銀河劇場で公演されている。原作を読むとあまりにも荒唐無稽な内容なのでアニメならいざ知らずどのような演出なのかと思った。

舞台向かって左に朴勝哲氏がBGMとしてピアノを弾いている。「自由奔放、神出鬼没、奇怪至極、痛快無比!」とパンフレットにある通りの賑やかな舞台。売れない作家フンが書いた小説の中の人物がブンが4次元的に現世へ飛び出してくると言う大騒動。その中で権力とは、自由とは、秩序とは、創造とはと井上ひさし流に観客に訴えかける。

お芝居がはねた後のトークショウも楽しかった。

|

« 秋色街景色 | Main | 池上本門寺お会式万灯行列 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「それからのブンとフン」:

« 秋色街景色 | Main | 池上本門寺お会式万灯行列 »