« May 2013 | Main | July 2013 »

June 2013

June 29, 2013

作業用テーブルトップ

またまたサンダー。この快適さにはまりそう!でも昨日のハンズのスタッフはサンダーはどうしても削りすぎてしまうので出来れば手作業でやった方がbetterと言っていたが・・・

29068_2


29067

アトムハウスペイントのナチュラルブラウンで仕上げた。この110X70の机はハンドルで上下出来るし大きさも作業用に丁度良く使いよい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 28, 2013

オイルフィニッシュ

昨日サンダーで仕上げた椅子(といってもシミがあった片肘だけだが)の仕上げ材を買いに再びハンズに。若い男性スタッフが私の顔を見ながら洗顔して化粧するまでに喩えながらまずきれいに洗顔する、次に化粧水、乳液をつけて!おしろいをすぐつけてもダメでしょう?と詳しい。とにかく下地作りをきちんとしたかということを聞いてきた。まぁとにかく私なりにやったというと仕上げ材のコーナーへ連れて行かれ説明を受けた。

結局オイルフィニッシュという塗装をすることにした。あまり保護効果は期待できないらしい。何度も塗り重ねることによって汚れのしみ込みを防ぐということになるそうだ。

我が家のリビングに置かれているちょっと変わった木製のラウンジチェアようやくよみがえった。

29064_2

http://www.kokinlabo.co.jp/contents/category/34/blogid/7/subcatid/1


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 27, 2013

サンダー

サンダーを使うためにまずとりつけるヤスリをハンズに買いに行った。常駐しているスタッフはDIYに詳しい。これこれこういうことをしたいのだけれどと話すとすぐやすりの売り場に連れて行ってくれて布ヤスリの#100と#180そして紙ヤスリの#240を買うことをすすめてくれた。

ヤスリをかけた後の仕上げはどうすればいいのかしら?とさらに質問するとニスをかけるかそれともかけないでオイル仕上げにするかによって違うとの説明だった。日本人はオイル仕上げはあまり好まずニス仕上げを選ぶらしい。

木製椅子の肘部分をサンダーできれいにしてみた。

27060


27061

明日はこれをまず仕上げるためのオイルを買ってこよう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 26, 2013

EXPO

国際展示場東ホールで今日から開催されている文具・紙製品EXPOに友人と出かけた。一つの展示会に登録すると東ホールの他のEXPOにも入場できる。でも何しろ会場が広いので会場案内図を見ながらざっと見て歩くことにした。

文具は日進月歩しているのでそれを見たり実際に使ったりした。面白いなぁと思ったのは水入り筆で何回でもかける紙(1000回は書けるそうだ。)まぁ習字セットとでも言う物だろうか。それから「折り紙工場」という紙をプラスチックの四角に入れてさっと引っ張ると正方形に切れる器具。最近の広告紙とか包み紙はちょっと捨てるのがもったいないなぁと思うのもあるのでこれで切っておいたら折り紙代わりにマゴマゴと遊べるかも・・・ボールペンで発色が良くその上書きやすい物もあった。そういえばゴルフマーカーも!プロの試合を見ていてゴルフボールにラインが引いているのをよく見るがこれか~~というもの!ここですごく時間を使ったけど他も一応回った。

午後は西ホールの"PHOTO NEXT 2013"へ。C社とN社が張り合っているのが面白かった。

歩き回ったので1万歩は越えているかと思ったら8000歩にも足りなかった。

Expo01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 25, 2013

ラディアトーリ

春に「箱根ガラスの森美術館」のレストランで春野菜のグリーンパスタを食べた。そのショートパスタは珍しい形をしていた。スタッフにこのパスタの名前を聞いたら”ラディアトーリ”だと教えてくれた。ラジエーターの形に似ているからこの名前がついているのだそうだ。

お嫁ちゃんがコストコから今日送ってくれたのがガロファロの”ラディアトーリ”。このショートパスタにほうれん草ピューレがしっかりからみつきパルメザンチーズをかけて食べるとさらに美味。

25061


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 24, 2013

ダイアンサス・ブラック&ホワイト

3月にダイアンサス・ブラック&ホワイトの種をプランターに蒔いてみたがあまりよく育たなかった。それで業を煮やしてネットショップで苗を買った。ダイアンサス・ブラック&ホワイトの面白いところはその花色が個体によって微妙に違うこと。ブラック&ホワイトと命名されてはいるが茶色っぽいもの、ピンク色のもの、紫色のものなど・・・

24065_2

24062


24063

4月の気温の低さで手蒔きの苗はまだヒョロヒョロしている。でも見事に咲いた。

23060


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 23, 2013

「あさがお」咲いたよ!

午前11時かわいいお客様がお父さんのFさんに連れられてやってきた。5才の小春ちゃん。持っていた紙パックのジュースをマゴマゴの4才のヨットンと半分こしてくれた。仲良く二人は折り紙で遊びだした。

数日前愛用していた作業用のテーブルの表面が傷ついていたのでをきれいにすることを思いつき電話をしたら早速『サンダー』を持ってきてくれた。この『サンダー』は彼のおじいちゃんが使っていた物だそうだ。

私は今日羽化したカブトムシを二人に見せようとかぶせておいたポリ袋をとったら「ジェージェー・・・」いない!みんなで大捜索!

結局腐葉土の中にもぐっているのではということになり一件落着。

23066_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 22, 2013

会食会

娘婿のKさんのお父様からK家会食会へのお誘いをいただいた。場所は銀座の『うかい亭』あらかじめKさんから家系図をプリントアウトしたものをもらってKさん一族の関係を頭に入れていたのでご挨拶もスムーズだった。

今夕のメニュー

・ウニのジュレ
・季節のセレクトオードブル(初カツオ・穴子・アオリイカ)
・そら豆のスープ
・鮑の岩塩蒸し 
・うかい牛ステーキ  
・食事(そうめん 又は ガーリックライス)
・デザートセレクト(紅茶シフォンケーキ、オレンジのサバラン、プリン)コーヒー、紅茶

うかい亭の素晴らしい雰囲気の中でまず「ウニのジュレ」続いてオードブルのチョイス。私は「アオリイカの大葉ソース」を選んだ。ヘレンドのグリーンの皿にシンタマネギのみじん切りミョウガの斜め薄切り芽ジソがのったアオリイカが運ばれてきた。次に「空豆のスープ」、かき氷が敷かれたボウル上にスープ皿がはめ込まれそこに明るい緑色のスープ。

メインのお料理「アワビの岩塩蒸し」は最高に美味しかった。目の前の鉄板の上に大笹を敷き活きているアワビを下向きに並べ薄切りのレモンそして1尺角の大きな昆布を数枚さらにその上に塩が山の様に振りかけられた。そこへ水をかけ蓋をし蒸すこと数分。ロイヤルコペンハーゲンレースの大皿にポロネギといっしょにアワビのステーキが・・・初めていただく珍味だった。フランスパンが一枚添えられておりおいしいソースも・・・

続いてステーキ。ガーリックライス。お漬け物には小さな芽がかわいいハスの芽が添えられていた。

「百聞は一見にしかず」で料理写真を撮りたかったがさすがの私も断念。

Kさんのお父様と家人は偶然にもブラジルと関係があり共通の知人もいてビックリする様なお話しを伺った。家人が3回生の時に研修したウジミナスへでも後年働いたことがありブラジル滞在中6年間は実に波乱に富んだ生活だった様だ。世界は広い様で狭い!

22名という出席者で青森から山口から参加された方全員とお話しは出来なかったのが残念だった。

優雅に夜は更けていった。

22065


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 21, 2013

『椿姫』

4時半に上野東京文化会館二階の精養軒で待ち合わせ食事をしながらおしゃべりが弾んだ。ITC日本リージョン年次大会でSさんはクラブ派遣員を務めまた主宰した英語の教育セッションのプログラムのことも詳しく話してくれた。相変わらず活動的また才能豊かな人だ。Iさんはビジネス会議のページを務めたらしいが派遣員が自信なさそうに手を挙げるので賛否を数えるのに大変だったと・・・

6時を回り入場する段になって私はSさんから5月末に送られて来た切符を忘れたことに気づいた。受付で事情を話すと万が一その切符を持った人が入場した場合離席するという条件付きで入場券を再発券してくれた。

6時半からハンガリー歌劇団による『椿姫』開演。ヴィオレッタに扮した歌手が身体を横たえていても素晴らしいソプラノなのに感動した。『椿姫』はあらすじはシンプルでも最近のオペラは字幕が両脇につくので内容がわかりより楽しめる。また休憩中連席の他の3人の方とも久しぶりの再会だった。

『椿姫』の主人公の名前が私はアルマンとマルグリットとしか思っていなかったが帰宅して次のサイトを読んだ。

http://www.kato-library.com/essay/001/06.html

A・デュマが書いた原作では主人公はアルマンとマルグリット。ヴェルディがオペラにする時にアルフレッドとヴィオレッタとしたようだ。他にも『椿姫』に関する興味深いエピソードが載っており必見。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 20, 2013

ドバト

船橋市の天沼公園平日の昼間は人気がない。公園の中心に噴水があるのだけれどその向こうの石段になにやら沢山鳥が集まっていた。近くで見たらなんとドバトだった。それも数十羽が石段に座っていて体中の羽根をふくらませてじっとしていた。近寄ってみても人慣れしているのだろう飛び立つ気配もなく警戒心は薄い様だった。こういう仕草は冬の寒い時に体温を逃がさない様にするためと聞いていた。

今日は梅雨空で雨こそ降っていなかったが寒いということもない気候だった。どういう意味なのかは不明。

20061_01


20062_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 19, 2013

若い男

「明晩若い男と寝てくれませんか?」とKからのケータイ!

今日は美容院に行ってきれいにして・・・忙しかった。夕方出会ってタクシーで直帰。夕食を食べてから9時過ぎになってもベッドインかなわず!

10時半頃別の女が来宅。彼は彼女を待っていた様で抱きついていった。

・・・・・・

娘婿のKさんってホントにおもしろい。

19064


この時期プランターのあちらこちらからネジ花が咲く。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 18, 2013

太陽礼拝

1週間に一度のヨガレッスン、今月はなんとか4回参加できる。ストレッチで身体を伸ばしてからポーズに入る。腹筋ストレッチはまぁまぁとして私は背筋が弱いことを実感した。

最後に『太陽礼拝』で終わる。1時間半ヨガをした後は身体スッキリ。今日はよく眠れそう!

18062

蒸し蒸しした梅雨空の下『湘南の風』が吹く。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 17, 2013

モダーンアート・カードゲーム

2ヶ月ぶりのJoker's Clubでカードゲームを二つ。最初はドイツのゲームでモダーンアート・カードゲーム。参加者は世界中を駆け巡る画商となる。5人の現代美術の作家の作品を競っていくというゲーム。

ルールもさほど複雑ではなくなかなか面白いゲームだったが画商が買う様な魅力的な絵が描かれていないのが残念。

次のゲームはマゴマゴとやったら楽しいだろうなぁと言うお化けキャッチというゲーム。赤いイス、白いおばけ、緑のビン、青い本、灰色のネズミがテーブルの上に置かれておりカードをめくって、絵に描かれているものと一致するもの或いは一致しない物を取る。こちらはデザイン的にも優れており反射神経が問われるゲームなのが単純でGood!

後半はラミーキューブ。帰宅後エクセルに12人の点数を入れて成績表を作成した。

Rg17060

スカビオサ・アルバ花びらがすこ~しずつ開いていく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 16, 2013

全米オープン

寝不足!全米オープンが始まったからだ。今回のペンシルベニア州アードモアのメリオンGCはマスターズが行われるオーガスタ・ナショナルGCやペブルビーチナショナルのGCより英国的なGCのように思う。選手達はジッと我慢のゴルフを強いられている様だ。

高校時代の友人Aさんは週2ゴルファーだが彼はゆったりした女子ゴルファーのフォームを参考にするので女子の試合しか見ないという。私はカッコいい男子ゴルファー達がグリーンの上でプレーする姿を見るのが大好き。

1ヶ月後はセントアンドリュースでの全英もある。楽しみだ。

Clema_01


Clema_02


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 15, 2013

新タマネギスープ

新タマネギをレンジでチンして食べるのも美味しいけど私が最近はまっているのがガラスープの中に丸のまま入れてそれをスープと一緒にいただく。タマネギが甘~くて柔らかくなる。

冷蔵庫の野菜とちょっと小さめの新タマネギをゴロゴロと入れてガラスープをとる。スープ皿によそいベジガーデンのパセリを刻んで入れてできあがり。

Oignion_04


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 14, 2013

2013西洋朝顔サイト開始

ルーフガーデンのアグロステンマ、セントーレア、ニゲラなどを片付けいよいよ西洋朝顔がメインになってきた。相変わらずマルバのミルキーウェイが強いけどヘブンリーブルーやブルースターがきれいに咲く様になった。

Asagao_002


Asagao_001

Asagao_003

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/2013asa/0613.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 13, 2013

ウジミナス行貨物船

1961年4月家人がブラジルに行った時の貨物船の名前が分かった。日之出汽船(現日之出郵船)所属の『旭洋丸』だった。日之出郵船の社員の方がリタイヤーした日之出汽船の社員の方に聞いて下さったとのことだった。帰りはなんとホノルル経由で帰国したらしい。一応船で世界一周したことになるのだなぁ!

そのほか会員である学会のウェブ図書館で家人が発表した論文なども読むことが出来ることを知った。現役時代は忙しく私も子育てに忙しかったので彼の仕事の内容はよく知らなかった。

大学の会報へは彼が関わった日本とブラジルの関連の仕事についてまとめ担当者にメール添付し送信した。

ルーフガーデンで西洋朝顔ブルースターが咲き始めた。

Ipomoea_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 12, 2013

柿の葉鮨

昨日夜遅く帰宅してから柿の葉鮨を作った。会合で会った従兄弟に叔母へと託した。

市ヶ谷のあの大きな柿の木はもう切られてしまうに違いない。杏もツバキも紅梅も紫陽花も・・・寂しい!

Persimmon_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 11, 2013

明治神宮のタヌキ

朝からどんよりしたお天気。雨が降りそうで降らなさそう・・・明治神宮内苑の花菖蒲咲いたかしら?

まずお参りして参道を歩いていたらなんとチョコチョコと小動物が歩いてきた。ネコ?否否タヌキだった。それもコダヌキ。愛くるしい目でジッと私を見つめまた杜の中へ入っていった。

菖蒲田の受付で話を聞いてみた。なんとこの神宮には野生のタヌキが十数匹住んでいるのだそうだ。タヌキは夜行動物なので昼間は出てこないのが普通なんですけどとのことだった。おなかが空いていたのかな?

Meijishrine_01


Meijishrine_02


Meijishrine_03

Meijishrine_04

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 10, 2013

DJポリス

あのDJポリスに警視総監賞の授与が検討されているといううれしいニュースを聞いた。

日本代表が2014年のブラジルW杯出場を決めた夜の渋谷駅前のスクランブル交差点での混雑を避けるため「みなさんは12番目の選手です。日本代表はルールとマナーを守ることで知られています」などとサポーター達を巧みな話術で誘導したことは翌朝の番組で放送されあのシーンを何度も繰り返し見て感心していた。

最近にない明るいニュース。


ホリホック・ピーチズンドリーム ピンク色の薄紙で作られている様だ。

Holihock_01

ホリホック・チェストナット・ブラウン この色のホリホックもチャーミング。


Holihock_02


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 09, 2013

アーティチョーク

去年フランスで食べたアーティチョークの味が忘れられず通販を探して送ってもらった。今年は他の植物と同じようにアーティチョークも早く成長して5月の中旬からもう売り出していた様だ。

ドザッと送ってもらったので取りあえず添え書きにあったように30分間茹でた。これを歯でしごいて食べるというのがなんとも面白い。ワインを嗜みながら食べると良い、とあるのだけれど私は余り飲まないし・・・でも料理用のワインがあったのでそれを開けてチビチビ!飲みながら食べてみた。机の上にはみるみるかすが山積みになった。おいしい!!

Artichorck_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 08, 2013

タイムスリップ

市ヶ谷の叔母の家は昭和30年頃建てられた。私も高校時代この家から通ったこともある懐かしい昭和の家だ。サッシなどは入れてなくてたたみふすまの和風の家もなかなか良かった。何回か改築をしても庭は昔のままだった。ただ庭木は大きく成長してジャングルのよう!叔母が体調を崩し次男が留守番代わりに住んでいたが建て替えることになり今日彼は蔵前のマンションへ引っ越し。8時半頃行くと荷物はほぼまとめられていたので庭の紅梅に実った梅を落とした。これで最後だと思うとなんか寂しかった。

午後新しい住まいへ。近代に突然タイムスリップしたようだと次男が言ったが最近のマンションはあちらこちら目を見張るばかりに新システム。

夜遅く平成の初めに建てた築後20年の家に戻った。

Ajisai_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 07, 2013

ウジミナス製鉄所

ウジミナス製鉄所は1958年1月に日本・ブラジル合弁によりブラジル・ミナス州に設立された。今ちょっとウジミナスにはまっている。というのは家人が大学3回生の時に約1年間ウジミナス製鉄所で施工管理実習を受けた。ブラジルへは船でそれも貨物船に乗って45日もかって地球の裏側ブラジルのサントス港に着いたらしい。「その船の名前は?」「忘れた!」早速インターネットで情報収集。ウジミナス製鉄所への日本からの貨物船積みは1960年3月4日に始まり1965年8月17日の最終船まで延べ72船あるということは分かったが果たしてそのうちの何という名前の船に乗ったのだろう。

最近家人は大学の会報に載せる為の原稿を頼まれた。書くことは嫌いではない私に書いてくれと言うので昔彼が書いた物を参考にして書き始めたが私は物事をはっきり把握しないと気がすまない質なので50数年前に渡航した時に載った船の名前を書きたいのだけれど・・・1回生のころから彼をよく知っていたがブラジルに興味を持つなんておかしな人だなぁと当時は思った。今になって急に50数年前の出来事に興味を持ってきた。

クレマチス・湘南の風が突然に!

Clematis

ニゲラ・イスタンブールがこぼれ種から・・・

Istambul


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 06, 2013

杏ジャム

旅行中キッチンに置いておいた杏がすっかり熟していた。

杏ジャムがいっぱい出来そう!取りあえず今日は1kg

Dianthus_04

ダイアンサスブラック&ホワイト、チャーミングな花

Dianthus_01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 05, 2013

京都④

今日も京都は暑かった。

平安神宮の神苑は菖蒲とつつじ、蓮の花がまっ盛り。

Kyoto0506_01


Kyoto0506_02

帰りはN700系の「ひかり」で帰京。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 04, 2013

京都③

銀閣寺は何年ぶりだろう。

Kyoto0406_01


Kyoto0406_02


Kyoto0406_03

Kyoto0406_04

お昼に時計台下の"La Tour"で卒後50年の記念会食会。その後見学会があった。
夜はまたまた正餐会。同級生が50人近く集まり私も含めて同伴者も10名。最後には寮歌を肩を組みながら歌うのはさすがバンカラ旧制男子校。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 03, 2013

京都②

無機質な京都駅構内

Kyoto0306_01

府立植物園のアリウム

Kyoto0306_02

南禅寺の山門の真下では”What does it mean?Zekkeikana! Zekkeikana!”

Kyoto0306_04

大好きなインクライン

Kyoto0306_05

「哲学の道」でネコちゃん達が沢山寝ていた。

Kyoto0306_06

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 02, 2013

京都へ

朝カブちゃんを見たら完全に蛹化していた。ホッと安心!

Kansai0206_01

世界遺産登録の富士山も見送ってくれ西へ。

Kansai0206_02

マゴマゴが喜びそうな京阪電車。

Kansai0206_03

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 01, 2013

カブトムシ前蛹中

市ヶ谷の叔母の家に杏を収穫に行ってきた。古い木なので高いところに実っておりたたき落として拾うという作業。家を建て替えることになったのでこの杏も今年で終わりかもしれない。

Apricot_01


夕食後パイレックスの容器をソッとのぞき込むと一匹が身体をクネクネさせてどうやら皮を脱いでいるらしい。グルグル回転もしながら前蛹の状態になってきた。本人は必死なのだと思うけど見ているととても面白い。

Apricot_02

明日から関西。無事に蛹になるといいけど・・・


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »