« ごにーず | Main | ポリジ »

April 20, 2013

「横濱短篇ホテル」

久しぶりにウィットに富んだ楽しい劇を見た。紀伊国屋ホールで上演されているである横浜の老舗ホテルを舞台にしたマキノノゾミの新作「横濱短篇ホテル」である。7つの短編の話がかみ合いながら『1970年初冬』から『いま』に近づいてくる。

1970年初冬。横浜のホテルの一室で、映画監督とプロデューサーが、三島由紀夫の自決を話題にしている。次の映画は三島原作「夏子の冒険」。そこに1人の女子高校生が飛び込んでくる。「ヤクザに追われて」と題するこの第1話に「人間観察」「脅迫」「初恋の人」「離婚記念日」などが続く。同じホテル内の喫茶室、ロビーラウンジなどに場所を移し、5年ずつ時間を刻みながら七つの話が連なり、同じ高校の演劇部員だった2人の女性の人生模様が像を結んでいく。

一緒に行ったN子に先日作ったフランストートバッグをプレゼントした。コルマールで採ったヘブンリーブルーの苗とエッシュルシュールのナデシコの苗はまだ小さいので次回。

|

« ごにーず | Main | ポリジ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「横濱短篇ホテル」:

« ごにーず | Main | ポリジ »