« "Sabonnier de Chine" | Main | 放射能濃度検査報告書 »

October 13, 2012

金繕い

昨日習った「金繕いの講習」の復習をしてみる。割れた染め付けの古伊万里はすでに糊漆で接着したのだけれど日に透かしてみると光が漏れる部分がある.。先生にそのことを報告すろとそこへ砥の粉と漆と糊を混ぜたものを入れ込みなさいと言われた。

やってはみたがうまく行かない・・・

そういえば昨日面相筆なる細い筆を買った。これは蒔絵をする専門家が使う筆で長さを調節するために軸から抜いて紐で引っ張る様になっている。イタチの毛で出来ているというのも面白い。腕よりも道具?ということで購入したが果たして結果は如何に?糊継ぎが終わったら金継ぎをしてみよう。

Fude_01

|

« "Sabonnier de Chine" | Main | 放射能濃度検査報告書 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金繕い:

« "Sabonnier de Chine" | Main | 放射能濃度検査報告書 »