« September 2012 | Main | November 2012 »

October 2012

October 31, 2012

小石川植物園

フクロミモクゲンジが小石川植物園にあるとTさんのHPに載っていたので今日は見に行ってみた。白山から正門へ行く塀の上から見覚えのある実が見えたのであれだろう?と思った。かなり大きな木なので実もかなり上の方についている。今度来るときは双眼鏡を持っていこう。園内で無数に落ちていた実を見るとフランスで良く見たものと似ている。袋の中の実は小石川植物園のは緑色だった。これからフランスで見たものの様に黒くなるのだろうか。

Koishikawa_01_2

Koishikawa_06


売店前でお弁当を食べていたらお隣に座った奥様が2冊の写真帳を見せて下さった。小石川植物園愛好家らしい。植物園の四季の写真をステキに撮っていらっしゃった。赤い実をつけたイイギリの場所とか黄葉の美しいヒッコリーの木のこととか話して下さった。売店の小父さんもリンドウの咲いている場所やトリカブトの花も見せてくれた。おかげで園内をあちらこちら楽しみながら歩くことが出来た。

Koishikawa_02

Koishikawa_03


Koishikawa_04

酔芙蓉に送られて退園。


Koishikawa_07


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 30, 2012

スマホ

スマホを使い出して2年経つのでそろそろ新しい機種に買い換えようと思うのだけれどあまりにも沢山機種があるので迷ってしまう。おサイフケータイ・ワンセグ・グローバルパスポートは必要3大条件。後は少し重くてもディスプレイが大きい方がいい。

パリでも4人に一人はスマホを持っていて地下鉄の中でも使えるようだった。そして日本と違って自由に通話もしていた。

何がいいかなぁ?人に会う度にスマホをみせてもらっているけどなかなか決まらない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 29, 2012

カブちゃんが・・・

ルーフガーデンの植物の整理をした。夏中楽しんだブラックペチュニアもすっかり枯れた。抜いてみたらなんとカブトムシの幼虫が出てきた。カブトムシを育てるのは1年でいい、と幼虫はマゴマゴ一家へ渡したはずだったが2匹残っていたのだ。

飼育箱を妹のところからもらって新しい腐葉土を入れ今年もまた育てることにした。

Beatle_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2012

リースふたつ

今日は高校の同級会の遠足だったが雨の予報の為中止となった。

丸一日時間が出来たので先日斑尾に行ったときに作った生リースの補修をした。野ブドウの葉や実が枯れてしまったのでそれを取り除き手元にあったツバキやアンバーで作り直した。

Lease_01_2

もう一つはフランスで取ってきた西洋菩提樹とイトスギ(イタリアンサイプレス)と楓の実を使って作った。

Lease_02

秋色フランス良かったなぁ!


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 27, 2012

銀杏

友人が銀杏を持ってきてくれた。お庭にオスとメスの銀杏の木があって沢山取れるのだそうだ。でもきれいにするのはだあれ?と尋ねると自分自身でビニールの手袋をはめて果肉をつぶしそれをきれいに洗ってから干すのだそうだ。

大きく真っ白い実を封筒に入れて1分半チンし少し塩を振って食べると食べやすくおいしい。今日は銀杏の実を取り出し栗と銀杏のおこわを作った。メインディッシュはパリの韓国料理店「ハンリン」風鶏唐揚げに挑戦。でもあのスナック風唐揚げにはほど遠い味だった。付け合わせには飯山の黒人参のピクルス。カリフラワーも入れたらポリフェノール効果で真っ赤に染まった。

Karaage_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 26, 2012

ムチン

ようやく仏蘭西旅行の写真をサイトにアップした。コメントがまだだけど。

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/france/index.html

最近かなりPCを開けている時間が多くDVT症候群かな?と今日は眼科に行った。ドライアイや白内障の症状は殆ど見られないが右側の目の角膜が少し傷ついているので目薬を処方された。一昨日「ためしてガッテン」で見たムチンの目薬も処方して下さいと先生に話したら「そのTV見たかったなぁ!」とおっしゃった。この目薬で驚異的に目が良くなることをきたいしつつ・・・

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 25, 2012

黒人参カルパッチョ

飯山の黒人参なにか美味しい食べ方はないかな?とネット検索してみたら黒人参のカルパッチョがあった。これは「キッチンが走る」という番組でこしらえたものらしい。はばのりのかわりに焼き海苔を使ってみた。人参の味よりガーリックオイルの味がかっていた。後はピクルスにしてみよう。

Carot_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 24, 2012

アケビの肉詰め

Akiiro_04


Akiiro_03

あけびが美味しいのよと斑尾で泊まった小学校時代の同級生の奥様がおっしゃるのでリースに使っていたアケビの実をはずして肉詰めを作ってみた。中の甘いところはスプーンですくって取りのぞく。そこへキノコ入りの合い挽きを詰めて焼くだけ・・・朝、希望湖を歩いたときに拾った紅葉の上にアケビの肉詰めをおいた。もっとくせのある味かと思ったらそうでもなかった。道の駅が買った白と黄色のトウモロコシも美味しかった。

1024_01_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2012

リース作り

今日は1日斑尾トレッキングの予定だったが朝からあいにくの雨。諦めてリース作りをすることになった。まず蔓を近くに取りに行った。素材はたくさんあった。

皆思い思いに秋色リースを作った。

Lease_01


Lease_02


Lease_03


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 22, 2012

斑尾へ

秋色に染まった斑尾を楽しもうと7人で東京駅から長野新幹線で長野。そこから飯山線で飯山。迎えに来てもらった車に乗り込みまず馬曲温泉へ行った。なんとニホンカモシカに遭遇!今年はこの辺にクマも出ると聞かされていたがニホンカモシカを見たのは嬉しかった・

Akiiro_02


Akiiro_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 21, 2012

一括画像縮小と一括リネーム

今日はフランス旅行で撮りためた写真をリサイズしてホームページを作成しようと意気込んで午後から作業を始めた。

写真の枚数が多いので一度に画像を縮小したり名前を変えたりできないかなあと『窓の杜』と『ベクター』を探した。ところがいっぱいありすぎて一番いいのはどれか説明を見ただけでは良く分からない。

2・3ダウンロードしてみた。それを使って加工してみた。時間がかかったが半分くらいはできた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 20, 2012

フランス写真DVD

フランスで撮った写真のDVDを作った。まずWindows DVD Makerで作ってみたらあまりにも画像が悪い。3GB近いので重いのだろう。Roxioでコピー&ペーストの方がまだ良い。

レーベルはどうしよう?旅行中のパンフレットを集めて撮った写真がいいかな?それともフランスのあの明るい空と雲が入った写真?二通り作ってみた。やはり空の方がシンプルで気に入った。

フランスのあの微妙は青い空の色と白い厚みのある雲よかったぁ!

Dvd_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 19, 2012

Wizard

会社の会合を済ませた後、有楽町へビックカメラ3階で"Wizard Card Game"を買った。月曜日からの旅行に持って行きたいと思っている。今年になって6個ほど新しいゲームを教えてもらったが。このゲームはトランプの枚数52枚+Wizardという最強カードが4枚+Jesterという最弱カードが4枚計60枚のカードを使う。世界選手権もあるというこのゲームブリッジにも似ていて楽しい。

その後国際フォーラムCホールに宮本亜門演出の『The Wizard of Ozz』を見に行った。森久美子と陣内孝則は面白かったけど若い人にはついていけなかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 18, 2012

コカコーラ:ジャンポールゴルティエ

9月22日にトロワに行ったときスーパー・モノプリのショウウィンドウに変わったパッケージのコカコーラを見かけた。

Cocacola_01

4月に発売されたジャンポールゴルティエのデザインのものらしい。その店にはこのパッケージのコカコーラはなかった。その後スーパーを見かけては探してみたがなかなか見つからなかった。ところが"シャトレ”構内の小さいモノプリで見つけた!


Cocacola_01_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 17, 2012

ポシェット

マルメゾンの"Foire à la brocante et aux jambons"で買ったスエード皮でポシェットを作ってみた。ところが皮はのびるのでミシンで縫うのが大変!まぁなんとか仕上げたけれど・・・

Bag_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 16, 2012

赤マスタード

マルメゾンのフォワルで買ってきた赤いマスタードをゆで豚につけて食べてみた。これが美味しい。なんか黄色いマスタードよりも辛みは少ないと思うけど深い味わいがする。成分を見ると葡萄ジュースワイン酢、粒マスタードやワイン、塩も入っている。ラングドックのカマンベールやアルザスで買ったサラミも美味!

Le Pourpre de Saint-Pourçain est une moutarde au jus de raisin. Fabriquée artisanalement par Mme Simone Maenner dans le village de Charroux (03140) , l'un des plus beaux villages de France et spécialiste de la moutarde. Composition : Jus de raisin, vinaigre de vin, graines de moutarde, vin de Saint-Pourçain, sel, épices, antioxydant E300. Substances allergènes : moutarde, sulfites.

Poids net : 100g

Moutarde_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 15, 2012

パリ・ブレスト

大好きな有輪の「スィーツ柄」の布地に"Parid-Brest"なるお菓子がある。

Parisbrest_01_03_2


この名前の由来は?と"wikipedia"で調べてみると

パリ・ブレスト・パリ (Paris-Brest-Paris, PBP) は、フランスのパリからブレストまで往復する1,200キロのサイクリングイベントで、1891年に最初に開催され、現在でも定期的に行われている。世界最古の自転車イベントである。パリ・ブレスト・パリの走行は多くのサイクリストの目標となっている。 開始当初はプロ・ロードレースであったが、1951年大会を最後に、以降は一般サイクリストによる90時間制限のラリーになった。 又、この競技の開催を記念して、シュー菓子のパリ・ブレストが創作された。この菓子はその外見を自転車の車輪に見立て、ドーナツの様な円環型に形作られている。尚、大きさは決められていない。

今回のパリ旅行で是非本場のパリブレストを食してみたいとお菓子屋さんのショウケースをのぞいてみたがなかなかなかった。あるとき細長い日本でいうところのエクレア型のパリブレストを購入。円環型ではないけどネームカードには確かに"Paris-Brest"となっていた。

Parisbrest_01_01_2

一見シュークリームなのだが中のクリームがアーモンド味の濃厚なクリームだった。その後見つからず帰国。

Parisbrest_01_2

今日は新宿のビアードパパで「パリ-ブレスト」を発見!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 14, 2012

放射能濃度検査報告書

「栗」というのは放射性物質がたまりやすいということを知った。
10月始めにマゴと家人が拾ってきた「栗」も心配だからとと言うことで検査を頼んでいたら報告書が送られてきた。

米国製CAPINTEC CAPTUS-3000Aという器械でアトックス技術開発センター測定室で測定してもらった。
それによると放射性セシウム134は15-10Bq/kg 放射性セシウム137は26-10Bq/kg 合計放射性セシウムは41Bq/kg 

備考欄には放射性セシウム基準値は飲料水 10Bq/kg 牛乳 50Bq/kg 乳児用食品 50Bq/kg 一般食品 100Bq/kg と書かれていた。

ということは栗は一般食品なので基準値の半分にも満たないから大丈夫と思うけれどマゴ世代は食べないということになった。

Marron_01

渋皮煮毎日1個ずつ食べようっと・・・手間を考えると丁度良い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 13, 2012

金繕い

昨日習った「金繕いの講習」の復習をしてみる。割れた染め付けの古伊万里はすでに糊漆で接着したのだけれど日に透かしてみると光が漏れる部分がある.。先生にそのことを報告すろとそこへ砥の粉と漆と糊を混ぜたものを入れ込みなさいと言われた。

やってはみたがうまく行かない・・・

そういえば昨日面相筆なる細い筆を買った。これは蒔絵をする専門家が使う筆で長さを調節するために軸から抜いて紐で引っ張る様になっている。イタチの毛で出来ているというのも面白い。腕よりも道具?ということで購入したが果たして結果は如何に?糊継ぎが終わったら金継ぎをしてみよう。

Fude_01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 12, 2012

"Sabonnier de Chine"

パリ14区のモンスーリ公園を歩いていたらなんか変わった実が沢山落ちていたので上を見上げるとまだ実が沢山残っていた。面白い形の実!と思い見ると今の時期あちらこちらでこの木を見た。

ある日学校の先生らしき人が子ども達を連れて秋の葉っぱを集めていたので尋ねて見た。わたしはスペシャリストではないのですがと言ったがすぐ標識を指さしてこれですね。あら標識があったことに気づかなかった。

そこには"Sabonnier de Chine"となっていた。シナせっけんの木かな?大きなホオヅキ状の袋には3個の黒い実が入っていた。帰ってから調べてみても"Sabonnier de Chine"では出てこないので学名検索してみたらあった。

モクゲンジ(Koelreuteria paniculata)ムクロジ科モクゲンジ属に属し,中国原産。

英名ではゴールデンレインツリーと呼ばれるらしい。春に黄色い花が房状に咲くのを見てみたい。

Plants_01_01


Plants_01

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 11, 2012

続:西洋菩提樹

そういえば"Tilleul"って何に効くのかな?日本にも売っているかな?と思ったら、ちゃんとあった。

リンデン(つまり西洋菩提樹)は、イライラしたとき、眠れないとき、緊張や不安なときに使用するメディカルハーブ。50g1200円

そういえば・・・とパリの部屋で撮った写真を探したらあった。

Tilleul_01_2


Tilleul_02

実の形が微妙に違っている。夏菩提樹「T. platyphyllos〕と冬菩提樹〔T. cordata〕という種類があるのだそうだがどちらがどちらかは不明。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2012

ティーポット

パリのギャラリーラファイエットでマカロン用のシリコーンマットを見つけた。二重丸が既にプリントされている。そのうちマカロンまた作ってみよう!確か自分の中ではマカロン作りはギブアップしたつもりだったのだけれど・・・ま、いいか!

その時ふと見たのがティーポット。愛用中のチェコのティーポットが中に茶こしが付いてないので市販品を入れ込み使っているのだけれどあまり具合良くない。このポットは入れ込み型の茶こしの後ろ部分に穴が空いていて蓋のベロがかむようになっている。持ち手が木材なのも気に入った。ドイツのASA Selectionの製品。

Tilleul_01_02

今日もグッドナイトティーを飲んで寝よう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2012

西洋菩提樹

今回の旅でリュクセンブルグにもフランスでも西洋菩提樹の並木があり実が沢山なっていたり地面に落ちていた。最初はこの木が何かわからなかったし現地の人に聞いても分かりませんとの返事が返ってきたがどこでだったかようやく"Tilleul"だと教えてもらった。ネットで調べてみたら「セイヨウボダイジュ(西洋菩提樹)=シナノキ科]であり花は甘い香りがするのだそうだ。シューベルトの泉に沿いて茂る「菩提樹」はこの木らしい。ちなみにお釈迦様が悟りを開いた菩提樹はクワ科。

このお茶をBon Marche"で見つけた。食料品が安いフランスにしては高く400円位だったと思う。今日はティーバッグを一つ取り出して入れてみた。ちょっと緑茶と違うがスッキリしていて抵抗なく飲めた。

Tilleul_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 08, 2012

リハビリ

友人が右足首を骨折し手術後リハビリしているとのことで今日は病院へお見舞いに行ってきた。

なにしろ月曜日から土曜日までは午前も午後もリハビリがあるので忙しいらしい。今までのあなたより体力が付いてしまうのではない?と冗談を言うほどそのリハビリメニューを聞いてびっくりした。家から通院してリハビリすることも可能だったが一日も早く復帰したくて入院してのリハビリを選んだという。足の運動はもちろん上半身も鍛えることを奨励されまた指先の運動(本人の希望によって刺繍やら編み物など)また頭の体操として麻雀を仲間内でやる人もいるらしい。

帰りに初めて"Solamachi"に行き634mの東京スカイツリーに圧倒された。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 07, 2012

金春会定期能

国立能楽堂で開催された金春会定期能を見てきた。

今日は一番に師匠がシテを勤める「鉢木」を見た。う~ん枯れてきた!というのが感想!まぁ役柄が鎌倉時代の下級老武士ということだからだろうか?ますますお父様そっくりに・・・狂言は野村萬斎さんが太郎冠者の「空腕」臆病な太郎冠者が偽りの腕自慢を大げさに語る様子が面白かった。二番目の能は「井筒」。ススキのついた井戸(井筒)が舞台正面におかれている。僧役の方は若く背が高いもこみちクンの風貌。後半に女が在原業平の形見の衣装を着て井戸をのぞき込む場面は良かった。

それにしても能楽堂は寒くその後行った百貨店は暑くなんか衣服の調節が難しい季節ではある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2012

ブリッジ

なんと1ヶ月以上もやっていなかったブリッジを四谷で楽しんだ。ブリッジはともかく久しぶりの友人との再会とおしゃべりが楽しかった。

また日常が戻ってきた。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 05, 2012

曼珠沙華

NH206便は空いていて隣の席もあいていたので日本未公開ハリウッド映画を見たりしてゆっくり休養できた。
空港でネット接続のUSBを返し新宿駅行きのバスに・・・30ユーロさらに新宿駅から家までタクシー乗車
12.5ユーロなんと日本の交通機関は高いのだろう!

20日振りの日本はまだ暑い!
家に帰ったら家人が私の大好きな曼珠沙華をテーブルに飾っていてくれた。

Flower_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2012

帰国

朝目覚めたら大雨が降っていた。Sさん曰くフランスは平野なのでこの雨もすぐ止むとのこと!荷作りをしていたら午後にはきれいな青空が出てきた。

Sさんに別れを告げシャルル・ドゴール空港までは"Opera"からRoissy bus(10ユーロ)でターミナル1には6時少し前に到着。

バスから降りるとき日本の若い男性がトランクをおろしてくれた。彼と同じNH206便と分かったので色々と話しをした。なんとボストンの大学院の同窓会がパリであったというのだ。5年会、10年会はボストンなのだそうだが後毎年一度世界各地で開かれるとのこと!今回も30名が参加したそうだ。

日本の教育がグローバル化から離れていることはたまた尖閣やら竹島問題、日本の将来のことをおしゃべり、思わぬ出会いだった。

Nuage_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2012

ピナコテック・ド・パリ

マドレーヌ寺院の近くに「ピナコテック・ド・パリ」がある。今日からヴァン・ゴッホ展「日本の夢」と副題のついた展覧会と安藤広重展が開催されるという。明日は帰国日だし今日行こうと決めた。10時開館と思ったら10時半で既に女性が二人並んでいた。三人であれこれと世間話。一番の人は15区に住むパリジェンヌ、2番の人はカリフォルニアから来たというアメリカ人.。私を含めて3人はおそらく年齢的には近いだろうと思った。アメリカ人の女性が非常にフランス語が堪能でフランス出身かと思ったほどびっくりした。カラスのドア越しにもう準備がOKと思われるのに開かないわねぇと3人は嘆いた。

時間ピッタリに窓口で切符を順番に買うことが出来た。まず本館でゴッホ展。50年前に発表されたという広重の版画に影響を受けたということをコピーをつけて紹介されているがなんかちょっとこじつけかなぁ!と言う風に思ったものも少なくなかった。

それを見た後別の部屋で写真展が開催されていた。それはドニ・ルーブル氏の3.11東日本大震災後の風景を撮ったものと人物写真が交互に並べられていた。暗い空間の中に黒いネガ風の真四角の写真から沢山の人が私を見つめていた。私以外に見る人もいなかったので写真の中からより直接的に何かを訴えかけている様に思った。ルーブル氏は震災後東日本を訪ね仮のスタジオを被災地に作りそこでOKが出た人を次々と撮影したらしい。殆どが高齢者だったが何故かそこにはあまり絶望の顔はなかった。

次に別館で「広重展」を見た。日本にいる時あまり広重の版画を見たことがなかったのでその奇抜なデザインを私は非常に興味深くみた。

帰りラファイエットまで歩き、トランクの大小を買った。壊れてしまったリモワも売っていたが布製のキプリングを選んだ。

Ipomoea_01_2


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2012

パリ:レッドバス

バリの地図が大体頭に入ってきたところでやっぱり観光バスに乗ることにした。屋根のないバスの2階に乗れば違って見方でパリを眺められるかもしれないという風に考えたからだ。選んだのは真っ赤なバス。27ユーロ払って乗るとイヤホンをくれる。座席に座ってガイドの言葉を選ぶ。フランス語、英語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ロシア語、イタリア語そしてもちろん日本語。説明はとても丁寧なもので説明がないときは音楽が流れる。私は#6のOperaから乗車。#7:Champs Elysees-Etoile-#8:Grand Palais-#9:Trocadero-#1:Tour Effel #2:Champs de Mars #3Notre Dame-#4:Louvre-#5:Musee d'Orsay と乗ったのだが失敗したと思ったのは私は各観光地点で下車したくないのだが観光ポイントで10分位の待ち時間があるということだった。

階上から見たパリの景色楽しく面白かった。

Tour_01


Paris_01_03


Paris_01_02


Paris_01_01


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 01, 2012

パリ:プロバン

パリ東駅から電車でプロバンへ。9時40分発の電車に乗るで東駅に9時到着。しかし今日は切符自販機が動いておらず今日は月初めでナビゴ(SUICAの様なもの)を一ヶ月購入したい人が列を作っているらしい?窓口の長い行列に並んで切符を購入した。

結局1時間後の同じ時間の電車に15番線から乗った。旅行客も少なく2階のテーブルがある席に乗車。4人いればここでブリッジできるなぁ・・・なんて思った。1時間20分後到着。

_01

プロバンは中世が残る世界遺産の街。城壁もところどころ残っている。

_02


12世紀に建てられたというシンボルタワーのセザール塔にのぼると古い町並みとシャンパーニュ地方の緑の平原が見渡せた。

_03


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2012 | Main | November 2012 »