« 2012:九段の桜 | Main | はやく起きた朝は・・・ »

April 06, 2012

金繕い

田舎の蔵にあった古伊万里の器。使っているうちに大分破損した。それを最初は捨てていたのだけれどなんか愛着が出てきたものはそのまま食器棚の隅にしまっていた。それを修繕する法『金繕い』をいう技法があることは以前から知ってはいたがなかなかそれを教えていただく機会がなかった。

今日は初めて『金繕い』の基礎を教えていただくことになった。金繕いは色々方法があってこの講座では接着剤として本当の漆を使わずかぶれにくい新漆つまりカジューを使って継ぐ方法だという。今日はまず補修から・・・

2時間の講座で緊張して疲れたが終わった後いただいたお茶がとても美味しかった。茶菓子のおせんべいの中におみくじが入っていて私は中吉。「努力をしないで投げ出すな。充分望みあり」を引き当てた。

0405_1_5


|

« 2012:九段の桜 | Main | はやく起きた朝は・・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 金繕い:

« 2012:九段の桜 | Main | はやく起きた朝は・・・ »