« 『パリ20区、僕たちのクラス』 | Main | 現代日本美術界における武士文化の影響について »

July 24, 2010

三菱一号館美術館

昨日映画の後は三菱一号館に『マネとモダンパリ』を見に行くことになった。美術館の切符売り場は結構混雑しており30分待ちだった。待ち時間に建物の後ろ側にある庭をゆっくり眺めた。最近流行の壁に植物を貼り付けたポール様のものも設置され絶え間なく散水していた。それを眺めるだけでも涼しくなってきた。レストランやカフェもあった。次回はここで食事をしたい。

ところでマネの絵は思ったより沢山展示されていた。美術館内は大混雑ということもなくスムーズにイヤフォンガイドにしたがって鑑賞した。スペインに影響されたと言うことで彼が描く黒がとても印象的。既に見たことのある絵が多かったけれど終わりの方に展示されていた『黒い帽子のマルタン夫人』が良かった。

三菱一号館は老朽化したため1968年に解体されたということだがなんか新しくまたこの地に復元したということは素晴らしい。

10_004


10_005


10_006


10_007


10_012


|

« 『パリ20区、僕たちのクラス』 | Main | 現代日本美術界における武士文化の影響について »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 『パリ20区、僕たちのクラス』 | Main | 現代日本美術界における武士文化の影響について »