« 三菱一号館美術館 | Main | 熱中症? »

July 25, 2010

現代日本美術界における武士文化の影響について

高校時代の同級生Hから「現代日本美術界における武士文化の影響について」と「芸術的欲求は本能と言えるか」論文が送られてきた。彼らしくコピー用紙をホッチキスで留めただけ・・・。横書きの文章だったので縦書きに変換して読もうと午後からパソコンに向かった。昔タイピングを習っていたのでブラインドタッチで打てるのですぐできるかなと思ったけど4時間近くかかった。22000語あった。

彼とは3年間同じクラスだった。選択芸術は私も彼と同じ「美術」だったのだけれど彼の絵は群を抜いていた。文章によると一年生の国語の教科書の挿絵にあったレンブラントの絵に出会って以来絵を描くことに恋して盆暮れもなく描いているそうだ。高校卒業後はもちろん芸大の油絵科に入り絵描きの道に入っている。

今回の小論文はどうして絵描きになったか、絵を売ると言うこと、現代の美術界への問題などへぇそうだったのと思われるような事柄まで書かれている。

せっかく送ってくれたのだもの、製本して見ようかな?

|

« 三菱一号館美術館 | Main | 熱中症? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 三菱一号館美術館 | Main | 熱中症? »