« 山陰の人たち | Main | 三種の神器ならぬ三種の文字 »

May 29, 2010

茂木健一郎氏特別講演「前向きに生きる心の持ち方」

リージョン大会第1日目、5月25日茂木氏の講演を聴いた。テーマは「前向きに生きる心の持ち方」だったが「ガラパゴス化する日本」という話だった。日本のケータイにしたって非常に進化しているのに世界ではあまり受け入れられていない。それは悪いことではないが世界に通用しない。大学にしたって東京大学を初めとする日本の大学もガラパゴス化している。確かに日本の大学を出ていれば日本の会社に就職できるのだけれど世界に羽ばたくことはない。世界大学ランキングでも東京大学ですら22位だという。またハーバード「白熱教室」の話もしてくれた。さっそく日曜日に見てみたい。講義はメジャーリーグと草野球の違いだという。日本の高校3年生は日本の大学にしか受からないような教育をしていると指摘する。アジアの高校生たちはアメリカの大学をどんどん受験して世界のネットワークを作ろうとしているが、ハーバードに今年留学した日本人は只一人・・・日本はこのままで世界に通用しなくなってしまうに違いない。予想がつかない「偶有生」が大事だ。日本の国はギリシャの二の舞になるかも・・・

茂木氏にすっかり洗脳?されてしまった。

|

« 山陰の人たち | Main | 三種の神器ならぬ三種の文字 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 山陰の人たち | Main | 三種の神器ならぬ三種の文字 »