« たのしみは・・・ | Main | 万願寺とうがらし »

July 02, 2009

ゴーギャン展

ゴーギャン展のオープニングレセプションに行った。6時前に竹橋の新国立美術館に着いたのだけれどもうかなりの人がセレモニーを待っていた。回りを見回すとおしゃれな格好をした女性をたくさん見かけた。私は最近カジュアルな装いしかしないのでこういう場でもいつもの服装だった。真っ赤な帽子がよく似合うひと、さわやかなあかるいブルーのアンサンブルを着た人、着物をリフォームしたと思われるベストを着たひと、それにイッセイのロングの洋服を着たひとはふたりも見かけた。アクセサリーもバッグも靴もいいモノを身につけているしあわせそうな人たちを見るとこちらもしあわせになる。

さて10分程度のセレモニーが終わりイヤホンガイドを借りて会場を見て回る。53の作品の内、半分くらいがボストン美術館から借り出され他は国内の美術館から来ているものもあったようだ。

超目玉の"D'ou venons-nous?""Que sommes-nous?""Ou allons-nous?"は最後から二つ目の部屋にあった。ボストン美術館では確か2階の外の光線がいっぱい入るところに展示されていたように思ったのでちょっとイメージが違った。

私の好きな絵としては"フェア・イヘイヘ""浅瀬"。出口では飲み物とオードブルのサービスが・・・今日の夕食これでおしまい!S2009_033

|

« たのしみは・・・ | Main | 万願寺とうがらし »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« たのしみは・・・ | Main | 万願寺とうがらし »