« 発車メロディー | Main | 暖かかった一日 »

December 09, 2008

ボリショイバレエ:明るい小川

都美術館でフェルメール展を見た後、文化会館のボリショイバレエ『明るい小川』の日本初公演に行った。先週見たドン・キホーテが今ひとつだったのであまり期待せずに着席した。ラトマンスキー芸術監督のプレトークが公演前にあった。『明るい小川』は1935年に初演モスクワっ子達に大好評だったらしい。が政治的な理由で公演は翌年から中止となっていた。ラトマンスキー氏はこれを新しく振り付けモスクワ・パリ・ニューヨーク・ロンドンで公演してきたということだった。とても丁寧に内容を紹介そしてショスタコビッチの音楽が振り付けしやすいものだったと話していた。幕が上がってその楽しさにAMP(Adventures in Motion Pictures)改めNA(New Adventures)のマシュー・ボーン演出『白鳥の湖』を思い出した。彼は来年からABT(American Ballet Theatre)の常任振り付け師になるという。さらに洗練されたABTの『明るい小川』を見るのが楽しみだ。

|

« 発車メロディー | Main | 暖かかった一日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 発車メロディー | Main | 暖かかった一日 »