« 早乙女太一 | Main | アメリカンバレエシアター:白鳥の湖 »

July 25, 2008

『譜を読む』セミナー

朝10時からばっちり2時間ショパンの『革命』の譜を読むセミナーを桑原さんがして下さった。ショパンが生きた時代の背景:ドイツ・フランス・ポーランドの歴史から始まった。面白かった。後は6枚84小節の音符の解説。こっちの方はピアノが弾けないしオタマジャクシもわからない私にはかなり難解。しかしKさんの弾く『革命』には感動した。他のピアノの先生達は皆、このセミナーを心待ちにしていたらしく終わったときは上気した顔立ちだった。

午後はKさんの2006年秋モデルのノートPCが少し具合が悪いというのでそれを診察?した。動きが遅いのかと我が家で使わなくなった512mbのノート用のメモリーを持って行った。ノートでもメモリーボードの取り付け方がそれぞれ違ってちょっと戸惑ったけれどぴったり収まって良かった。しかし原因は別のところにあったようだ。ハードディスクが2パーティションに分けてあるのだけれどファイルもデータもすべてCドライブに入ってしまっておりCドライブの残容量が150mbしかなかった。フラッシュメモリーにホームページを作るファイルとデータを入れ使わないファイルを消し漸く残容量は1.3GBにまで復活した。少し改善できたかな?

Kさんに『愛のままで』をカセットに入れて貰ってご機嫌で上野へ向かった。

|

« 早乙女太一 | Main | アメリカンバレエシアター:白鳥の湖 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 早乙女太一 | Main | アメリカンバレエシアター:白鳥の湖 »