« フライングソーサーズが咲いた! | Main | "アブサンス" »

June 20, 2008

想像の絆

ITC東京クラブの掲示板に『想像の絆』を見に行きませんか?というお誘いがあり行くことにした。演出をした三田地里穂氏には朗読のワークショップを受けたことがある。彼女の劇団「シアター・クラシックス」の作品だ。

会場はシアター代官山ちょっとわかりにくいところで行き着くまで苦労した。2時に開演。舞台はボストン。ニューヨークで成功を収めている独身のベストセラー作家が高校時代の恋人と下級生で癌に冒された彼の妻に20年ぶりに再会する。現実を見つめない主人公と病気に苦しむ妻、介護する夫、『現実の会話』と『想像上の会話』を交えながら話は進む。10分の休憩を挟んで3時間という長く重苦しい時間を過ごした。

作者である劇作家キャサリン・バターフィールドってどんな人なのかしら?S2008_020

|

« フライングソーサーズが咲いた! | Main | "アブサンス" »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« フライングソーサーズが咲いた! | Main | "アブサンス" »