« March 2008 | Main | May 2008 »

April 2008

April 30, 2008

モジリアニ展

今日は親友T子と新国立美術館で『モジリアニ展』を見ることになっていた。

お昼は石釜パンで有名な浅野屋でピッツァとサラダのランチをシェアしていただいた。桜エビとオリーブがのる薄焼きのピッツアは香ばしく美味しかった。パンもフォカッチャとパイの生地を細くのばして焼いた棒状のパンが美味!

満腹したところで新国立美術館へ。ところが・・・「本日休館」の看板が!ここは火曜日休館日なのだそうで昨日は「昭和の日」で祝日だったので今日が代休であると説明があった。

仕方なくミッドタウンをブラブラ。二人で仲良くイタリア製の夏物帽子をゲットした。S_012


| | Comments (0)

April 29, 2008

JERO

風もなく過ごしやすい一日だった。旅行の疲れもあって午前中はボーっと過ごした。昨日の英語で『しゃべらナイト』を録画でもう一度見る。アメリカ生まれアメリカ育ちの演歌歌手ジェロ、オーストリア人で慶応大学卒業、ハーバード大学の社会人類学博士号を持つ浅草芸者紗幸(さゆき)さん、テレビドラマ”ダメージ”に出演中のグレン・クローズと盛り沢山なおもしろいプログラムだった。特にジェロはこのプログラムを見てファンになった。氷川きよしの追っかけをしてる友人がいて驚いていたが。私も一度はJEROのステージを見てみたい。

アグロステンマの『オーシャンホワイト』がようやく三輪咲いた。S_005

| | Comments (0)

April 28, 2008

満開のコデマリ

お昼、市ヶ谷の叔母のところへタケノコみそ汁、きゃら蕗、蕗の葉の佃煮など持って訪ねる。旅行の写真もCDにして見せたらとても喜んでくれた。祖母の仏壇には昨日取ってきた矢車草をお供えした。祖母が子供の頃にもこの花は咲いていたのかしら?

満開のコデマリをおみやげにいただいた。S_012

| | Comments (0)

April 26, 2008

奈良・和歌山 ②

朝から五條市の近内にある旧家へ。2年前叔父の告別式に来たときはまだ修復中だったがその修復もほぼ終わり11月には開館予定とのことだ。この部分は天保3年こちらは嘉永6年などかなり古い建物なのだが現代的に立派に修復されていた。S_102_2


まずマゴ達とここでかくれんぼ。屋敷が広いのでマゴ達は気に入ってもっともっととせがまれた。楽しかったぁ!続いて18mの杉の木に5mもの吹き流し、真鯉、緋鯉と子供の鯉をあげる。青空へ元気に泳ぎだしたときはみんなで拍手!S_091


続いて今回のメインイベント、マゴ達に経験させてやりたいとタケノコ掘りを計画した。これが大変だった。地上からにょっきり出ているのはもう固いらしい。竹藪にあるものは竹の根が張っていて掘りにくかった。畑の方にでていたのはまだとりやすかったようだが・・・10コくらい掘りあげたところでみんな疲れてしまった私は野蕗、矢車草、名前のわからない花の苗などを掘って持ち帰ることにした。S_072_2


和歌山に出て母方の祖父母の墓参りをし、関空から飛行機に乗って帰京。

| | Comments (0)

奈良・和歌山 ①

春休みにマゴマゴと旅行が出来なかったので連休の初めに奈良・和歌山へ出かけた。奈良は母方の祖母の里、和歌山は母方の祖父の里である。まず和歌山線の笠田に行った。ここはかって大伯父が造り酒屋を営んでいたところ。今は地ビールを醸造し『野半の里』という温泉施設にもなっている。戦時中私はそこに疎開をしていたのでとても懐かしかったのだが、蔵はレストランになり、酒樽はカフェテラスの椅子に作り替えられ、すっかり様変わりし昔の面影がなく戸惑った。S_023


宿泊したホテルの窓から面白いものが見えた。これは『五新鉄道』の高架橋だということだった。吉野川の堤防で途切れている。駐車場になっているらしかった。S_058


大正時代に五條~新宮を結ぶ五新鉄道が計画された。吉野熊野の山岳地帯を縦断するルートで当初から難工事が予想された。昭和の初めに五條側から着工され、太平洋戦争で中断する時期もあったが、少しずつ工事が進められてきた。しかし車社会になってその必要性が薄れ、すでにできあがっていた五條~城戸(旧西吉野村)までをJRバス専用道として利用される時代が20年ほど続いた。そして坂本(旧大塔村)まで延長する工事が、なお続けられた。長大トンネルと橋梁の最大の難工事区間で城戸からの1つめのトンネルは完成させたものの、2つめの天辻トンネルの工事中にとうとう取り止められることになった。併行して走る国道168号線の天辻トンネルもでき、もうバス専用路線の延長も必要なくなったからである。そしてついに一昨年、五條~城戸のJRバスも採算があわず廃止されてしまった。今は奈良交通のバスが朝夕1~2便、専用道を走るだけになってしまった。

| | Comments (0)

April 25, 2008

那須温泉ブリッジ旅行

夜半まで雨音がしていたが今朝は快晴。朝食後ホテルの周りを散策した。桜の花もまだ残り那須の浅い春を楽しんだ。雑木林にはドングリの芽が吹いていてそれを持ち帰った。うまく育つかしらん?S_012 S_017S_022S_034S_035S_036S_037S_045S_049


| | Comments (0)

April 24, 2008

花開く!

ニゲラ・イスタンブールとブラックパーロット開花!S_006 S_007

那須へ温泉ブリッジ旅行に出かけた。東北道を那須へ。一時近く到着。水着着用温泉やら露天風呂などを楽しんだ。食後12時近くまでブリッジ。

| | Comments (0)

April 23, 2008

Margarita

アフリカから”Margarita”と名前を変えたとメールが来た。どうしたのかと思ったら、なんと丸刈りの写真が貼付されていた。ウ~ん!なかなか似合う。いっそのこと白やぎさんのようにあごひげ蓄えたらもっといいかも・・・S_005

| | Comments (0)

April 22, 2008

カイゼル

ルーフガーデンは今は花盛り!チューリップは次から次へと色々な種類が咲き名前が飛んでしまってわからないものも多い。クレマチスも勢いよく新芽をのばしている。先日来の強風で芽が折れてしまった物もあるけれど・・・カイゼルは名前の通り蕾からして品が良い。カイザルというより楊貴妃という雰囲気。S_004S_005S_019S_022

| | Comments (0)

April 21, 2008

月の真昼間(つきのまぴろーま)

六本木の俳優座劇場で文化座が主催する『月の真昼間』を見てきた。会場は補助席を出すほどの満員。 

「はるか南に浮かぶ小さな島―八重山諸島・鳩間島。沖縄の日本復帰から十年が経った1982年、島で唯一の公共機関である小学校が、廃校の危機に瀕していた。それは同時に廃村の危機でもあった。―子供がほしい。子どもが必要だ―可笑しくも切ない、そして涙ぐましい、住民たちの奮闘が始まった!」はたして村を救うことができるのか。

八重山の古謡「月の真昼間節」はこう謳う。

潮ぬ満干や 月からどぅ定みょうる

島ぬ有卦無卦や 原ぬ主から

潮の満干が月の位置によって定められる(ように)、島がよくなるのもならないのも、それは政治次第なのだ――。
八重山諸島の人々が数百年来、まともな政治の施しを受けてこなかった何よりの証しだろう。


内容はここも過疎と少子化と重苦しいのだが島民達が自然の中で生き、互いに助け合う姿をNHKの連ドラ「ちゅらさん」で耳慣れた沖縄の方言で伝えられ、3時間アッという間に過ぎた。

| | Comments (0)

April 20, 2008

しまった!

玄関前の花壇には今ビオラとブルンネラ、花ニラが満開。出がけに花がらを摘んでやった。あら、雑草が・・・花芽もついてる!!雑草はすぐ大きくなるんだからとブツブツ。それをむしり取ってからハッとした。そういえばこれは去年植えた山アジサイだった!!根こそぎ抜き取ってはいないけど、自分のしたことに大ショック!!S_008

| | Comments (0)

April 19, 2008

カレンジュラ

去年南アフリカに行った家人からお土産にもらった"herb salt"重宝に使っていたのだが遂に空になってしまった。ingredientsを見ると岩塩の他、海草、タイム、コリアンダー、マスタード、パセリ、レモングラス、オレガノ、バジル、ガーリック、ブルーポピーシード、ピンク胡椒と何でも入っている。その他おもしろいのがカレンジュラも入っていたらしい。サイトで見てみると

カレンジュラは多種の作用があります。消炎作用、収れん作用、癒傷作用、抗真菌作用、胆汁排出促進作用、通経作用があり、飲用することで白癬、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、胆嚢の症状軽減、消化不良、真菌による感染、遅れがちな月経や月経痛、ホルモンのアンバランスを改善するのに利用されます。 カレンジュラは皮膚の局所治療に最適なハーブの1つです。塗布したり湿布することで感染、損傷にかかわらず皮膚に炎症が見られる時に利用されます。外部の出血、創傷、打撲、捻挫などの症状全般にも用いることができます。傷の治りが遅い時や皮膚の潰瘍にも役立ちます。軽症の火傷応急処置にも理想的。 傷、耳、目や涙腺の洗浄にも利用されます。外用薬としては、火傷や傷口の回復を助け、耳の中にぬると耳痛を解消します。内服薬としては、解熱剤になるほか、潰瘍、生理痛に効きます。帯状疱疹のような発疹性の皮膚病(水疱瘡のようにウイルスによるもの)にも用いられています。

このようにかなりの薬用成分が含まれているようだ。古代人は伝染病を予防するため、カレンジュラの花輪を彼らの家の取っ手に取り付けたこともあったらしい。また「カレンジュラ」とはギリシャ語で「月の最初の日」のことをいい、古代ギリシャの金貸しがお金を借りている人のところへ利子を取り立てに行く日だったという。お金がどんどん入ってくる様子が次々と花を咲かせるカレンジュラに例えてつけられたのか?地中海の光に輝くこの丸い花が、金貨のようにでも見えたのだろうか?

日本のキンセンカと同じ仲間で「冬知らず」という名前でも売られている。Calendula

カレンジュラはないがエーゲ海の塩、乾燥わかめ、月桂樹、胡麻、胡椒などをいれてリメークしてみた。まぁまぁいける!S_001


| | Comments (0)

April 18, 2008

春の嵐

朝から強い風と雨。ルーフガーデンはガタンゴトンとすさまじい音がしていた。昨日植え付けた『さわらび』どうなったかな?と行ってみるとこれは雨にうたれてはいたものの無事!クレマチスやらアグロステンマの鉢がひっくり返り咲き始めたチューリップはお辞儀しながら首を左右にゆらしていた。もう終わりかしら?S_003

| | Comments (0)

April 17, 2008

ペチュニア さわらび

留守中届いたペチュニアの『さわらび(早蕨)』を植える。なかなか手に入らないめずらしいものだが 紫と緑の色合いが実に美しい。早蕨というのはもともと芽をだしたばかりのワラビのことだが、平安時代の配色に“早蕨”という表が紫、裏が青のものがありこれから命名したらしい。まさに紫と緑の微妙な色合いの和の雰囲気のペチュニアだ。S_026

| | Comments (0)

April 16, 2008

金沢 修学旅行 ③

那谷寺、安宅の関、小松高校(旧制小松中)を見学。途中、珍しい白いタンポポの群生を見ることが出来た。

お昼は根上小学校時代の旧友お二人も見えての大宴会。県会議員を務めたというMさんはこんなにもてるO先生が羨ましいとしきりにおっしゃった。 ANA758便で東京に帰り名残を惜しみつつ解散した。S_171

| | Comments (0)

April 15, 2008

金沢 修学旅行 ②

田川邸、永平寺、東尋坊、吉崎御坊を見学。

山中温泉へ 宿泊先の『よしのや』の若女将はかってミスインターナショナルだったということだったが170cmのすらりとしたうつくしい人だった。S_209 S_3

| | Comments (0)

April 14, 2008

金沢 修学旅行 ①

今日から金沢へ中学校の第二回目の修学旅行。風邪を引いてしまい体調が不安だったが結局参加することにした。大門で京急に乗り換え羽田へ。しかし最近多い「人身事故」と「信号故障」で電車は大幅に遅れ集合時刻10分も遅刻してしまった。83才になられる担任のO先生に「また君は遅刻だね。」とは言われなかったが・・・

ANA753便にて小松へ。
O先生は矍鑠としてお元気。14名の旧友は佐賀、和歌山からも集まりバスで旅をした。まず先生が卒業された四高(しこうと読むのだそうだ)の前を通り金沢の街を見学。兼六園、成巽閣、武家屋敷、ひがし茶屋街、金箔会館。今回の旅どこも桜が満開でたここでもお花見だねと皆大喜び。

夜は先生の地元のご友人も加わって大宴会となった。S_138S_139


| | Comments (0)

April 13, 2008

小学校の友人と

小学校で6年間一緒に学んだ友人が九州から来てくれた。集まったのは4人。昔話しに花が咲いた。髪を後ろで束ねてお着物を召していらっしゃったお母様のこと、可愛らしかった弟さんのこと・・・ 彼は弁護士として有明海沿岸の諫早湾干拓事業がいかに環境破壊をするものであるかと反対した一人のようだ。昔と同じように正義を貫く真摯な態度は変わらなかったがちょっと違ったのは髭を鼻の下にたくわえていたことだった。

東京に来たらまた会いましょうと約して別れた。

| | Comments (0)

April 12, 2008

HELP!!

妹が心配して来てくれた。大量の薬漬けのおかげで熱は下がってきた様な・・・

剣先チューリップも咲き出した。S_001_2S_002S_004_2S_004S_005S_006S_008S_009

| | Comments (0)

April 11, 2008

三寒四温

このところの天候の変化に身体がついていけなかったらしい。ついにダウン。朝からゾクゾク寒気がした。咳き込むたびに気管支の辺りが痛む。今日はT子と福田家でお食事をしてモジリアニ展に行きましょうってことになっていたのに・・・月曜日からの旅行はどうなる?

近くの診療所で診察を受ける。去年も今頃来てますね!と言われた。ビタミン注射と大量の風邪薬をもらっておとなしくベッドに入った。S_001 S_003S_017


| | Comments (0)

April 10, 2008

石釜焼き あんぱん

昨日の気持ちよい日和はどこへやら、朝から冷たい雨が降り冬に逆戻りの一日だった。区役所、郵便局に行かなきゃと思いつつも重い腰が上がらない。

お昼は三島で買ってきたアンパンを食べた。このアンパン、皮はフランスパンの生地でちょっとポンパドールのアンパンに似ているのだが皮は薄い。くるみが入った小豆餡がずっしりと重くその甘さがほどよく美味しい。同行した人は一回に半分だけ食べる、と言っていたのでとりあえず半分食べてみたけれどやはり結局丸のまま食べてしまった。S2008_008

| | Comments (0)

April 09, 2008

時の栖 ③

「富士山よ!」の声に飛び起きた。雲一つない空にくっきり大きな富士山が窓から見えた。ここ二日間お天気が悪く全く見えなかったのに・・同室の4人と一緒にその美しい姿をしばし楽しんだ。今年は雪が多く真っ白い富士山だった。

朝風呂もそこそこに外へ出た。桜と富士山の写真をパチパチ。作業のトラックが折れた桜の枝を切っていた。持って行って下さいとの嬉しい言葉に東京に連れ帰った。S_033S_058S_101


| | Comments (0)

April 08, 2008

時の栖 ②

TVをつけると電車が強風のため遅延しているらしかった。でもMさんは10時過ぎ無事着いた。天気が悪いのですることはカード+温泉。明日は晴れて欲しいなぁ?S_011S_015

| | Comments (0)

April 07, 2008

時の栖 ①

天気予報が気になった。案の定家を出るときはひどい降りだった。東京駅地下GranSta(グランスタ)でお弁当を物色!ここでお弁当を買うのは初めてなのであまりの種類の多さに迷う。ここはちょっとしたデパ地下並に食品が売られている。スィーツも充実しているしお総菜類もいろいろある。eashion(イーション)で一日分の野菜がとれるというお弁当(690円)を買った。美味しかった。

時の栖へ着いたときは雨があがり満開の桜そしてクリスマスローズの群生を楽しんだ。S_006S_007S_013


| | Comments (0)

April 06, 2008

スピーチコンテスト

カウンスルNo8スピーチコンテストが芝弥生会館で行われた。英語の部6名、日本語の部8名が出場。いつも内容が似通うスピーチがあるのだが今回はそれぞれが違うテーマで内容も聞き応えがあった。日常の何気ないテーマからITCの聞き上手の勉強をしたという日本語の部の優勝者のスピーチが構成も良くおもしろかった。

| | Comments (0)

April 05, 2008

まるごとカラヤン

今日は朝からNHKの『まるごとカラヤン』にはまっていた。今年は生誕100年ということだがそういえば東山魁夷も1908年生まれだ。昔の16mmのフィルムをドイツから借りてきてハイビジョンカメラで撮し直してあるとかで鮮明な画像でカラヤンを見ることが出来た。あの美男なカラヤンが目をつぶって全身で指揮をする。なんかゾクゾクしながらベルリンフィルオーケストラの演奏を楽しんだ。

カラヤンと関わった人たちの映像もおもしろかった。録音技術や映像技術に興味を持っていたカラヤン。もう20年遅く生まれたかったということだが自分の指揮した演奏をいい音いい画で残したかったのだろう。

| | Comments (0)

April 04, 2008

アグロステンマ:4月4日の誕生花

アグロステンマが伸びてきた。白花の『オーシャンパール』の苗はタキイから送られてきた時点でしっかり育っていた。去年の10月はじめに種を蒔いた『桜貝』も最近株が大きくなってきた。ヨーロッパの麦畑では良く見られるらしいが難しい植物ではないようだ。風に揺れて倒れそうなので細い麻縄で周りを囲ってやった。つぼみもあがってきている。でもよく見ると葉の先が食いちぎられている。どうらやネコがつまんでいるらしい。大きくなって喜んでいたのは私だけではなかった。

アグロステンマの花言葉は「気持ちがなびく」、今日の誕生花だそうだ。S_008

| | Comments (0)

April 03, 2008

京の味

昨日新宿のデパートで買ってきた「くらま辻井」の土筆の佃煮をいただいた。土筆の苦みはいまひとつだったけれどやはりつくしだった。当たり前のことだけどハカマもきちんと取り除いてある。薄味にしあげられており美味しかった。今年は土筆摘みに行かなかった!

「村上重」の日野菜の昆布漬、「たけうち」の細切り昆布、京都の味が簡単に東京で手に入る。京都の桜もきれいだろうなぁ。001

| | Comments (0)

April 02, 2008

ケータイの一時休止

昨日と打って変わって今日は風もなく暖かかった。家人のケータイを解約しないといけないので新宿御苑を歩いて新宿へ出ることにした。

ソメイヨシノはまだ満開の木が多い。昨日の強風で地面にはすこし花びらが落ちていた。弁殿、太白、白妙、咲き始めた。春休みと言うこともあって家族連れでにぎわっていた。

ケータイの解約のためショップで話を聞く。使わないとなると3つの選択肢があるのだそうだ①一時中断(番号は残るが基本料金は毎月支払う。)②一時中止(番号は残らないが2000円の手数料を支払うことによってまた再開できる。電話機もそのまま使える。)③解約(番号も残らない。再開する場合2730円支払う。電話機は使えない。)一時中断ということにしてきた。2008_010 2008_018 2008_021 2008_024 2008_0262008_0352008_0402008_0422008_0432008_0492008_052

| | Comments (0)

April 01, 2008

強風で桜が・・・

目の前に満開の桜咲く新宿御苑を見はるかしながら6ヶ月に一度の歯科検診だった。折からの強風に花びらが舞っている。これも美しい。昨日行った千鳥ヶ淵は花筏だろう。

検診は無事済み歯がツルツルになって帰宅。東京クラブのKさんから電話でHPの修正を頼まれた。久しぶりにこのHPを触った。委員会のメンバーはホームページ作りにあまり慣れていないということだったけれど『更新』はしっかりされていて感心した。少しずつ色々なことに挑戦していってくれてうれしかった。Radish

| | Comments (0)

« March 2008 | Main | May 2008 »