« November 2007 | Main | January 2008 »

December 2007

December 31, 2007

'07-'08 カウントダウンの旅 マカオ・香港⑤

カウントダウンを楽しむためより港に近いインターコンチに引っ越し。ヴィクトリア湾を望む客室からは窓いっぱいに香港島のすばらしいパノラマが広がりここから動きたくな~いという感じだった。夕方からはカウントダウンのため付近一帯は車の出入りが禁止されるとフロントで注意される。

TVもNHKのBS1とBS2とInternationalと日本語放送3局放映されている。紅白歌合戦を眺めながら外の景色も楽しむ。

8時には香港島の大きなビルからレーザー光線が空へ放たれる。最近は九龍からもレーザーがでているらしい。

紅白が終わり日本は元旦を迎えたと放送されてしばらくしてからレーザー光線がまた放たれ花火が始まった。海の上で打ち上げられるのかなと思ったらなんとあちらこちらのビルの屋上で打ち上げられていた。一番華やかだったのはフォーシーズンズのビルの窓から飛び出る花火だった。どういう風になっていたのか?眼前に見たものに感動した。

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/countdown/hongkong1231/shea_gallery.html

| | Comments (0)

December 30, 2007

'07-'08 カウントダウンの旅 マカオ・香港④

地下鉄で香港島・中環へ。そこからミッドレベルへ向かうエスカレーターに乗る。全長は800メートルあるそうだ。途中ソーホーのKrespiKremeでドーナツを買う。1個12HDは安くもないかも?と話しながら・・・日本も最近は川口にも出店し新宿・有楽町と3店になったらしいが買いやすくなったのかな?まだ日本では食べたことがない。クリスマスバージョンドーナッツがケースに並んでいた。ミッドレベルまであがり今度は階段を下りる。中環からトラムに揺られながら香港の景色を眺め湾仔まで乗る。湾仔で下車。露天市を通り八百屋で『仏頭』を二個16HDはお買い得。

スターフェリーで九龍へ戻る。夜は『小肥羊』でモンゴル式火鍋を食べる。これは赤く辛いスープと澄んだスープ2種類楽しむことが出来る。朝青龍もこれが好きなのかしら?夜は中国式全身マッサージ。痛かったなぁ。

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/countdown/hongkong1230/shea_gallery.html

| | Comments (0)

December 29, 2007

'07-'08 カウントダウンの旅 マカオ・香港③

朝タイパ島の旧ポルトガルの街並みを歩く。古い街並みの向こうには近代的なのっぽビルが建ち並んでいた。市場がおもしろかった。中国たけのこ、クワイ、フクロタケを購入。行きはタクシーで出かけたのだが歩いて帰ってきた。

午後香港。お昼の飲茶を港近くの『糖朝』で食べた。表参道の『糖朝』は行列とのことだけどここはスムーズに入れた。

ホテルは九龍の創業80年英国統治領の雰囲気を伝えるペニンシュラ。黒と白の大理石のバスルームがステキだった。洗面台も2カップある。

テーブルの上に今日の催し物としてシャンパンクルーズが紹介されていた。ホテル前に2階建てのバスで港へ行く。デーブ・スペクター夫妻もオフ?で乗り合わせていた。モネ・シャンドンの小瓶を渡されおつまみもそこここに置かれていた。香港島と九龍島の夜景を十分に楽しんだ。

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/countdown/macau1229/shea_gallery.html

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/countdown/hongkong1229/shea_gallery.html

| | Comments (0)

December 28, 2007

'07-'08 カウントダウン マカオ・香港②

ホテルからタクシーでセナド広場へ。そこを拠点に22の歴史的、宗教的建築物と8つの広場がユネスコ世界文化遺産に登録されている『マカオ歴史市街地区』をぶらぶらと歩く。豪商の旧邸宅をのぞき、バロック建築とアズレージョを眺める。真っ赤なポインセチアが至る所に植えられクリスマスのオーナメントが飾られている。こちらは正月を祝うのは旧正月なので年明け3日くらいまでがクリスマスシーズンと言うことらしい。

ここマカオはポルトガル語はもちろん英語が結構通じない。お昼に行ったレストランのオーナーによると(彼は母親がポルトガル系で父親が中国系)1990年の中国返還以来多くのポルトガル系の人はマカオを去ったとのことだった。

帰りに2007年5月にオープンした「ウィン」ホテルによってみる。ラスベガスのウィンより若干小さい。ここで偶然すごいエンターテインメントを見た。なんと音楽に合わせてロビーの天上があき、また地下から木がせり上がってくる。終わるとまたもとの静寂に・・・

マカオは建築ラッシュ。4・5年後にはラスベガスのようにホテル群が立ち並びカジノとショウが家族で楽しめる街になるに違いない。

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/countdown/macau1228/shea_gallery.html

| | Comments (0)

December 27, 2007

'07-'08カウントダウン マカオ・香港①

新宿発成田エクスプレス1号に乗車。満席と放送された。同行者は京成特急が満席なので急行に乗るとメール。年末で出国者が多いのだろう。

成田のimmigrationは10分程度で順調に通過した。
NH909便は少し遅れて出発。機内では座席の前のビデオを見た。そのなかで秋にやっていた『スターダスト』・・ファンタジードラマで魔女役のミッシェル・ファイファー、流れ星のクレア・デインズ、海賊のロバート・デニーロこういう映画はやはり劇場で見た方がいいかもしれない。お隣は私と同年齢くらいの日本人夫婦。4時間口げんかのしっぱなしだった。

2006年、カジノ関連の収入がラスベガスを抜いて世界一に躍り出たマカオ。香港からマカオへはターボ・ジェット・シーエクスプレスで1時間。タイパ島とコロアン島の間の海を埋め立ててできた、コタイ地区に9月オープンしたヴェネチアン・マカオへ向かう。このホテル3000室全室が60平方メートル以上のスイートだ。ゆったりとしたバスルームとベッドルームより一段低くなったリビングルーム。もちろん無線ラン接続も可能。

ホテルの内部にはラスベガスのベネチアン同様に運河が流れ、ゴンドリエはオ・ソレ・ミオなどのカンツォーネを唄いながらゴンドラを漕いでいく。運河の周りはショッピングモールになっていてところどころでコンサートやら中世風衣装を着た男女が歩いている。

夕食はポルトガル料理レストラン『マデイラ』でアフリカンチキンを食べた。私が作るモロッコ風チキンと同じようなものかと思ったらさにあらずココナッツの風味だった。

http://homepage3.nifty.com/aya_japan/countdown/macau1227/shea_gallery.html

| | Comments (0)

December 26, 2007

大掃除

電球のお掃除で大掃除は終わった。電球を交換したわけではないのだが埃を拭うとそれぞれ部屋が明るくなったような気がする。

ガイドブックを三省堂に買いに行った。香港・マカオというのは人気スポット。ガイドブックもやまとあった。あれこれ眺めること数十分。連れはどれを買ったのかな?とメールを送るが返事なし。去年ラスベガスへ行ったときは二人とも同じものを買ったので今回はその轍を踏まないようにと思ったのだけど・・・

その後駅の自販機?で切符を買う。6時33分発はすでに立ち席しかなかったのでしかたなく6時7分発にする。起きられるかな?

| | Comments (0)

December 25, 2007

血液サラサラに効果?

朝、コーヒーをのんでさぁー今日も掃除だぁ~!と思っていたら九時ちょっと前、『ピン♪ポーン♪』クロネコ便がやってきた。クリスマス・ツリーの包装紙に包まれて子年ナプキンとバラの花模様のポストイットが届いた。誰にもクリスマスプレゼントをもらわなかったのでMMさんの心遣いがとても嬉しかった。

午後はハプスブルグ家のTVをちらちら見ながらあれこれと掃除。ハンガリーのグーラッシュというシチューの話でしばし見入った。ハンガリー名物・牛肉のシチューだとのことだがハンガリーでは調味料の一つにパプリカを使うのが特徴だそうだ。以前東北ブラジルに滞在していたときパプリカの代わりにコロラウを使った。ブラジル南部の人はコロラウを使うと言うことを聞いたことがなかった。

一昨日ブラジル人と話していてコロラウが血液サラサラに効果があるとのことで最近は南でも使うようになったと聞いた。血液サラサラ!本当だとするとうれしい。

| | Comments (0)

December 24, 2007

大掃除

2・3日前から我が街角には早くも門松が立ち始めた。

今年は暮れに海外旅行が控えているので朝から
掃除に取りかかる。掃除をする前にまず整頓からしなくては
いけないので時間がかかる。机の上に乱雑においている
ものの仕分けをまずする。大きな紙袋を用意して不要なモノを
どんどん入れていく。アラ~っというようなものも出てきた。
友人からの手紙を読み返し保存の箱へ・・・

次はキッチン。白いはずの天板が汚れていたのでキッチンペーパーを
はりキッチンハイターを吹き付けた。その間に冷蔵庫の整理と
掃除!白い天板がピカピカに白くなった。

明日は食器棚付近を掃除しようっと!
明日もお天気になぁ~れ。

| | Comments (0)

December 23, 2007

3260万人

社会経済生産性本部の「レジャー白書2007」によると15歳以上の日本人の約3割が1年間に1回以上庭いじりを楽しんでいるのだそうだ。映画鑑賞(3870万人)、音楽鑑賞(3690万人)と並ぶ余暇の楽しみとして定着しているとある。

秋口に植えた球根類も少しずつ芽を出してきており種から育てているアグロステンマ桜貝、ネモフィラ、ニゲラ、ダイアンサスブラック&ホワイトの成長は遅々とした歩みだが可愛い。

| | Comments (0)

December 22, 2007

オフ会

昼近く妹から電話。「私これからSNSのオフ会に出かけるの」と言ったら電話の向こうで絶句された。まだこのSNSに入ったことさえ話していなかったのでびっくりしたらしい。12月17日このSNSに入ってすぐ『ブラジル大好き』コミュニティーを見つけすぐ入会した。このコミュニティーはこの日作られたばかりだったとは今日初めて知った。

表参道のブラジル料理店に集まったのは4人。仕事もさまざまで年代の違いを乗り越えて話をした。楽しくおもしろい2時間だった。

| | Comments (0)

December 21, 2007

カレンボク

今日は一日製本屋さん。だんだん形をなしてきてうれしい。金色の見返しの部分がかなり難しい。表に貼った布が表紙の裏に折り返してきてそのうえに見返しを貼るのだがなかなかうまくいかない。もともと私はO型なのでいろいろやってみるのだけれど細かい作業は苦手である。それがもろに出てしまった。表地と見返しの部分の空きをどういうわけかチリというのだそうだがそれが均等に出ない。A型の人ならきっとピッタリなのだろうけど・・・四苦八苦してしたらYさんから「先日おたずねの木は仮屋崎先生に伺ったところカレンボクでした」とメールが来た。うれしい。あの木とても気に入ったけど名前がわからなくてはと思っていた。葉っぱも力強いし実も形良い。8月頃白い花も咲くとネットに出ていた。来年は見に行こう。Karenboku1

昨日教えてもらった?中華料理を夜作ってみた。百合根といいアスパラガスといいカニといい素材はそれぞれ美味しいのだが、一つの料理としてのまとまりがない。なんかピンと来る味ではなかった。やはりあの先生の料理の講習会に行かないとだめなのだろう。S_002

| | Comments (0)

December 20, 2007

ある出会い

夕方友人と別れ際に駅地下でお買い物。百合根の前で「これどういう風に料理する?」と私。「茶碗蒸しだねぇ」と友人。そこへ一人の女性が突然私たち二人の会話に参加。「これを中華料理に使います。私明日中華料理の講習会をするんです。」ということで陳建民のお弟子さんだというお料理の先生にレシピーを見せてもらいながら3分クッキング講習会を受けた。店内は夕食の食材を買い求める主婦でごった返しているというのに・・・この光景をビデオで撮ったらおもしろかったろうと後で思い返しておかしくなった。

食材一覧 百合根 黄ニラ アスパラガス カニむき身 生クリーム 卵白 松の実 香草

さてはて料理できあがるかな?明日やってみよう。

| | Comments (0)

December 19, 2007

製本

昨日本の印刷が仕上がった。今日は午後から装丁に取りかかる。本の背の上部にスピン(しおりのこと)をのせ花切れを上下につけるその間に今度は寒冷紗を少し大きめに切り貼る。最後にクータを取り付ける。クータはハトロン紙を三つ折りにし作るとある。ハトロン紙なかった!と思ったら丁度年賀状を買ったときの包み紙があったのでそれで代用した。田中淑恵氏の『自分で作る小さな本』を参考にした。

| | Comments (0)

December 18, 2007

colorau もしくは colorifico

家人がブラジルから持ち帰ってくれたものは''colorau''だ。''colorifico''ともいう。ブラジルで暮らしていた頃これを使った鳥肉の煮込みを食べた。そして日本に帰ってきてからこの''colorau''がないのでパプリカを代用して使っていたが久しぶりにこれを使って料理をした。これって一体なんだろうと今日ネットで調べてみたらブラジルのウィキペディアで以下のように書かれていた。

Na Europa é feito a partir de pimentão seco, moído enquanto que no Brasil se usa o arilo que envolve as sementes do urucu.

つまり「ヨーロッパではパプリカを乾燥させてそれを粉にして使うのだがブラジルではurucuというべにの木の種を包んでいる種皮を使う」と書かれている。

そして特にフィリピンと東北ブラジルでこれを多用しているのだそうだ。フィリピンで暮らしたことのあるMさんにこのことを聞いてみよう。S_001

| | Comments (0)

December 17, 2007

ソーシャルネットワークサービス

ソーシャルネットワークサービスSNSにまた入会した。以前入会したのはNIKKEIのSNSだった。でもちょっとかたいので私は未だについて行けない。しかし今度のSNSはとても楽しい。このSNSのコミュニティー(グループ)にはいろいろあり私はまず『ブラジル大好き』コミュニティーに属した。書き込みをすると次から次へと返事が来るのがおもしろい。次はどこに入ろうかな?

| | Comments (0)

December 16, 2007

トヨタカップ

トヨタカップはACミランが圧倒的な強さを見せて優勝した。パス回しがすご~い。さすが決勝戦だった。その後のインタビューでカカ選手が見事なイタリア語で答えていた。FCバルセロナのロナウジーニョもインタビューはスペイン語だ。両選手の母国語ポルトガル語。イタリア語、スペイン語はロマン系の言語でポルトガル語に似ているところがあるとはいえそれをものにしてインタビューにまで流暢に話せるというのは素晴らしい。それだけそれぞれの環境になじみコミュニケーションをよくしようとする本人の努力のたまものなのだろう。

| | Comments (0)

December 15, 2007

Tiger-Lilyの最新作『さよなら、スタァ』を中目黒のウッディシアターで見た。ちょっと前に流行ったメロディーをバックに舞台いっぱい男性二人のジャズダンサーを中心に熱く、楽しいジャズダンスが軽やかに繰り広げられる。共演している一人が友人のお嬢さん。目の前で見るとキュートな20代の女性なのだけれど舞台ではセクシーで激しいダンスを踊って見せてくれた。友人も若い頃はこういう風だっただろうなぁと想った。

| | Comments (0)

December 14, 2007

タクシー

12月4日から10年ぶりにタクシー料金が上がるというニュースを聞いていた。最近2度乗ったのだが一度目は個人タクシーで初乗り660円に据え置いているというタクシー。そして今日に至っては初乗りが580円だった。なんかとても得した気分でうれしくなった。タクシー料金って各社一斉に値上げをするのかと思っていたら自由らしい。でもタクシー乗り場で待っていて次のタクシーは初乗り580円だということがわかっても私は次に乗りますとはなかなかいえないかもしれない。

| | Comments (0)

December 13, 2007

Parlez-moi d'amour

NHKの連ドラ「ちりとてちん」も我が家に定着するようになってきた。朝の連ドラは最初はその前のドラマの印象が強くてなかなか新連ドラに入り込めないのだがようやくこの「ちりとてちん」がおもしろくなってきた。女落語家の話なのだが兄弟子を片思いする主人公喜代美。今日は以前もあったのだがBGMにシャンソンの''Parlez-moi d'amour''が流れていた。

学生時代に私も良く歌ったっけ・・・越路吹雪が日本語で歌っているのを聞いてなんかピンと来なかくてあまり好きではなかったけれど、ここで歌っているのは誰なのかな?今日はそれが気になり3回も見てしまった。というより聞いてしまった。グレコ、ムスタキ、ピアフそれとも本家本元のルシエンヌ・ボワイエかしら?私はこの中でルシエンヌ・ボワイエが好きなので彼女かな?と思ったがどうだろう。

| | Comments (0)

December 12, 2007

合掌

昨晩、家人も帰国し和やかに会食していたところ親しくしていたMさんの訃報。とたんに気分が重くなった。土曜日電話の向こうであんなに元気だったのにもういないのだ。別れは突然やってくるものだと実感した。aya様!と、私を呼びかける彼女の声がもう聞けないなんて・・・

夕食後年賀状を書こうと思っていたのにもう手につかない。そこであまり考えないでも済むことをすることにした。本の装丁の仕事だ。キハラのTさんが丁寧に教えて下さったおかげで習うより慣れろ、こちらの方はどんどん仕事が進むようになった。とりあえず年内に15部を作ることにした。

Mさんどうぞ安らかに!天国でご主人様と仲良くお過ごし下さい。

| | Comments (0)

December 11, 2007

師走

師走も10日過ぎてしまった。朝から母の本の最終校正をしつつ挿し絵をチェックした。母が画いた400枚もの絵の中から60枚を選びスキャンしてCDにおとしてもらったのだが、もともと挿し絵として画いていないので白黒にしていれると、もともとの絵は良くても挿し絵としてはふさわしくないのもある。

お昼過ぎに再びリクエストのあったリースを3本作成した。今回は緑を多くしてみたら品良くしあがった。

午後は装丁に使う振り袖のほどきの続き。これがさすが大彦製?またしっかり縫ってあるのだ。正絹の糸はスーッと抜けないように縫われているらしくて少しずつ少しずつリッパーで糸を切っていく。見頃側の裏地にはどういうわけか薄い真綿が張ってあった。意味があるに違いないが着物がわからない私にはさっぱりだ。

夜は年賀状書き。年賀状を11月に書いてしまうと言う友人がいるがいつもバタバタと書いているなぁ。S_003

| | Comments (0)

December 10, 2007

Talk Master

語学録音再生が簡単にできるすぐれモノを見つけた。私は必要がないのだが語学の学習を欠かさない家人にとってはきっと気に入るだろうと思ってクリスマスプレゼント?に買った。ネット上でだいたいは理解したのだが実際手に取り操作してみて夢中になった。番組を簡単に予約できるし録音再生のスピードも変化できる。削除も簡単、さらにはPCにまでファイルを収納することが出来る。それがタバコの箱大の一台の機械でできるのだから・・・

家人がブラジルから帰ってきてこれを手にしたときの表情を見るのが楽しみだ。

| | Comments (0)

December 09, 2007

頭脳五輪

来年10月北京オリンピックが終わった後囲碁、チェスなどとと並んでブリッジの試合が行われることになったそうだ。いわゆる頭脳五輪だ。場所は北京オリンピックの中心施設でもある国立コンベンションセンターだという。ブリッジの国際試合で日本選手の活躍はあまり聞いたことはないけど今回はどうだろう?期待したい。

| | Comments (0)

December 08, 2007

クリスマスリース

今年は玄関前のチャイニーズ・ホーリーが真っ赤な実を沢山つけ元気が良い。午前中ルーフガーデンの枯れ枝を片づけてリースの土台にするアイビーやら紅葉したツタ、アケビの枝、プミラなどを切った。

午後からリースに取りかかった。物作りをすることは本当に楽しい。3つ作り、結婚する妹にはハートの形に作ってみた。喜ぶかしら?S_001

| | Comments (2)

December 07, 2007

続:ルリユール

『不思議の国のアリス』のハードカバーを作ったとき見返しの紙がなかったためコピー紙で代用したらきれいに仕上がらなかった。その原因は紙の薄さにあったらしい。今日は錦町の「竹尾」に出かけた。丁度二階で「装丁の仕事169人展」をやっていた。装丁をこれからしようという私にとって参考になった。今まで見ていなかったものをじっくり見た。一階は真っ白い内装の広いスペースに紙見本がずらりと並んでいる。店員に見返しに使いたいのですがと話すとベルクールの70kgが良いでしょうとのことで見本帳を出してくれた。持って行った布に合わせて13枚選んだ。レジに並んでいくらくらいかなぁ?2000円でお釣りが来るくらいかしら?と思っていたら、324円ですとのことびっくりした。

母が書きためたものも印刷屋さんに頼み来週にはできあがってくる。母が結婚式の時に来、私も長女も成人式の時に来た大彦の素晴らしい振り袖を表紙の装丁に使うことにした。きっと良いものが出来る。S_009

| | Comments (0)

December 06, 2007

ルリユール

ルリユールとはフランス語で製本のことだ。今年の10月に書店で『ルリユールおじさん』といういせひでこさんの絵本を買った。素晴らしくて何度も何度も読んだ。そして絵を楽しんだ。作者はもちろん日本人なのだがこの絵本のなかにはパリの街角がある。木の図鑑を繰り返し読んでいる内にばらばらにしてしまった少女とその本をなおしてやるおじさん。ほのぼのと暖かいものが本の中に流れる。

月曜日、Oさんが私にルリユールを伝授してくれたのだがどうも布に糊が浮いてしまう。今日はネットを検索してしたら裏打ちようの紙があることを知った。これでなんとかなるかな?S_007

| | Comments (0)

December 05, 2007

熱海

熱海一泊でゆっくりしてきた。ホテルのラウンジからは水平線まで広がる白い雲と穏やかな海その向こうに初島、そして今日は大島までもくっきり見えた。お茶を頼んでカードをひろげる。コントラクトブリッジはつきぬ面白さがある。今日もこのゲームに一日熱中した。同行者は同じ病魔を克服した四人組だ。

帰りの車中もカードを楽しんだ。元気に遊べることを感謝しながら・・・・S_004

| | Comments (0)

December 04, 2007

ネットオークション

今朝の日経朝刊一面のトップ記事は『ヤフー、イーベイ提携』。ネットオークションもここまで来たのか!とビックリした。あれが欲しいなぁとイーベイのHPをのぞくとあるあるある・・・・・・・・・でも今まではアメリカ・カナダのみの販売と書かれていたり、手数料、輸入の面倒くささ、税金のことなど考えると二の足を踏んでしまっていた。

『ヤフー、イーベイ提携』で国境を越えたネットオークションの時代がいよいよやってきたのだ。

| | Comments (0)

December 03, 2007

掃除に学ぶ会

2時半お客様がやってきた。一人は従兄弟のお嫁さん。もう一人は彼の事務所で働いているOさん。このOさん夏に初めてお会いしたときから印象が強かった。とても謙虚で自分を主張しない、でも芯に強いものを感じた。従兄弟が翻訳した司馬遷の「史記」をまとめてくださったのも彼女だった。そして一度話を聞いてみたいと今日はきていただいたのだ。まずビックリしたのは彼女が『日本を美しくする会』に属し積極的にあちらこちらの「掃除を学ぶ会」に参加していることを知った。その趣旨は下記のURLに記されているとおりだが

心を取り出して磨くわけにいかないので、目の前に見えるものを磨く。特に、人のいやがるトイレをきれいにすると、心も美しくなる。人は、いつも見ているものに心も似てきます。


と書かれている。その通り忙しいを良いことに、周りもきちんとしていないということは私の心も汚くなっているかも・・・と思った。
http://www.souji.jp/utukusikusurukai.htmlS_002

| | Comments (0)

December 02, 2007

猫と休息

病人ならぬ病猫と今日はゆっくり過ごした。TVを見ていると私の膝の上に乗ってくる。少し病状も落ち着いてきたようだ。カリカリも少しずつではあるが食べている。

猫が寝ている間今日は衣類の整理をした。寒くなってきたのであたたかいパジャマをと、先日買いに行ったら手頃なのがなかったのでまた買いに行かなきゃと思っていたらなんと去年買ったのが出てきた。見たら思い出したのだがそれまで全然記憶になかった。衣類も必要でない様なものが増えている。大きくなったので着ることが出来ないものもある。思い切って処分する方にまわした。Snovasagap_001

| | Comments (0)

December 01, 2007

黄葉&赤葉

全国あちらこちらから紅葉のすばらしさがTVのニュースで流れる。今日は明治神宮外苑へ散歩に行った。ここは紅葉こそ少ないが、イチョウはもちろん黄色く桜の葉も真っ赤に染まり、またケヤキは赤茶色に燃えるように美しかった。午後をゆっくり秋の深まりを感じながら気持ちよく歩いた。

| | Comments (0)

« November 2007 | Main | January 2008 »