« October 2007 | Main | December 2007 »

November 2007

November 30, 2007

ヘブンリーブルー

コリアンダーやらイタリアンパセリを植え込んでおいた料理に使うためのハーブの小さな鉢にいつの間にか今年のヘブンリーブルーの種が落ち成長してきた。11月はじめに部屋の中に取り込んでおいたらその鉢に最近二つ三つとブルーのきれいな色のヘブンリーブルーが咲いている。いつまで咲いてくれるのだろう。あと10程花芽があるけど・・・Snovasagao_012

| | Comments (0)

November 29, 2007

チェリモヤ

和歌山から届いたチェリモヤが美味しかった。3個届いたのだが、山下さんが熟し度合いの異なるものを入れて下さってあったので時期をずらせて頂くことが出来た。ブラジルのグラビオーラはやはりバンレイシ科の植物だけれど今頃家人は堪能しているだろうな?と思いながら最後の一つをいただいた。Snovasagao_003

| | Comments (0)

November 28, 2007

CATS HOSPITAL

我が家の猫ちゃんも11才。猫にしては結構な年齢。この年のはじめから色々と体調不良が起きている。ここ2・3日食べたものを戻し今朝は血まで吐いたのでまた連れて行かなきゃと思った。かかりつけの病院は区内なのであるけれど車で20分かかり、付き添って行くこちらの年齢も考えると今後のことも考えてより近くに病院がないものかとネットで検索した。CATS HOSPITALなる猫専門の病院を発見!早速予約をファックスで送った。12時に来なさいとのことだったの。ケージに入れて歩いて5分くらいのその病院へ。二人の獣医さんが詳しく診察して下さった。血液検査、レントゲン、超音波、触診・・・でも原因は不明のまま。「ガスター」というどこかで聞いたことのある名前の薬を処方してくれて様子を見ることになった。

猫は言葉を話せないのでどう具合が悪いか言ってくれないし、ご飯も食べないで部屋の上の方へ登ったまま・・・・・・・

| | Comments (2)

November 27, 2007

銀行

今日は外出日にして、やることをメモに書き連ねた。こうやっても一つ二つはし残すのだが・・・家人がいないので銀行へ行って税金をおさめなきゃいけない。いつも振り込みはネットで済ませるのだけれど、税金だけは振り込み用紙を使わなければならないというのがどうも不便だ。月末25日過ぎなのできっと混んでいるだろうなぁと覚悟して三菱東京UFJ銀行へ出かけた。ところがである。意に反して引き出し用紙を書いているときにもう344番の方!とコールされてしまった。あとでフロアレディの方と話したのだが、最近は混み具合の予測が全くつかないのだそうだ。私が行った店舗は旧UFJ系の銀行だったので旧三和銀行への入金も出来た。先日は三菱系の銀行だったのでこの旧三和銀行の通帳で入金できなかったのだが!

曇っていて小寒いのかな?と思っていたら意外と暖かくその後の用事もスムーズに済んだ

| | Comments (0)

November 26, 2007

テレビ電話

夫婦の間の会話の時間について11月22日の夫婦の日の話題になっていたが、ご多分に漏れず我が家でも普段は会話の時間が少ない。ところが現在家人はブラジルに出かけておりもっと少なくなるかと思いきや、PCのスカイプで会話をすることになるのでこのところ結構話をしている。それも相手の顔が見えるのでどういう状況がをつかみやすい。今はサマータイムなので13時間の時差というのもこちらが夜だったら朝、あちらが朝だったら夜となるので丁度良い。便利だ。

| | Comments (0)

November 25, 2007

憂国忌

到来物のヤナギカレイが叔母の大好物だとのことでお昼頃出かけた。外苑西を新宿通りの四谷4丁目で右に曲がり細い坂を富久町へ下っていく。今日11月25日は三島由起夫が市ヶ谷の自衛隊で割腹自殺した日だ。37年前のこの日私は入院中でラジオのニュースでこの訃報を聞きショックを受けたのでよく覚えている。この四谷4丁目辺りに三島由紀夫の生家があったことを急に思い出した。もちろんその家は残っていないだろうけどキョロキョロと見回した。

従兄弟のお嫁さんと3人でお食事。彼女はとてもお料理上手。セロリの芥子みそ和え、白菜の漬け物、きんぴらゴボウ、穴子のきゅうりもみ、どれも美味しかった。

| | Comments (0)

November 24, 2007

不都合な真実

昨日借りてきたDVDのうち『不都合な真実』を見た。しっかりしたデータに基づいたドキュメンタリーなので迫力がある。地球温暖化への警鐘だ。私たちの国日本も子供の頃には四季がはっきりしていたけれど最近は曖昧になってきているように思える。紅葉のシーズンもどんどんずれ込んでそのうち12月に?というようになるのではないだろうか。東京の桜は以前は入学式につきものだったのにそのころはもう葉桜になってしまっている。地球温暖化の影響で生態系も狂ってきているとゴア氏は語る。一体地球はどうなっていくのだろう。

| | Comments (0)

November 23, 2007

鬼のいぬ間に

家人は今日からブラジルの学会に出席するというので朝からバタバタしていた。PCの240V用のコードやらデジタルカメラの予備のメディア、充電器もトランクに追加。傘も忘れていた。やっぱり私がいなきゃダメ?

新宿駅に送ってからTSUTAYAでDVDを二本借りてスパへ。しばらくのんびりだぁ・・・

| | Comments (0)

November 22, 2007

箱根美術館の紅葉

先週箱根に行った友人が『箱根美術館の庭園の紅葉は真っ盛りで素晴らしかった!早く、綺麗に色づくように手を 加えているよう・・・』とメールが来たのでどうしても見たいと思っていた。

朝食後ホテルから桃源台まで歩きロープウェイに乗る。このロープウェイ今年の夏前、リニューアルされ快適になった。18名定員だが6人でがやがや大声でしゃべりながら窓の外をのぞく。眼下の芦ノ湖には昨日乗った海賊船が見える。残念ながら富士山は頂の辺りは雲がかかり稜線のみしか見えなかった。箱根の山は紅葉・楓のような赤く紅葉する樹木が少ないようだったが黄色に色づいた山肌の模様も美しかった。姥子-大涌谷-早雲山まで乗り登山電車で公園上駅まで降りる。

箱根美術館は駅のすぐ近くだった。今日は木曜日で本来ならば休館日ということらしいが特別に開館していた。フリーチケットを提示ー200円で700円だった。箱根美術館は初めてだったがお庭は本当に美しかった。緑の苔庭と赤い紅葉の対比が素晴らしかった。S_041S_094S_108

| | Comments (0)

November 21, 2007

旧東海道石畳

箱根フリーパスを買って小田急ロマンスカーに乗る。一行は6人で丁度特急券の回数券も買えると言うことで特急券代は150円安くなった。キャリーサービス(500円)もあったが全員軽装備で問題なし。箱根湯本から畑宿経由元箱根行きのバスに乗って15分七曲がりを通過後、見晴らし茶屋で下車した。そこから甘酒茶屋通ってから旧東海道石畳を歩く。ここはその昔皇女和宮もお輿入れの時通られたと看板もあった。皆必死の形相で登る。石畳はちょっときつかった?!石畳と言ってもきちんとしたものではなくどちらかというとその辺の石を敷いたというものだったから・・・雨の後だったら大変なことになっていたかも?元箱根まで約10000歩時間にして90分。歩数にしては結構ハードな道のりだった。Hakonekaidou

| | Comments (0)

November 20, 2007

ディベート

東京クラブ11月例会。プログラムは久しぶりのディベートだった。論題は『おおすもうは日本人がとるべきである。』肯定側は相撲が日本古来からの神事に匹敵するような「心・技・体」を重んじた国技であることを強調しMorningさんの挙動を盛んに責め立てる。かたや否定側はいまやおおすもうは興業であり格闘技としてのスポーツであると主張する。現状が現状だけに否定側が有利で肯定側が不利。おおすもうは国技なのかなぁ?そうだとすればそこの所を強調すれば良かったのでは?否定側の圧倒的勝利だった。

| | Comments (0)

November 19, 2007

Windows Vista

電気屋さんの店先には前のOSであるWindows XPが殆ど姿を消してWindows Vistaを搭載したPCが主流を占めるようになってきた。最初購入したときからVistaは重いなぁと思っていたけど色々な問題があることが徐々にわかった来た。専門家にはもうとっくにわかっていたことだろうと思うけど・・・以前のソフトをインストールするとあちらこちら不具合が生じるのだ。ソフトのメーカーもVistaには対応していません!と言われるとそれ以上はこちらは何も言えなくなってしまう。ソフトを開発するメーカー側からすればパソコン一台に一ソフトが原則なのでパソコンを変えれば当然新しいソフトをお買い下さいというのが本音だからだ。仕方ないなぁ~。またソフトを買わなければならない。

| | Comments (0)

November 18, 2007

東京国際女子マラソン

12時20分国立競技場スタートということだったが久しぶりに会った妹と話しに夢中になっていたらその時間が過ぎてしまった。

22日が妹の誕生日なので近くのイタリアンレストラン'AuSu'へ出かけた。ここのパスタが美味しい。なかでもポルチーニのクリーミーなパスタが最高!今日も美味しかった。レストランを出て彼女のワンセグケータイでマラソンの状況を見るともう20分後くらいには国立競技場に戻ってくると言うことがわかったので行ってみることにした。今日は国立競技場も無料開放されていた。穏やかなお天気の中、野口みづき選手が一番で入ってきた。Ca330053

| | Comments (0)

November 17, 2007

来週は箱根

秋も深まりどうやら箱根の紅葉も見頃の様子だ。箱根フリーパス2日間買い9時27分発の箱根11号のロマンスカーに乗り、10時58分に箱根湯本。11時15分発の元箱根行きのバスに乗車。30分程乗ってから見晴茶屋下車、関所跡まで10000歩強ウォーキングする予定を立てた。お天気だといいけど・・・

| | Comments (0)

November 16, 2007

校正

母が60才から書き始めて『芸象』という同人誌に載せていたものを文を書かなくなった今編集してみようと言う気になってなじみの印刷屋に頼んでおいていたところ今日ゲラがあがってきた。それを読み赤い訂正を入れている最中だがよくもまぁここまで調べて書いた!と感心した。とりあえず来年の妹の結婚式に間に合うようにしたい。カットは?装丁はどのようにしようか?それにしても200ページの文章の校正は老眼鏡の身にはつらい。

| | Comments (0)

November 15, 2007

犯人は誰?

玄関横の植栽、白のインパチェンスカルフォルニアローズフィエスタを片づけてビオラを植えた。ユニークな花色のペニーシリーズだ。特に気に入ったピーチジャンプを3株手前に植えて毎日花柄を積んでかわいがっていた。ところが最近これを引き抜いていくヤツがいるのだ。抜いてもそのまま横に置いてある。一体だれの仕業かしら?と気持ち悪く思っていた。しかたなくそれをまた埋め戻す。と言う作業を4度も行っている。ところが昨日屋上の白のダイアンサスがやはり引き抜かれているのを発見!これは多分カラスの仕業に違いないと確信した。カラスなら・・・とちょっと安心?した。

| | Comments (0)

November 14, 2007

発酵バターとゴリラのはなくそ

発酵バターの酸味が大好きなので探していた。小岩井の瓶詰めのバターには『発酵』と書かれているが私の求める味ではない。今日は御徒町まで出かけてようやく全酪の発酵バターを買ってきた。明朝のトーストにつけるのが楽しみ。

ところで家人がブラジルに出かけるのでお土産をさがしている。今日は上野名物’Gorilla's boogers'を買ってきてこれどう?と言ったらダメと一蹴されてしまった。「ゴリラのはなくそ」ってやはりお土産にならないかしら?黒大豆の甘納豆らしいのだが・・・ネーミングがおもしろい。

| | Comments (0)

November 13, 2007

マンガ雑誌の年代層

マンガ雑誌が子供達に受けなくなっているのだそうだ。今の子供達はお稽古やら塾に忙しくてしばしの余暇はゲームに興じるのだそうだ。ゲームだとすぐ結果が出るがマンガ雑誌の続きは1週間後!それが待てないとのこと。マンガを読むのは35才くらいまでの大人に人気でそれで内容も変わってきているらしい。私もマンガは読めない方でその点では子供と一緒と言うことなのかも・・・

| | Comments (0)

November 12, 2007

手作りリース最前線

1ヶ月もかかった、歯の治療もようやく今日で終わった。その待合室で見た家庭画報12月号に「手作りリース最前線」の記事があり色々なリースが紹介されていた。氷の中に実やら植物をいれて作ってあるリース。しかし氷と思ったらマジカルウォーターを使って固めたあるのだそうだ。ユリの木の葉を黒く染めて作った真っ黒なリース。黒のリースはヨーロッパで近年流行中なのだとか!丸いのがリースではない。写真の額を利用して四角く仕上げてあるもの。フローラルフォームのリースの上に細い試験管を立て花を生けさらにそれを蔓性の植物でつないであるものなど早速私の中のアート虫が起きるようなものばかりだった。さてどれからやってみようか?

| | Comments (0)

November 11, 2007

近所で紅葉狩り

11月ってこんなに寒かったっけ・・・!雨が降り余計に寒さが身にしみる。でもこの寒さのおかげで体育館脇のナンキンハゼのハート形の葉っぱは赤に黄色に色づき始めたし、駅前のイチョウ並木も秋の装いだ。そして我が家のチャイニーズホーリーの実が少しずつ赤くなってきた。今年のクリスマスには格好のリースが作れそうだ。S_001

| | Comments (0)

November 10, 2007

イリュミネーション

冷たい雨が降り真冬のような気温。朝から寒い。エアコンをつけてもなんか寒いなぁとリモコンをよくよく見たら25℃冷房になっていた。

妹と待ち合わせてトウキョウドームシティ-・ラクーアへ。スパで身体がすっかり温まり外へ出たら9時近くイリュミネーションがきらきら輝いていた。ここではウィンターイリュミネーションと呼ぶらしい。夕食はmangia mangia で・・・

六本木ヒルけやき坂ブルーのイリュミネーションはブルーの色、今年は変わっているそうだ。これも見てみたい。

| | Comments (0)

November 09, 2007

ウィークリーブリッジ

「ラマダンも終わったからお昼を挟んでブリッジをしましょう。」とのお誘い!なんかこのところ珍しくブリッジが多い。今日は久しぶりに温泉!と思っていたけどこういうお誘いが来るといそいそと出かけてしまう。システムが少し違うので「・・・?」ということもあったけどおもしろかった。notrumpはsans a toutだったよねとかフランス語のブリッジ用語がなかなか出なくて英語になったりフランス語に戻ったり二人で笑ってしまった。要するに楽しく時間が過ごせればいいのだ。Snovasagao_008

| | Comments (0)

November 08, 2007

新国立美術館:フェルメール展

10時半乃木坂の新国立美術館前で待ち合わせをした。昨年5月完成された故黒川紀章氏設計のこの建物TVなどでは見たことがあったけれど肉眼では初めて見た。外観はガラスが波のようにうねったような前面が美しく中も部も広々としておりモダーン。

イヤホンガイドを借りフェルメール展を見て回る。かなりの人で混雑しておりゆっくり絵の前で立ち止まることができなかったけれどもあらかじめネットで絵についての話を見聞きしていたのでスムーズに溶け込んだ。お目当てフェルメール『牛乳を注ぐ女』はやはり素晴らしい。その絵に到達する前にビデオやらイヤホンガイドは説明を微にいり細に入りしてくれたので目の前の女の人が注いでいるう牛乳に視線がいき、なるほどとうなずくばかり・・・

フェルメールの43年の生涯に36点と寡作なのがまた人気の出る由縁かもしれない。この<牛乳を注ぐ女>に加えてルーブル美術館<天文学者><レースを編む女>、NYのメトロポリタン美術館<眠る女><水差しを持つ女><リュートを弾く女><少女><寓意>、日本にやってきた<手紙を読む少女><真珠の首飾りの女>を見たことになる。こんどはロンドンのケンウッドハウスのフェルメールの絵を是非見てみたい。Scimg4454

| | Comments (0)

November 07, 2007

アグロステンマ

今年5月西武ドームで開かれた国際バラとガーデニングショウでアグロステンマがやさしく揺れていたのを見て来春は是非この花を我が家でも見たいと苗を頼んだ。今日園芸店から大きく育った苗が届いた。我が家でもアグロステンマ桜貝の種を10月はじめに蒔いたのだけれどそれとは格段に大きさが違う。でもゆらゆら揺れる白と桜色のアグロステンマを見るのが楽しみ。Snovasagao_017 Snovasagao_009


| | Comments (0)

November 06, 2007

和歌山の富有柿

市ヶ谷に住む叔母が「富有柿が沢山届いたのでayaちゃん取りに来て・・・」と電話があり出かけた。大きな大きな柿!和歌山のくどやまの富有柿だとのこと。和歌山なら『くどさん』じゃないの?でも私の記憶も定かでなく後で調べてみようと言うことになった。叔母の家の大きな柿の木の葉は色づきはじめ小さな柿が一つなっていた。

歴史では、九度山(くどさん)と呼ばれていたが、今では九度山(くどやま)と言っているそうだ。慶長5年の関ケ原の戦いに敗れた昌幸・幸村親子が、高野山の麓の町、九度山の地で閑居したことからこの町とのゆかりが始まったと書かれていたが何時どのようにして名前が変わったかはわからなかった。Snovasagao_016

| | Comments (0)

November 05, 2007

アルバムから写真をスキャン

海外赴任していた頃の休暇旅行の写真をアルバムからスキャンする作業をした。二年間でアルバムが5冊。1000枚近い写真から選んで400枚をデジタル化した。当時の私の髪型は現在のvery shortと違ってパーマをかけてボリュームがあり思わず笑ってしまった。ファッションもずいぶん違う。作業は丸一日かかった。Sbrasilday

| | Comments (0)

November 04, 2007

民主党はどこへゆく

お昼からのんびりTVを見ていたら臨時ニュースのテロップが流れた。民主党小沢さんの突然の辞任のニュース!ビックリしたぁ。自民党との大連立の際に政治的混乱を招いたとのことが原因らしい。一体民主党はどうなるのだろう。先日京都に行ったときまだ町中のあちらこちらに前原さんの『私は変える』のポスターS31100311_303
が残っていたけど、前原さん変わり自民党を卒業して新進党へ変身そして民主党へと変わった小沢さんも『私は変わる』の発言。一体誰が民主党を引っ張っていくことになるのだろう。

| | Comments (0)

November 03, 2007

京都の人

最近京都を旅行してつくづく京都の人の親切さが身にしみた。相国寺から幸神社へ行く道のりが非常にわかりにくかったのだけれど通りがかりの人が丁寧に教えて下さった。幸神社にお詣りしようと眺めていたら2・3軒先に住まいがあるという伯母さんが近づいてきて神社の角にお猿がいると言うことを教えてくれた。このお猿さん鬼門をお浄めしているのだという。それを聞かなければまったく通り過ぎてしまったに違いない。その伯母さんとさよならしてしばらく佇んでいたらこんどは自転車の若い男の人がやってきて神社の傍らにあるご本尊の「神石」について話してくれました。それからここはゆき神社と読み、縁結びの神様であることも・・・Yukijinjya


道に立ち止まっていると必ずだれか寄ってきて助けてくれた。反対に道を聞かれたこともあったけど・・・

| | Comments (0)

November 02, 2007

仙洞御所~桂離宮

三十三間堂へまず出かけた。1001体の仏像にはいつも圧倒される。一年に20体づつ修復していると修学旅行の小学生にガイドが説明していた。となると全部修復するには50年かかるのだ。なんか気が遠くなるような話だ。その中の小学生に声をかけられた。そして飛騨高山の小冊子を渡された。昔懐かしいガリ版刷りだった。かわいい大使達の勧誘になんか久しぶりに高山にも行きたくなった。

仙洞御所へ着いたのは11時50分ここでもまずビデオであらかじめ概要を見る。1時間ガイドに案内されて見学した。お昼は烏丸御池の「尾張屋」。

四条から阪急電車で「桂」まで10分あまり。2時半からの見学だった。回遊式の庭園だが修学院離宮の借景をした庭園と比べるとちょっと物足りなく思った。

帰りは四条烏丸から錦小路を歩き木屋町の「とくを」で夕食。S31100311_420S31100311_439S31100311_460S31100311_472S31100311_498S31100311_552

| | Comments (0)

November 01, 2007

修学院離宮

朝からどんよりしていて今にも降り出しそうな天気だった。京都2日乗車券を買ってバスに乗ると小雨が・・・「修学院道」で下車、100円ショップで立派なワンタッチ傘を購入。10時40分受付で拝観許可証を提出して待合所でDVDをまず見る。修学院離宮は2度目。見学が始まる11時頃には雨も止んだ。宮内庁のガイドの案内で離宮を回る。御幸門をくぐると霞んだ山々が見晴らせ水墨画のような景色に思わず息をのんだ。一時間半の行程。

修学院離宮を出て音羽川にかかる離宮のはずれに5本の素晴らしい銀木犀を見つけた。これが満開でなければ気づかなかったと思う。銀木犀は金木犀と違ってまた格調高い香りがする。しばし香りを楽しんだ後、蔓殊院(まんじゅいん)、圓光寺(えんこうじ)へと歩く。圓光寺では庭に水琴窟でこんどは水音を楽しんだ。

詩仙堂を見学後一乗寺下り松まで歩きバスで四条へ出る。六波羅蜜寺の空也上人を拝観してから白川近くの陶然亭へ。S31100311_333S31100311_363 071031_14390002
S31100311_391S31100311_396S31100311_398S31100311_411S31100311_413

| | Comments (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »