« September 2007 | Main | November 2007 »

October 2007

October 31, 2007

京都御所一般公開

四条通りから今出川通りを歩くたびに築地塀で囲まれた京都御所はずいぶん広大な敷地(11万㎡)なんだなぁと思っていた。今回の京都旅行で初めて拝観した。宣秋門の前で簡単な荷物検査を受けてなかへ入る。宮内庁やら皇宮警察の腕章を着けた人があちらこちらで警備する中順路に従って、おくるま寄せ、諸大夫の間、みくるま寄せ(おくるまよせと異なりこちらは両陛下の玄関)、清涼殿(天皇が日常生活された御殿)、小御所(将軍や諸侯と対面される場所)お庭など見て回ったがなんといっても圧巻は紫宸殿だった。向かって右側に「左近の桜」左側に「右近の橘」(橘の木には青い小さな実がなっていた。)があり儀式を行う格式の高い正殿だ。最近では昭和天皇がここで即位されたとのことだ。

京都御所内の宮内庁京都事務所で1日の修学院離宮、2日の仙洞御所、桂の離宮の申し込みをした。それから同志社大学の横を通り相国寺、幸神社、から出町柳へ「ふたば」で豆もちを買い下鴨神社まで歩いた。Palace

| | Comments (0)

October 30, 2007

Skype

一人で夕飯後ソファに座って24日にレンタルリリースされた『クィーン』を見ていたらスカイプコールがきた。ブラジル、パライバ州の州都ジョン・ペソアに住むマギナと彼女の夫で現在愛媛大学で研修中のセルソからだった。マギナとは2005年の11月にブラジルに行って以来だから2年ぶり!ブラジルの話に花が咲いた。何時来るの?との質問に今年はちょっと行かれないというと残念だねと・・・私は彼らの結婚式で代母を勤めたので特に親しい。ジョンペソアの海岸が目に浮かんできた。来年は行けるかしら?

| | Comments (0)

October 29, 2007

シナノスイート

葡萄の季節もそろそろ終わり林檎が美味しくなってきた。去年シナノスイートをいただいて以来、このフジと津軽から生まれた林檎が気に入っている。今日はデパ地下でシナノスイートありませんか?と聞いてみたら、これです!と持ってきてくれた。ラベルを見ると群馬産のフジとある。これ違うと言ったら、売り場の裏手へ連れて行ってくれて段ボール箱のラベルを見せてくれた。確かにシナノスイートとあったが切って食べてみたらこれはフジだなぁと思った。

| | Comments (0)

October 28, 2007

釣書

妹の結婚相手の家族と会食をした。家族の紹介で縁を結んだので興信所で調べるということはせずに釣書を交換することになった。妹は釣書の書き方なるものをネット検索してPCで作成していた。昔は手書きだったのに変われば変わるものだなぁと思った。さて彼は『式次第』をまず配り、司会は自分、乾杯の音頭自分の父親、最後の挨拶はこちらの父親と役割分担を定めきちんとしていた。さて先方の釣書は中身こそワープロ作成だったけれど表紙は彼自ら毛筆で題字を書き朱で落款を押してあった。

| | Comments (0)

October 27, 2007

仮屋崎省吾の世界

今年もまた目黒雅叙園に仮屋崎省吾の生け花を見に出かけた。作品が置かれている場所は国の登録有形文化財となっている『百段階段』の傍らの6つの部屋。この部屋の天井や欄間には華やかな世界が描かれているのだが仮屋崎氏の作品もそれに負けない華やかなもの。今日は初日とあって仮屋崎氏があれこれチェックしていらっしゃった。TVで見るともっと小柄な方かと思っていたが175cmくらいの身長があり細身な身体がキビキビと動き私たちお客さんにとっては腰の低い方と思われた。

| | Comments (0)

October 26, 2007

エディット・ピアフ

評判のこの映画を見てきた。エディット・ピアフの46年の重い人生に重ねてスクリーンにエディット・ピアフの有名なシャンソンも沢山流れた。学生時代よく歌った 'La vie en rose' 'Hymne à l'amour' 'Padam Padam Padam' 懐かしかった。でも最愛のマルセル・セルダンを飛行機事故で失った後にシャルル・デュモンが彼女のために作った 'Non, je ne regrette rien' 「私は後悔しない」 が印象的だった。 'Car ma vie, car mes joies, aujourd' hui, ca commence avec toi.....' アルコール中毒、モルヒネ中毒、自動車事故の激動の人生に重なって素晴らしかった。

 

| | Comments (0)

October 25, 2007

トランプ柄のパッケージ

ウィークリーのブリッジのゲームに参加した。セクショナルのゲームと異なりのんびりしたムードが会場に漂う。お昼にたまたま居合わせたオポーネントの方が「アメリカから送られてきたものだけど・・・」とかわいいトランプ柄のパッケージのハッカ飴をくださった。これはアメリカのパーティグッズのお店においてあるものだという。パートナーはスペインのチョコレート、私は梅干しを差し出した。和やかなひとときとなった。071025_12490001

| | Comments (0)

October 24, 2007

シクラメンの赤ちゃん

玄関横の柏葉紫陽花が今年は一つも花が咲かなかったのに突然木が成長して2m近くになった。その辺りに植えてあったヒューケラ、シクラメン、クリスマスローズを覆い尽くさんばかりなので少し整理して切った。

化学肥料も少し埋めてあげようと土の表面を眺めたら、ビックリ!シクラメンの赤ちゃんがいっぱい出ているではないか。かわいい。もう少し大きくなったらコンテナーに移して陽にあててあげよう。 Soctasagao_024

| | Comments (0)

October 23, 2007

グラスが割れて・・・

朝、台所仕事をしていてグラスに茶碗があたった!グラスの口がかけた。さてその破片を片づけようと探したがどうしても見つからない。掃除機をかけ拭き掃除をしてもその破片がない。しばらく振りの台所の丁寧掃除をした。でもどこにいったのか?結構大きな破片なのでもし踏んだらと思うとぞっとする。まるで神隠しにあったようだ。Soctasagao_004

| | Comments (0)

October 22, 2007

春の花の苗

9月終わりから少しずつ蒔き始めた春の花の苗がだいぶ大きくなり始めた。キャンディーボックス・こんぺいとう、ペチュニア・浮舟、ダイアンサス・ブラック&ホワイト、ネモフィラ・ペニーブラック、アグロステンマ・桜貝、ニゲラ・イスタンブールを四角やら丸いコンテナーに植え込んだ。全く未だに目を出さないものもある。スカビオサのチリブラックだ。種が成長してなかったのかもしれない。それともこの夏の暑さでダメになったのかも?Ssspring_002Ssspring_003Ssspring_005


| | Comments (0)

October 21, 2007

ヒヤシンスの芽が・・・

LaLa TVで朝放映しているマーサ・スチュワート リビングを結構見ている。春先にガーデニングのコーナーで球根を冷蔵庫に保管しそれを6週目に外気にさらすと4週間後だったかなぁ?花が咲き始めるというので、今年咲いて堀上げておいた球根を使って試してみた。チューリップは水の分量が悪かったのかカビが出て失敗!でもヒヤシンスは順調に生育しているらしく白い根が張りかわいい芽が出てきた。さっそく大きいコンテナーに移した。Ssspring_001

| | Comments (0)

October 20, 2007

50代めがけて・・・

新宿へ妹とショッピング。新宿高島屋から紀伊国屋へ向かう。通り道なにか配っている人がいるなぁと思いながら通り過ぎようとした。最近おばさんにはティッシュはなかなか配られない。ところがこの人、妹を差し置いて私めがけてティッシュを渡すではないか!書いてあるものを見ると50代を「上品元気」にする新雑誌「クロワッサンPremium」が10月20日に創刊されたという広告ウェットティシューだった。なるほどねぇよく見ていると感心した。

| | Comments (0)

October 19, 2007

贖罪

文藝春秋から出ている「本の話」とか雑誌のなかの書評を見て面白そうだなぁと思うと矢も楯もたまらず本屋で注文してしまう。イアン・マキュアンの『贖罪』はラジオで聞いたのかもしれない。さて今日は午前の役員会の後スパへ出かける。いつものコースが終わって椅子に寝そべってさぁ~読みましょうと老眼鏡をかけ読み始めた。おもしろい!

| | Comments (0)

October 18, 2007

初秋の日光

昨日のウォーキングで昨夜は熟睡!朝食のレストランは大きくガラス窓がある。その食堂の窓いっぱいに秋近い日光の景色が広がっていた。樹木が濃い緑から黄色く、赤く色づき始めている。ビュッフェの朝食をいただき、午後1時過ぎまでブリッジを楽しんだ。

この仲間との旅行いつまでも続いて欲しい。

| | Comments (0)

October 17, 2007

下今市から日光へ

お天気に恵まれた気持ちの良い日だった!新宿発10時35分、スペーシアきぬがわ3号は12時17分下今市に到着。駅を右へ二宮報徳神社へお参りしてから道なりに今市方面へ歩く。20分足らずで上今市に。杉並木公園にはいる。橋を渡っていると後ろを歩いていたM子の時ならぬ叫び声。橋の際にとぐろを巻いたヘビがいた。なんと鎌首をもたげ激しく尾を打ち振り私たちを威嚇していた。にらみ合うこと数分ようやくするすると消えてくれた。

世界の色々な水車を見ながら報徳庵へ。他の人たちとはここで待ち合わせ盛りそばに舌鼓を打った。美しい杉並木の道を歩いた。日光に近づくにつれて歩道が狭くなり歩きづらい道もあったが15時15分無事に東武日光駅に着いた。

| | Comments (0)

October 16, 2007

裁判員制度

東京クラブ10月例会に東京地検の若い検事さんが平成21年から始まる刑事裁判への裁判員制度について話にきてくれた。パワーポイントによるプレゼンテーションは裁判についてのクイズも入って興味深かった。裁判員制度を取り入れることによって裁判にかかる時間を短くする利点があるということだったがそれが現行制度だとどうしてできないのか?また裁判員を国民の中から選ぶことは国民主権のあらわれであるとも話されていたが裁判官も国民であるはず裁判員が入らなければならないということはないと思うが小冊子ももらってあるので良く読んでみよう。071016_13050001_2

| | Comments (0)

October 15, 2007

街道てくてく旅

NHKの番組「街道てくてく旅」はプロの卓球選手の四元奈生実さんが日光・奥州街道をてくてくと歩く旅番組だ。9月24日に日本橋を出発、現在日光の東照宮までの日光街道を歩き抜いた。毎日10km程度歩き、ところどころで現地の人と卓球をしたり、おせんべを焼いたり、名産の果物をもいだりと楽しい。

先日土曜日この番組がどのように作られているかを知りとても興味深かった。まずカメラマン、音声を撮る人他二人が四元さんのまわりにいる。そして中継車も走っている。その車の中でその日の映像の編集までおこなわれるそうだ。おまけに四元さんの体調をチェックするスポーツトレーナーまでついているとのこと!

私たちも17日日光街道のほんの一部であるけど今市宿から日光の鉢石宿へと歩くことになっている。お天気だと良いけど・・・

| | Comments (0)

October 14, 2007

人と足

今日は親戚会だった。毎年還暦、古希など迎えた人をお祝いしている。今日は関西、名古屋からも来ていて22名新宿に集まった。近況を話すのは定番だが、従兄弟の外科医が『人と足』と言うテーマでプレゼンテーションをやってくれた。「ヒト」の発達の経緯から2足歩行が始まって脳が発達してその脳の重さ故に色々と障害が起こるということを専門用語も交えてスライドが進む。とにかく姿勢を正しくすることが基本で肩こり、腰痛、膝痛など姿勢をまっすぐすることによって老化現象を遅らせることができるとのことだ。

ブラジルで暮らしてした頃買い物したものをカゴに入れ頭の上に載せ歩いていた人がいたけどあの人たちはきっと健康に違いない。またファッションモデルも頭の上に本を載せて歩き歩き方を学ぶのだ聞いたことがある。

時々腰が痛くなるのは姿勢が悪くなっているからに違いない。

| | Comments (0)

October 13, 2007

♪はーるよ来い、はーやく来い♪

秋植えの球根をコンテナーに植えた。色あわせを考えながら植え込む作業が楽しかった。マウントタコマ・スノードロップ・白とブルーのアネモネそれにサッポロと白を基調のコンテナー、百合咲きのマリリンやファンシーフリル、アグロステンマ桜貝などのピンク系のもの、プリティーウーマンと百合咲きアラジンの赤系、ブラックパーロットにはダイアンサスブラック&ホワイトを入れてシックな黒などなど8個もコンテナーを作った。春が来るのが待ち遠しい。

| | Comments (0)

October 12, 2007

梵燈のあかり

10日一度ホテルに戻ったものの夕刻JR西日本に乗って妙心寺に出かけた。花園駅から歩いて5分。6時を過ぎると日は落ちて辺りは暗い。妙心寺の門をくぐると人通りも少なく石畳の道を小走りに歩く。境内は広くなかなか目的の東林院は見つからない。北門の近くに妙心寺境内の絵地図がありそれを見てようやく行き着いた。東林院は山名家の菩提寺であり一般的には公開されていないが年に数回の行事の折りに公開するのだという。折しも5日から夜間拝観だった。住職手作りの瓦製梵燈や古瓦の上に300本のろうそくが灯り、その光が白砂や苔の庭をほのかに照らしだし静かに揺らめいていた。

煩悩を消し去る寺の鐘を梵鐘というが梵燈とは寺の灯りの意味。梵燈のもと心静かに自分を見つめ悔いのない人生を送る誓いをたてることを説いている。

10人あまりの人と一緒に私も縁側に座ってその灯りを見つめ、自分の心を見つめた。S_1176

| | Comments (0)

October 11, 2007

陶然亭

ひとり、外で食事をするときカウンターだと居心地が良い。定宿にしているグランヴィア京都のコンシエルジュでどこが良いかと相談したら新門前通りの陶然亭を紹介してくれた。

祇園・新橋からすぐ骨董の通りの一角にある。唐長という400年の歴史を持つ京都の唐紙屋の唐紙をインテリアに使っている雰囲気のあるお店だった。カウンターが8席、二人がけのテーブルが一つと4人がけのテーブルが一つある。カウンターのガラスの下はもちろん唐長の唐紙が敷いてある。

ここのお料理がとびきり美味しかった。今回も和久傳にも行ったのだが陶然亭の方が良かった。器もお料理にぴったりあったものを使っている。四季の味わいも楽しませてくれる。贅沢なお食事だった。S_1196S_1197S_1207


| | Comments (0)

October 10, 2007

冨田家

京都、西陣に呉服問屋の大店「冨田家」がある。ここは明治18年に現在の商家を建て国の登録有形文化財になっているらしい。この本物の町家の造りを見せてくれ西陣の歴史と暮らしぶりを聞く会に行った。

間口8間の店構えから奥へ奥へと部屋が続く。3つのお蔵と6つの坪庭、茶室、能が舞われたという離れ座敷へと案内された。毎日の神仏事、毎月の行事、家の中の決まり事などTVやら娯楽が少なかった時代からこの家の人々の暮らしぶりを話してくれた。その後お座敷で100年前の調度を使ったお食事をいただいた。終わりに今日は亥の月亥の日であるということでうり坊の形をしたお餅と抹茶をいただいた。

NHKの連ドラ再放送が「さくら」から「都の風」になった。これも西陣大店の話だ。おもしろい。071010_10450002_2 071010_10520001_2071010_12550001_2


| | Comments (0)

October 09, 2007

河井寛次郎記念館

馬町の河井寛次郎記念館を朝一番で訪ねる。自ら制作した陶器、木彫が展示されているのだがこの家が飛騨高山の民家を参考にして昭和12年建築させたものだという。建築・調度品・蒐集品も含めて河井寛次郎を感じることができた。

『驚いている自分に驚いている自分』と語ったそうだが、彼の素晴らしい作品、素晴らしい住まいに感動し、心豊かになっている私自身に気がつき嬉しかった。S_1193S_1194

| | Comments (0)

October 08, 2007

京都府立植物園

初めて北山の京都府立植物園に行った。ヘブンリーブルーの背の高いタワーが2本それとトンネルが目を引いた。満開の天上の青が美しかった。

ここに来た第一の目的は温室のマイソール矢筈カズラだったがすでに終わっていた。我が家の3年目のマイソール矢筈カズラが咲かないことを係の人に話すと夜間の温度が足りないのでしょうねとのことだった。

それよりもびっくりしたのはやはり温室にあった「バオバブの木」これに実がなっていたこと!一ヶ月前には素晴らしい花が咲いていたとか!その花の写真は展示されていたけど見たかった。来年は是非見てみたい。S_1131S_1134S_1148S_1159

| | Comments (0)

October 07, 2007

キンモクセイの香り

窓を開けるといい香りが・・・キンモクセイが咲き始めたんだ!気持ちの良い朝。ルーフガーデンのコンテナーで育てているleaf saladをまひく。朝のサラダに少し添える。二十日大根はまだかな?

昼過ぎ明治記念館へ・・・今日はお日和なのか結婚式が多いらしい。白無垢やらウェディングドレス姿のお嫁さんが晴れやかに写真におさまっていた。

| | Comments (0)

October 06, 2007

ネットのアサガオを・・・

ネットのアサガオを片づけた。すっきりし見晴らしがよくなった。今年はネットのアサガオは数も少なくあまりきれいに咲いてくれなかった。でもどういうわけか小さな鉢のアサガオがポツポツと咲いているのでこちらを11月に霜が降りるまで楽しめそう。15個のプランターの土を集めて太陽にさらし養生させることにする。土がすこし元気になったらチューリップ、ヒヤシンス、ムスカリ、アネモネを植えよう。Soctasagao_016

| | Comments (0)

October 05, 2007

Jude Law

誰もいない日というのはあれこれしたくなる。母の画の小品集を作る絵を選んだり、小さくなった!洋服を選び出したり、そうこうするうちにランチの後ソファーに寝っ転がってDVDを見る。'The Horiday'ロスにすむ女性とロンドンに住む女性が2週間の契約で家を交換して失恋休暇過ごすと言う話。主演男優のJude Lawがなんともステキ!!若い頃のトニー・カーティスに目が似ている。

息子と同じ年とは・・・Soctasagao_018

| | Comments (0)

October 04, 2007

久しぶりのお天気に・・・

久しぶりに良いお天気。新宿までウォーキング!用件は3つ。一つ目はイアン・マキュアーンの「贖罪」。読みたいのにこれがどうしても手に入らない。webのショップに頼んだのだが出版社に在庫切れの返事。どうやら紀伊国屋で全国にあるチェーン店から取り寄せができることがわかったのでそれを頼みに行った。二つ目の用件はEZwebの「お得情報」からゴディバのショコイストのクーポンをゲットしてあったので隣の新宿高島屋の地下へ。残念ながら予定個数は終了していた。仕方なくトリュフを2個買った。ちょっとがっかり!最後に、9階に上がり孫の誕生日プレゼント、プラレールのブルートレインを買った。

10月21日はマゴの日ということでデパートでは新しい商戦が始まっているようだった!

| | Comments (0)

October 03, 2007

G優勝

昨日のヤクルトVS巨人の試合。思い出しても悔しい。あの名手宮本がエラーをし負けが確定でもその伏線は阿部の敬遠だった。勝った試合をみすみす落として今年の古田ヤクルトは一事が万事こういうことだったのだろう。

こういう形で今日のG優勝セールに行くのはちょっと残念だったけれどもやはり出かけてしまった。今日から三日間スパ・ラクーアの入場料1050円になるのだから・・・Soctasagao_019

| | Comments (0)

October 02, 2007

栗の渋皮煮とマロングラッセ

朝から渋皮煮を作ろうとまず鬼皮を剥き重曹を入れて煮る。何回もゆでこぼしているうちに筋もだんだん柔らかくなってきてアクも取れてきた。そこで今度はマロングラッセも作ってみようかと10粒を丹念に剥く。でも渋皮を剥くのが大変だった。形が崩れてくるのだ。全形でいるのは5個だけ・・・できあがるのは一個かも?やはりマロングラッセは難しい。Soctasagao_015

| | Comments (0)

October 01, 2007

裁判員制度

平成21年5月までに裁判員制度が始まるのだそうだ。それに先立ち今日は東京ウィメンズプラザで裁判員制度を紹介したビデオ「裁判員-もしもあなたが選ばれたら-」を見てきた。中村雅俊が監督。彼も裁判官として出演、主題歌まで歌っている。内容はともかく中村雅俊の長髪はちょっとおかしいと感じた。西村明彦は熱演。好感が持てた。

私自身に裁判所から裁判員候補になった旨連絡がきたらどうするだろうか?法律にも詳しくないし戸惑うだろうなぁ!

| | Comments (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »